ロシアンリバーから生まれる超絶ピノノワール、ウィリアムズ セリエムのシングルヴィンヤードを利く。

こんばんわ。
本日は人間ドックいってきました。
人生で始めてバリウムなるものを飲みましたが、アレはイカンですね。
それに酒も当日翌日は飲めなくなるとか...イヤイヤ、ホントカンベンしてください。この二日間何を楽しみにすりゃいいんですか。

さて、今回はウィリアムズ セリエムのバーチカルテイスティングです。

ウィリアムズ セリエムはいわゆるカリフォルニアカルトの生産者、そしてカリフォルニアピノノワールの先駆者です。冷涼でピノの栽培に適したロシアンリバーバレーを拠点として、ピノノワールとシャルドネの傑作ワインを作り続けています。
フラッグシップはシングルヴィンヤードシリーズ。
抽出はやや強めで新樽は60%程度、残りは旧樽を使用しています。
栽培に関しては特に言及されているソースはありませんが、自社畑と買い葡萄の2パターンがあるようです。

しかしウィリアムズ セリエム。
とてつもなくデリケートでエレガントなブルゴーニュらしい作り。
驚くくらい素晴らしいピノノワールです。
正直最初に口に含んだ時に「ニュイ サン ジョルジュみたい!」と思いました。ではいきましょう。


生産者: ウィリアムズ セリエム
銘柄: オリヴェット レーン ヴィンヤード ピノノワール 1993

約17000円、WA87pt
色調は淡いルビー、粘性は高い。
一番綺麗に熟成している。しっかりしたミネラル感もある。
最初からフルパワーで綺麗な香りが充満している。
土っぽい香り、腐葉土、トリュフ。
梅柴、紫スモモの凝縮した旨味と果実味。そしてドライフラワー、紅茶などの枯れた風味と燻製肉の熟成香、微かにローストしたカカオ豆。
これらの要素がいずれも突出することなく、整合性を保った状態で芳香する。
茎、グローヴ、甘草、ローリエなどのアロマがある。
酸味もタンニンも柔らかい。
だがしかし強烈な熱量を核に持った凝縮感。素晴らしい古酒。熟成感はかなりあるんだけど、この力強さはなんなのか。


生産者: ウィリアムズ セリエム
銘柄: オリヴェット レーン ヴィンヤード ピノノワール 1994

約26000円、WA87pt(1993)
色調は淡いルビー、粘性は高い。
こちらもしっかりとした熟成香。やや粘土の様な香り。
最初はやや熟成香が過剰だったが、時間を追うにつれて凄く良くなった。
熟成香は落ち込んでバランスが取れて来る。ミネラル感はボチボチ。
甘やかな果実味とほのかなキャラメルやシナモンのロースト香があり、梅柴、紫スモモの凝縮感がある果実味。やや枯れたスミレや薔薇。腐葉土、紅茶、燻製肉、ローズヒップティー、グローヴ、くきっぽい香り。
やや果実味の香りが前に出ている。
酸とタンニンは比較的柔らかいが03と比べるとタンニンがやや強めだけど、核にある凝縮感はやや抜け気味。
それでも十分に凝縮した果実味と酸味を感じる。こちらもパワフルで心地よい作りだが93のバランス感と凝縮感と比べると劣るか。


生産者: ウィリアムズ セリエム
銘柄: オリヴェット レーン ヴィンヤード ピノノワール 1995

約26000円、WA87pt(1993)
色調は93,94と比べると濃いルビー(それでも薄い)、粘性は高い。
力強く果実味が残留しており、僅かにローストしたような果実味がある。
シナモン、チョコレート、キャラメルなどの甘やかな心地よいロースト香。
より果実の香りが鮮明で、紫スモモとダークチェリーの深みのある果実味。凝縮感も03同様に強い。
萎れたスミレや薔薇。03ほどではないが腐葉土、トリュフなどの大地香。
燻製肉、濡れた犬。ローズヒップティー、シナモン、グローヴ、ナツメグなどのスパイス。
タンニン、酸ともに柔らかいが、他のヴィンテージと比べると酸とタンニン、アタックは強めに感じられる。
こちらも卓抜した凝縮感のある果実味。アルコール度数もあいまって、最も大きなスケール感を持った「ブルゴーニュ的な」ワイン。


いやいや何度も言いますが、本当にブルゴーニュと見間違うばかりのエレガントで綺麗に熟成した素晴らしいピノノワールでした。
普通にブラインドで利いたら確実にブルゴーニュと回答しそうな出来。
過熟感や豊満なリッチさではなく、一本筋の通った凝縮感を感じる作りでした。

ヴィンテージで言うのであればノースコーストとしては93が素晴らしく、94、95が同程度で93と比べるとやや見劣りするというレベル。
しかしながらそんなヴィンテージ比較とは関係なく95が最もビッグなワインの印象を受けました。これはこの3本の中で最もアルコール度数が高い(14.0%)ことに起因しているのだと思います。(ヴィンテージとしては良くないが、糖度の高い葡萄が出来たのだろうか)
ヴィンテージが一番若いのもあると思うのですが、しっかりと果実味が残っているし、樽のロースト香もしっかりと効いています。ただしタンニンも酸もやはり強めの印象で、若干熟成が足りないのかな、と思います。
また...94は3本の中でもちょっと異質。
液体の密度は95,93と比べるとやや薄く、ミネラル感も希薄なので、ややぼんやりとした印象のワインになっています。ちなみに94は最もアルコール度数が低く13.0%となっています。
最後に93。こちらは極めてすべての要素のバランスが良く、最もブルゴーニュ的と言える作りとなっていました。
シルキーな口当たり、芳醇な大地香、香りの複雑さ。ブルゴーニュのスター生産者が作る特級や一級クラスの液体のきめ細やかさや凝縮感。アルコール度数は94に違い13.2%だけど、こちらは本当に綺麗に熟成を経ている印象。
これらから行くと、現段階では93>95>94ですが、俯瞰してみるといずれのヴィンテージも安定して素晴らしかったと思います。

マーカッシンもカレラもコスタブラウンもピノノワールとしては素晴らしいですが、最もブルゴーニュ的である、という側面で語るのであれば、間違いなく、ウィリアムズ セリエムがそれに当たると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR