ボルドー、2級シャトーの卓抜したセカンド。

こんばんわ。
セカンドラベルは時にブランド価値で値段が跳ね上がっちゃってるファーストラベルと比較して、かなりお得感がある場合が多いですよね。
カリュアド ド ラフィットなんかはファーストと一緒に値段が跳ね上がってますが、大抵の場合はかなりお得です。
これもかなりお得な逸品。価格にして3500円ながらファーストラベルに非常に近しい格好となっています。
3500円なら頑張れば月一回の贅沢には使えますね。


生産者:シャトー グリュオ ラローズ
銘柄: サルジェ ド グリュオラローズ2009
品種: カベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフラン、プティヴェルト、マルベック

なかなか複雑で素晴らしい造り、果実味だけでなく、甘草やスパイスが漂うかなり好きな出来。
黒に近いガーネット、エッジも若々しい色合い。粘性は中庸。
香りのバランスが非常に良く、カシスやブラックベリーの上品な香りとピーマン、タバコ、燻製肉の香りが漂う。
ブリオッシュの樽香は素晴らしい。
アタックもしなやか。
タンニン、酸は穏やかでボリューム感もあり、これからの可能性を感じさせる造り。
メドックらしい心地よい香り、エレガント。
余韻は長い。


いや、本当に3500円は安すぎる。
グリュオ ラローズ2009が大台に乗る価格の中で、セカンドとはいえ5000円切るのは素晴らしいよ。
果実味が心地よく感じるのは1.5%のマルベックがかなり効いてるんじゃないかな。ピーマン香はご愛嬌。
こういうセカンドがどんどん増えてくればいいのにね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR