極上モンラッシェと追憶のヴォルネイサントノ

こんにちは。
新宿伊勢丹のグランドカーヴに寄って見ました。新宿伊勢丹は流石に屈指の高級デパートだけあってデパ地下の充実度が半端ないっすね。美味しそうなデリカテッセンにいちいち足を止めてしまいますね。
独身時代は服買いに来ていた時もありましたが、今はもう滅多に来れない...うーん。残念金欠。

さて、伊勢丹の有料テイスティングは流石に優良でした。特級モンラッシェとラフォンのヴォルネイ。見るだけでもヨダレもんの極上ワインです。では早速。


生産者: フォンティーヌ ガニャール
銘柄: ル モンラッシェ 2009

やや浮遊物がある淡いレモンイエロー、粘性は強い。
全体的に柔らかで豊満な球体感のあるテクスチャ。アプリコット、マンゴーの果実味、白い花の清涼感のある華やかな香りが中心を据える。ミネラル感は目立たないがしっかりと内包しておりシャンピニオン、ハチミツ、バターやナッツの香り、フレッシュハーブの香りも。
バランスが良く、リッチでオイリーな印象。
しなやかで柔らかなアタックで、出汁の様な旨味成分が凝縮した綺麗な酸でパッションフルーツの酸味を思わせる。豊満な絶妙なバランスの良さ。余韻は非常に長い。


流石にいいですね。
濃厚、というより非常に豊満で複雑な骨格がありつつ気難しくないという造りに好感が持てます。
バタールの様にオイリーで、シュヴァリエの様にミネラリー。
うまい具合にバランスの取れた特級。さすがです。
個人的な感覚だとラフォンのクロ ド ラ バール(村名)の方が好きですが、まぁ、そこはそれぞれでしょうな。


生産者: コントラフォン
銘柄: ヴォルネイ プルミエクリュ サントノ ディ ミリュー 2009

以降ワインにどハマりするきっかけとなった素晴らしいプルミエクリュ。
赤みの強い澄んだルビー、粘性は高い。
凝縮感のあるタイプというより、大きく染み渡る果実感。故にヴォルネイらしい特徴はそのままだが、素晴らしく大きな規模感と構成要素を内包している。
ミルティーユやダークチェリー、プラムなどの糖度が高い黒い果実味、スーボワなどの大地香、スミレや薔薇の香りが中心となり、非常に華やかな印象。
暫くは華々しい印象が続くが、突然なめし革や黒オリーブ、八角やオリエンタルスパイスの香りの野性的なニュアンスが現れる。
素朴な印象は全く無く華美な印象。ややタニックで酸味も強いが、その分メルローを思わせる果実の甘みもある。ちょっとヴォーヌロマネ寄りな感じも。後味にやや苦味はあるものの純粋なイメージは変わらない。
素晴らしいプルミエクリュである。


初めてピノノワールって凄いなって感動して、こんなの他に無いのかな!と探し回ったのが懐かしい。
そんなワインを再び飲めた事は非常に喜ばしい事ですな。
さて、印象としては、最初に飲んだ時と大きく違いました。
当然香水の様に芳香する香りや複雑な骨格には平服してしまうのですが、最初の感動はなかったです。
思い出が強すぎたのかも。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR