【ブルゴーニュ: 24】トラペとマルキダンジェルヴィーユの代表的一級畑を利く

こんにちわ。
今日はブルゴーニュ、トラペ ペール エ フィスの最新ヴィンテージのジュヴレシャンベルタン1級とマルキ ダンジェルヴィーユのヴォルネイ1級となります。

ジャン ルイ トラペは非常に有名なジュヴレシャンベルタンの生産者です。
一時評価を落としましたが、また徐々に現在は高い評価を戻しつつあり、96年からビオディナミを始めています。
春に厳しい摘芽を実施、収量の制限を行い凝縮した葡萄を収穫しています。
収穫した葡萄は30%除梗され、低温浸漬の後、ピジャージュを行いながら2.3週間アルコール発酵を行います。
重力で樽貯蔵庫に移され30−70%の新樽比率で15ヶ月程度の熟成を行う。区画は特級シャンベルタンから村名格まで。今回のアレアは2010年の収量不足に伴い、畑ごとに生産する事が難しかったため1級をひとつにまとめて醸造しリリースしている。

マルキ ダンジェルヴィーユはヴォルネイの代表的な生産者。1804年設立の老舗ドメーヌで元詰を推進した立役者でもあります。現在はフランソワ デヴィヴィエが栽培醸造を担当しビオディナミへの転換を行っている。
栽培された葡萄は100%除梗され、低温漬浸を行いながら2週間から3週間発酵を行う。新樽比率20%で熟成ののち瓶詰め、出荷される。
トップキュヴェはタイユ ピエとモノポールのクロ デ デュック。

さて、行ってみましょう。


生産者: トラペ ペール エ フィス
銘柄: ジュヴレ シャンベルタン プルミエクリュ アレア 2010

約13000円。
色調は赤みの強いルビー、粘性は高い。
綺麗なミネラル感。とても非常に澄んだ味わい。2010年のトラペはとても良い。
瑞々しい甘露な花の蜜やシロップ。オレンジやダークチェリー、クランベリーの溌剌とした果実味。強い凝縮感。
そして華やかなスミレの花の香り。
またトマトやフレッシュハーブ、舐めし革、ローズヒップティーなどのニュアンスも。
タンニンは柔らかく、酸味はとてもシルキー。梅しばの様な綺麗な旨味と、強固なミネラル。ジュヴレシャンベルタンとしてはとても澄んだ繊細な印象を受ける。豊満なタイプではなく、とてもシャープで清潔感のある作りをしている。優美でなで肩の男性のイメージ。かなり良い。


生産者: マルキ ダンジェルヴィーユ
銘柄:ヴォルネイ プルミエクリュ フルミエ 2010

約8000円、WA93-95pt(2009)
外観は済んだ赤みの強いルビー、粘性は中庸。
やや冷ややかな香りを放つ一本芯の通った香り。ややドライな印象を受ける。綺麗な清涼感のある味わい。
甘やかさより繊細な果実味を感じさせる。澄んだブルーベリーやアメリカンチェリーの果実味。華やかなスミレや薔薇。ミルクや紅茶、グローヴ、茎、やや土っぽい香りでキノコや土のニュアンスも。なめし革、松、ドライハーブ。わずかに甘やかなバニラやミルクのような風味。
酸味とタンニンは溌剌としており、非常に強い旨味を感じさせる。華やかな花のニュアンスと酸味の強いチェリーの味わいを感じる。余韻も長い。


トラペはここのところ毎年いい感じ。
基本的に村名を飲んでも一級を飲んでも、シャペル、特級シャンベルタンを飲んでも外れが少ないのがいいですね。
基本的に果実味がとても豊かで、それでいて清涼感を感じさせる瑞々しい味わいです。しっかりと抽出はしているんだけどもとても澄んだ味わいです。濃厚ではないですね。具体的にどんなスタイルかはパッと思い浮かびませんが..甘露でキャッチーな香りだった思います。
マルキダンジェルヴィーユもヴォルネイらしく瑞々しい味わいですが、果実味は特に突出していない様に感じました。繊細で清涼感があり、ドライな印象。瑞々しい黒い果実と土や樹木、若葉の香りが強く感じられる風味。酸味が主体で旨味はとても綺麗に出ていますね。美味いヴォルネイですね。
ヴォルネイは女性的と言われますが、同じ女性的な側面があるシャンボールミュジニーやヴォーヌロマネと大分違いますね。シャンボールとヴォーヌロマネはもっと洗練されている印象を受けますが、ヴォルネイはちょっと垢抜けない感じがしますけど。こう、ニュイ サン ジョルジュの女性版といったところでしょうかね。
コート ド ボーヌで赤を生産する村は多いですが、その中で最も有名なのはなんといっても特級コルトン、ポマール、そしてヴォルネイ。
その中では個人的にはヴォルネイが好きですね。綺麗な酸味と旨味、ややドライで繊細な風味は結構クセになります。
ちなみにこの生産者のタイユピエを以前飲んだ時は2006年のヴィンテージにして、かなり熟成感が出ていたので、割と早めに熟成するワインなのかもしれません。

そんな感じです。




.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR