【ボルドー:3】スーパーセカンドが作る突出した白

こんにちは。
今日はボルドーの白です。
ボルドーの白は高いし、あまりタマも無いので、このブログで取り扱う事は非常に稀ではございますが、毎度の事ながらその品質の高さには驚かされます。
特にアントゥル ドゥ メール系のソーヴィニヨンブランと、メドック系のソーヴィニヨンブラン&セミヨン、ソーテルヌ系のセミヨンはどれも方向性は異なりながら、とても面白いワインが出来ていると思います。

今回のブラン ド ランシュバージュはメドック格付け第5級シャトーであるランシュバージュが作る白ワイン。
メドック北部にある4haの畑で作られる平均樹齢10年のソーヴィニョン ブラン、セミヨン、ミュスカデルを使用しています。収量は55hl/ha。アペラシオンとしてはポイヤックではなく、ACボルドーとなります。
スキンコンタクトを15時間程度。
新樽100%で発酵をしながら12ヶ月熟成を行う。清澄処理と濾過処理の後、瓶詰めされる。

さてどうでしょうか。


生産者: シャトー ランシュ バージュ
銘柄: ブラン ド ランシュ バージュ 2006

約7000円、WA85pt
外観は濃いストローイエロー、粘性は高い。
ミネラル感とロースト香が非常に強い。
ローストを効かせた新樽を使ったシャルドネような風味。とてもニューワールド、カリフォルニアのシャルドネ的。
樽を感じさせるシャンピニオンやナッツ、バター。
そしてソーヴィニヨンブランらしいライチ、カリンのキリッとした果実味。白い花、白胡椒、ヨーグルト、白檀など複雑な風味が現れている。
酸味はかなり強く、わずかに苦味がある。
余韻はソーヴィニヨンブランっぽい。香りのせいか、若干の丸みを感じさせる。


ラ クラルテ オーブリオンにしても、ドメーヌ ド シュヴァリエもそうなんですが、本気でブルゴーニュを意識しているのか分かりませんが、ボルドー メドックの白ワインはソーヴィニヨンブランらしさをあまり感じないですね。もちろんその酸や口当たりのシャープさは品種特性なんだと思いますが、香りはもう本当にカリフォルニアのシャルドネなんですよね。
とても豊満な香りでいわゆる青草やムスクの香りはあまり感じさせません。
アントゥルドゥメールはロワール的なんですがね。ややボディが太めに感じるのは恐らくセミヨンに起因するものなのかな。

この感じを見ると本当によく出来てますね。このワインに関しては品質の割には安いと思います。
ただ偉大なブルゴーニュやキスラーと比べるとちょっとばかし厳しいかも...



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR