Shangri-La Hotel Tokyo The Lobby Lounge(シャングリラホテル東京 ザ ロビーラウンジ: 丸の内)

こんばんわ。
最近のエントリーの長さに自分自身で軽く引いたので、久しぶりに行ったアフタヌーンティーの事でもゆるく書きます。
たまに紅茶の事をこのブログに書くので、ご存知かもしれませんが、酒が飲めない時、飲む気分ではない時はもっぱら紅茶を頂く時が多いです。結婚する前は全く興味が無かったんだけども、嫁の影響で嗜む事を覚えた趣味の内の一つ。
ですから、家族サービス的な意味合いも含めて、ホテルのアフタヌーンティーに行く機会がたまにあるのですが、ホテルごとに結構大きな違いがあって面白いです。


さて、今回は東京駅八重洲口の森トラストにある外資系ホテル、シャングリラ。


流石にトイレが綺麗。外資ホテルに行くと必ず記念にうんこして帰ります。

マンダリンオリエンタルやペニンシュラ、フォーシーズンズもそうなんですが、このクラスのホテルに来ると泊まってなくても王侯貴族の様な扱いを受けるんですよね。
元が下町育ちの酒屋の倅なんで、こう、なんというか、ここらへんに普通に来る人たちとの差を感じるわけですね。そしてそういう人たちを丁重にもてなすサービスレベルMAXのホテルマン。
もう僕ね、超低姿勢。ローアングラーもびっくりですよ。どうでもいいですが。

それで、肝心のアフタヌーンティーは期間限定の「スイート アフタヌーンティー」。

その名の通り非常に可愛らしいサンドウィッチと茶菓子の数々。とても趣向が凝らされています。

さすがはシャングリラホテルです。
徹底的に男子を排斥しようとする試みはなかなかですね。僕の中に眠るマゾの血が湧き上がってくるのを感じますよ、ええ。


■焼きたてスコーンセレクションとクロテッドクリーム、パッションフルーツクリーム、ベリージャム、ハチミツ


スコーンはチョコレート、バニラ、ローズです。
チョコレートとバニラはとても手堅い味でした。サクサクで美味い。
ローズがなかなか面白くて、クロテッドクリームやハチミツよりも、ベリーのジャムやパッションフルーツクリームと良くマッチングしました。
サクサクな食感と華やかな香りが楽しいです。スコーンまじうまい。


スコーンってすげえよな、クロテッドクリームたっぷりだもん。
個人的には正直全部クロテッドクリームでもいいくらい美味かった。


■サンドウィッチセレクション4種(柚子でマリネしたサーモンとマスカルポーネ、生ハムとビターチョコ イチジクのアクセント、カルダモン香るエビのサラダ、鱈のブランダードキッシュ)

なんとハートの型抜きがされています!KA WA I I!
でも型抜きされてるので量はその分少ないね...
エビがプリプリしてて美味い。マヨっぽいハズレの無い味。そしてマスカルポーネとサーモンって合うね...!マスカルポーネの酸味がレモン的な効果になってて、味が引き締まってるような気がする。
鱈のブランダードキッシュも淡白な鱈の味がしっかりと出ていたのが好印象。生地もサクサク!


■お茶(シングル エステート ダージリン)

シングルエステート。
いい響きです、ワイン好きにはたまりません。とはいえ茶園名が無いのでどこの茶園のものかはわかりませんが...清涼感のある王道の紅茶っぽいです。ちなみに追加料金でキャッスルトンやタルボーが飲めるらしいです。凄い。


ちなみに茶器はノリタケでした。
素敵!


■スイーツセレクション(ラズベリーマカロン、チョコレートムース、レモンタルト、スミレのエクレア)

どれも結構気の利いた味わい。スイーツでありながら甘すぎないのがとてもいいですね。ただ基本的に一口サイズなのでメンズの僕には4口で終了。
個人的にはスミレのエクレアが一番美味しかったですね。
スミレフレーバーのお菓子は、よく輸入食材やお菓子にありますが、そこまでスミレフレーバーは強くなくってクセがないんですよね。
これはとても美味しかったです。


■お茶菓子

お茶も飲んだし、意外とお腹に溜まったなーと思った時にお見舞いされたダメ押しの一撃。フレンチとか行くとデザートの後に出てくるアレです。
大抵メニューには乗っていないので、着地点を定めながら食事をしていて、こういったものが出ると、正直いっぱいいっぱい。キツイ。
じつはあんまり味は覚えてません。



大体2時間くらい居座って、帰りは大丸を見て帰りました。

お菓子はペニンシュラの方が良かったですが、とにかくロケーションと眺めとお茶がとても良かったです。
あと個人的には椅子の座り心地もすごい気にするのですが、かなりいい感じでしたね!

予約なしは厳しそうなので行く人な予約をお忘なく!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR