【カリフォルニア:9】最後の審判を思わせる荘厳さ、ハーランエステート水平4種


こんばんわ。
ようやく記事が上がりました、ハーランエステート(ボンド、チェッカーボード含む)一挙5種テイスティング!

時間はかかりましたが、なかなか緻密なレポートになっているかと思いますので、是非ご覧ください。
まず生産者の詳細は下記の通り。

ハーランエステートこそカリフォルニア最高峰のカルトワイナリーと言って差し支え無いでしょう。
もともとハーランエステート1種類のみのワイナリーでしたが、95年にはセカンドワインの「ザ メイデン」を、99年にはハーランの別プロジェクトであるボンドエステートから単一畑の「メルバリー」「クエラ」「セントエデン」「ヴェシーナ」「プリュリバス」そしてマルチヴィンヤードの「メイトリアーク」がリリース。それらのいずれも驚く程評価が高くワインアドヴォケイトでは5回(94,97,01,02,07)、ボンドを含めると7回(01セントエデン、07ヴェシーナ)の100点を取得しています。
もともと不動産業界に活躍していたウィリアム ハーランが1980年代半ばにオークヴィルの西に位置する標高100~180mの丘陵(裾野にはモンダヴィのト カロンがあります)を購入。ロバート レヴィを栽培責任者・醸造長に、ミシェル ロランをコンサルタントに迎え、カリフォルニア最高峰のワイナリーはスタートしました。その後高い評価を受けていきますが、99年には別プロジェクトのボンドエステートを立ち上げています。マルチブレンドのハーランに対して、ナパのテロワールを緻密に再現したシングルヴィンヤードのボンド。基本的には製法は畑に合わせて行われています。
ブドウの栽培は徹底した収量の抑制が成され、収穫はタンニンと糖度が上がりきった遅い時期に手作業で(小さいトレイに入れながら)行われています。 収穫した後、除梗(完全除梗)と手作業による3回の厳しい選果を実施。ステンレスタンクとオーク製のバリック樽を併用し、基本的に高い温度で1ヵ月以上発酵を行います。そしてフレンチオーク新樽(ミディアム ロースト)100%にて25ヶ月程度熟成。マロラクティック発酵は熟成過程で実施。清澄、濾過せずに瓶詰めする。

ハーランエステートのプロプライエタリーレッドのセパージュの比率は不明。品種はカベルネ ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ フラン、プティ ヴェルド。ヒルサイドに密集して植樹されており、土壌はフランシスカン頁岩(粉砕された岩石)。1/3が堆積土壌、2/3が火山性土壌。
全体生産量の30%はハーランエステートとして、20%はセカンドラベルのザ メイデンとしてリリースされる(残りはバルクとして売却されます)。
ボンドのヴェッシーナはオークヴィルの西の麓に位置する東に面した畑(4.5ha)。土壌は火山性の砂岩土壌のスロープ。1999年が初ヴィンテージ。
セントエデンはオークヴィル クロスロードの真北にある東側ヒルサイドの北面向きの畑(4.5ha)。ヴァカ山脈に由来する石の多い火山性土壌。2001年が初ヴィンテージとなります。

そしてチェッカーボードも今回取り上げています。ハーランエステートの醸造家マーサ マクラーレン(そしてロブ レヴィの奥様でもある)、コンサルタントにミシェル ロランを迎えた新進ワイナリー。今回のレアアイテムのロゼはダイヤモンド マウンテンの自社畑でもっとも標高が高いナッシュ クリーク ヴィンヤードの葡萄を使用。軽いマセラシオンを行い、搾汁したジュースを発行する。その後、新樽で2ヶ月熟成して仕上げる。

まずは前哨戦のチェッカーボードから。ボンド、ハーランへ。さて、いってみましょう。



生産者: チェッカーボード
銘柄: エステート ロゼ 2011
品種:カベルネソーヴィニヨン98%、メルロー2%


約6500円。
外観は淡いロゼ、粘性は中庸。
いままで飲んだ事の内容な風味の濃厚なロゼ。
ミネラル感はあまりない。
グローヴやラズベリーや野いちごのジャムの様な豊かな果実味が感じられる。ドライハーブ、ヨーグルト、バターなどの風味と、甘草、アーモンド、トリュフ、白い花の香り。
酸味は穏やかでエレガント。グローヴやタイム、野いちごの様な甘みが口に広がる。余韻は長い。エレガントで綺麗な風味。


チェッカーボード。
カベルネのロゼといった所で、かなり味わいの想像がつかなかったのですが、いわゆるフランスのカベルネフランやピノノワールから作られるロゼとは、なんかもう全く違いますね。
ロゼというには酸味は穏やかで、どちらかというと濃密な甘露さに寄っている。色こそ淡く、それこそタンニンがほぼ無いんだけど、いかにも新世界のカベルネソーヴィニヨンといった感じの濃密さかあります。熟成はなかなかしないだろうけど、タンニンが無いおかげで、よりカリフォルニアのカベルネソーヴィニヨンの熟度かよくわかるかもしれません。かなり品質の高いロゼですね。



生産者:ハーラン エステート(ボンド)
銘柄: セントエデン 2009(97+)
品種:カベルネソーヴィニヨン 100%


約36000円、WA93-95pt(2008)
この中で最も柔らかく甘露で、最も果実味がストレートに現れている。
濃厚なドライプルーンやブラックベリー。キャラメリゼしたアーモンド、バニラや西洋杉、薔薇やタバコ。わずかに毛皮やトリュフ(土の様な風味)や炭焼きの風味が現れている。ヴェッシーナと比較すると甘露で柔らかい印象を受ける。ロースト香と甘さが際立っている。ブリオッシュとグローヴのアフター。
非常に濃いのだけど、タンニン、酸味は凄まじく滑らか(驚く程!)で綺麗に口の中で濃厚なカシスとブラックベリーの余韻が広がりながら残していく。


生産者:ハーラン エステート(ボンド)
銘柄: ヴェッシーナ 2009(93-96)
品種: カベルネソーヴィニヨン 100%


約36000円、WA95-97pt(2008)
セントエデン同様甘やかだが、より硬質て溶剤の様な華やかなニュアンスがある。
やや果皮の厚めのカシスやブラックベリー(しっかりと糖蜜の様な甘露さはあるが)、西洋杉、乾いた土やリコリスなどのスパイス、タバコ。薔薇やドライハーブ。燻製肉の様な風味が全面に感じられる。様々な要素が現れている。ローストは控えめ。
セントエデンに対して、よりスモーキーで酸味とタンニンが際立っている。西洋杉やブラックベリーの風味が最初にキュッと収斂して徐々に広がり溶けていく余韻。質感はやや劣るが、より複雑な味わいを見せる。


さてお次はボンドエステート。
今回はヴェッシーナとセントエデンです。まず個々で飲んだ感覚としてはそれぞれ下記の様な印象な受けました。
セントエデンは本家ハーランも含め最もタンニンや酸が柔らかく滑らか。熟した黒系果実とキャラメリゼしたアーモンドなどの甘露さが顕著。樽のロースト香や果実味がストレートに現れている。ヴェッシーナと比較すると甘露で柔らかい印象を受ける。
対してヴェッシーナはセントエデン同様熟した黒系果実の甘露さを有しているけど、果皮が厚いのか、抽出か強いのか、より硬質で華美、そしてスモーキー。樽は西洋杉や乾いた土、タバコの要素を与えている。酸味とタンニンは収斂し、引き締まった複雑さを味わいを見せています。
と、それぞれモノセパージュ、同一ヴィンテージで比較していますが、かなり違いが出ていますね。まず畑向きがヴェッシーナが東側、セントエデンが北側ということですが、向きから言うと、多分ヴェッシーナの方が熟しやすいと思うのですが、甘露さはセントエデンの方がより際立っていました。ヒルサイドというのもあるんでしょうが。ただそれぞれ場所によって気候が違うので、当然ですが、斜面の位置だけでは論じることはできないですね。
今年リリースのセントエデンは甘露で滑らかなエレガントさがあるワイン。さながらシャトームートン。そしてヴェッシーナは甘露でありながらより複雑さと硬質さを見せるワインとなっていました。さながらシャトーラフィットの様。
個人的には今年はセントエデンの方がオススメです。



生産者: ハーラン エステート
銘柄: ザ メイデン 2009(95)
品種: カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルロー、プティヴェルト


約26000円、WA90-92pt(2008)
ややボンドエステートのワインと比較して硬いニュアンスを感じる。閉じこもっている。個性に触れたボンドに対して均整の取れた複雑なワイン。
ミネラル感がしっかりと感じられる。ジャミーなドライプルーンやカシスの強い果実味。アーモンドのロースト香、燻製肉の炭焼き、甘草、溶剤やハーブの香り。グローヴ、インク、シロップをかけたトーストなど。新世界らしい油分も感じられる。
甘露さはあまりおおっぴらに見せず複雑な芳香と一緒になって感じられる。
タンニン、酸味はセントエデンと比べると際立っているが、ヴェッシーナに対して、やや滑らか。グローヴやカシスの風味が強く感じられる。収斂性は高く、熟成ポテンシャルは感じられる。


生産者: ハーランエステート
銘柄: プロプライエタリー レッド 2009(98+)
品種: カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルロー、プティヴェルト


約105000円、WA95-98pt(2008)
メイデンと方向性は同じだが、閉じていながらも強烈な凝縮感が感じられる。ただ開いた時の感じは半端ない。濃厚でありながら引き締まったクレームドカシスやブラックベリー、蕩ける様な味わい。華やかな溶剤や西洋杉、甘草。キャラメル、フルーツケーキなどの強烈な甘露さ。薔薇やクローヴ、リコリスのハーブやスパイスか絡み合い。燻製肉、バニラ、タバコなど。土の香りは強くは感じられないが、その他の要素はほぼ包含されている。甘露な余韻を残していく。硬質さはラトゥールにそっくり。
タンニン、酸味は恐ろしく力強いが、同じくらい滑らかで、全く重さを感じさせない。重量のある鉄球が口で転がる感じ。ジャミーなカシスとブラックベリーの余韻を残しながら味わいが広がっていく。


さて、ハーランエステートのセカンドとファーストです。
概要としては先述しましたが、ハーランエステートの全生産量の30%がプロプライエタリーレッドに、20%がセカンドワインのザ メイデンになります。
全体を漂う雰囲気は緻密にして荘厳、そして構築美に満ち溢れている。
さながら最高のヴィンテージに作られたシャトーラトゥールの様な雰囲気を醸し出している。そして裏を返すと途轍も無く堅固。ですので、ボンドエステートのムートン を思わせるセントエデン、ラフィットを思わせるヴェッシーナと比較すると大分雰囲気が異なります。
まずメイデンから。個性的なボンドのワインに対して、彫刻品の様な丹精で均整の取れたワイン。ジャムの様な黒系果実の風味と共にミネラルや素焼きのアーモンド、燻製肉、インク、新世界らしい油分も。
甘露さはあまり全面に出ておらず、複雑な芳香と一体となって立ち上がる。
冷淡だが、綺麗で純粋な美麗さを持ったワインだと思います。
次はハーランエステート、プロプライエタリーレッド。
ボンド、ハーランすべてのポートフォリオを包括させる様な要素の複雑さ、そして果実味が閉じたメイデンに対して既に強烈な黒系の果実味、強烈な凝縮感、華やかさ、土の風味が感じられる。メイデンやボンドに含まれた要素が増幅されて、すべて含まれている。まさに上位互換。タンニン、酸味は恐ろしく力強い。
これらを見るに、やはり熟度の高い葡萄をハーランエステート用に回しているんだなあ、と。葡萄の糖度が高いから、開かずとも十分に甘露さを感じられるのかもしれない。その様は最高のヴィンテージのラトゥールにやはり重なる部分はあるな、と思いました。

総括。
ボンドは自由と個性。ハーランは秩序と調和が重視されている。
ボンドは違うヴィンヤードでそれぞれかなり方向性が違うしそれを受け止めているけども、ハーランエステートは1本を最高の出来にする為に人の力が大きく介在された味わいだと思いました。それはセパージュであったり醸造だったりするのですが、樹齢が若いという圧倒的なウィークポイントがある中で色々な工夫を経て、最高の葡萄を作る、というのは生産者の努力に他ならない。人の力を体現した素晴らしいワインだったと思います。

また来年も飲みたいけど、難しいだろうなあ。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR