ルーデュモン、お得感のあるACブル2009

こんにちわ。
安くてお得感のあるワインを飲むと一日中幸せな気分になれますね。
シレーニは妥当な造りでしたが、ルーデュモンのブルゴーニュブランは本当に良い。村名ですらないのにこの香り!この味わいッッ!いいぞッッ!


生産者:ルーデュモン
銘柄:ブルゴーニュ ブラン 2009

かなり良い出来のブルゴーニュブランだと思う。
いわゆるACシャブリの様にミネラリーやキリッとした酸味がある訳でもないし、ACマコンの様にあっさりとした清涼感のある造りでもない。
まさにコートドールと言える様な白ワイン。
澄んだ淡いイエロー、若干浮遊物がある事からアンフィルトレであることがわかる。
粘性は非常に高い。
クリーミーでリッチなムルソーを感じさせる造り。ピュリニーの花の香りもある。
それらのバランスを取った上でショレイやサヴィニーの白に非常に近いテクスチャーとなっている。
パイナップルや桃の果実味とバターやナッツ、蜂蜜の香りが中心を据える。
そこから白い花の香りと、主張しすぎない柔らかいミネラルを感じる。
キノコや杏仁豆腐のニュアンスも。
強すぎないアタックで酸味も柔らか、ボリューム感はムルソーを一回りこじんまりとさせた印象。
余韻はやや短いが2800円という価格帯にあって卓抜した造りと言えるだろう。

いや、いいですよ、これ。
ともすればサヴィニーやショレイより、価格的な面で見たら全然お得です。有名な生産者なんで見つけたら是非買ってみてください。
クリームをたっぷり使った料理なんかには最高に合うんじゃないかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR