【カリフォルニア:1】カレラ、単一畑ブレンドしたメランジェ1997とカプコン会長が指揮するケンゾーエステート、フラッグシップ紫鈴を利く。

こんばんわ。
さて本日はカリフォルニアワイン2種類です。
1本はカレラのレアワイン、メランジェ。そしてカプコン会長のケンゾーエステートのフラッグシップ、紫鈴-rindo-。ピノノワールとカベルネソーヴィニヨン、品種から生産地まで違いますが諸般の事情により一緒にいきます。

カレラはカリフォルニアでもブルゴーニュに近いスタイルを持つ生産者で、当主のジョシュ ジェンゼンはドメーヌ ド ラ ロマネコンティに師事し、収穫を、デュジャックで醸造を学んだとのこと。そのスタイルはロマネコンティと近いスタイル...の事ですが、正直良いワインだと思いますしブルゴーニュと非常に接近するワインだとは思いますが、DRCとはちょっと違うかな、とは思います。
今回のマウントハーランのミルズ ヴィンヤードは6つある自社畑のなかで南側に位置するヴィンヤードで標高700mで樹齢は30年程度のピノノワールは植樹されています。収穫はすべて手積みで行なわれ、天然酵母で発酵。ピジャージュは1日2回。キュヴェゾンは14日。フレンチオークの新樽30%でMLFを行ないながら16ヶ月熟成。無濾過無清澄で瓶詰めされます。

ケンゾーエステートはカプコン会長 辻本憲三氏がナパヴァレーに拠点を置くワイナリーです。
栽培家デビット アブリュー、醸造家ハイディ バレットとパートナーシップを組み生産を始めています。
デビットアブリューはハーランやコルギン、ハイディ バレットはスクリーミングイーグルを経てケンゾーエステートに参加していますので、その品質たるや推して知るべしでしょう。
生産は入念な選果の上、グラビティフローを採用した醸造を行ないます。ステンレスタンクで20度~30度でアルコール発酵を行ない、キュヴェゾンは2週間。新樽比率60%で20ヶ月の熟成とMLFを経てリリースされます。


生産者: カレラ
銘柄: メランジェ マウントハーラン ピノノワール 1997

7000円
外観は淡い橙を帯びたルビー、粘性は高い。
抜栓直後はオイリーで粘土の様な香りが支配的だったが、徐々に豊かな果実味が現れてくる(この感じはカリフォルニアの熟成ワイン全般に感じられるニュアンスだと思う。)
ブラックベリー、プラム、そしてドライイチジクのジャムの様な果実味。そして森の下草やトリュフ、腐葉土、濡れた樹皮、燻製肉などの熟成香が感じられる。
ブルゴーニュの熟成ワインと比較するとタンニンは豊かでパワフル。酸味も充実している。口に含むとブラックベリーのアフターが楽しめる。
十分な力強さを未だ残すマウントハーランのワインだ。


生産者: ケンゾーエステート
銘柄: 紫鈴-rindo- 2009
品種:カベルネ ソーヴィニヨン47.1%、メルロー26.8%、カベルネ フラン24%、プティ ヴェルド2.1%

12000円、WA90pt
外観は濃いガーネットで粘性は高い。とてもエレガントなカリフォルニアワイン。
バニラやミルクなどの滑らかな風味。
カシス、ドライプラムの甘やかな果実アジにドライハーブやスミレ、西洋杉、インク、タバコ、乾いた土、ワッフルなどの風味が混じる。
カリフォルニアの濃いカベルネソーヴィニヨンではなく、ボルドーの様にエレガントで滑らかな味わい。
タンニンは当然豊かだが、酸味も合わせて充実している。
ボルドーの格付け級のワインに非常に近い豊かな果実味が感じられる。



結構レアなワインを飲ませて頂きました。
抜栓直後はカリフォルニア的な粘土の様な土っぽいオイリーなニュアンスを感じられますが、徐々に開いてくるとプラムやブラックベリーの甘く濃厚な果実味と複雑な熟成香が感じられる様になります。酸もタンニンも豊かでブルゴーニュ的な旨味に満ちた熟成感はありません。
カレラの若いヴィンテージはカリフォルニアでありつつブルゴーニュに接近した味わいですが、年を重ねると、かなり味わいが変わってきますね。滋味深いブルゴーニュと比べるとエネルギーに満ちた味わいだと思います。ちょっと粗野かな、とも思いますが。
今後さらに熟成を重ねてどのような状況になるのか楽しみですね。ブルゴーニュに近づいてくるんでしょうか。

そして、ケンゾーエステートは焼き鳥屋さんで頂いたワインなのですが、これが非常に良いボルドーブレンド。
ナパの力押しのカベルネではなく、節制の効いた滑らかでエレガントなカベルネソーヴィニヨン。過剰なタンニンは無く、酸味が豊かで果実味も十分にあります。
いわゆる濃いワインでは無く、果実味豊かでありながらもシルクの様な口当たりと丸みを感じさせる、とても優れたワインだと思います。どちらかというとボルドーに近いですかね。でもカリフォルニアらしい甘みもある。
とてもエレガンスに満ちたワイン。あまりこの手のワインはナパには無いと思いますので結構貴重だと思います。
個人的にはシェーファーとかの濃ゆいカベルネよりもこれくらいの方がいいですねー。更に先のグレードとなる藍、紫はどんな感じなんでしょうね。
今度飲んでみたいですね!

そんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR