【カリフォルニア:10】熟成したニューワールドのピノノワール。

こんにちは。
カリフォルニア特集最終日はカレラのミルズヴィンヤードの古酒を頂きます。

カレラはカリフォルニアでもブルゴーニュに近いスタイルを持つ生産者で、当主のジョシュ ジェンゼンはドメーヌ ド ラ ロマネコンティに師事し、収穫を、デュジャックで醸造を学んだ経験があります。そのスタイルはロマネコンティと近いスタイルとの事ですが、全然違うかな、とは思います。いいワインではあるのですが。
ちなみにオーボンクリマのジム グレネデンとは仲が良いとの事。ブルゴーニュスタイル同士通じるものがあるんでしょうか。
今回のマウントハーランのミルズ ヴィンヤードは、6つある自社畑のなかで南側に位置するヴィンヤード。
標高700mで樹齢は30年程度のピノノワールが植樹されています。収穫はすべて手積みで行なわれ、天然酵母で発酵。ピジャージュは1日2回。キュヴェゾンは14日。フレンチオークの新樽30%でMLFを行ないながら16ヶ月熟成。無濾過無清澄で瓶詰めされます。
さて、行ってみましょう。


生産者: カレラ ワイナリー
銘柄: ミルズ ヴィンヤード ピノノワール 1993

20年の時を経て、果実味がしっかりと残っている、驚嘆すべき新世界のピノノワールだ。
外観は煉瓦色を帯びたルビー。
熟成香はしっかりと現れているが、今だ果実味主体である。酸味と旨味を強く感じさせる梅しばやドライイチジク、紫スモモなどの凝縮感のある果実味が強く感じられる。そして鉛筆の芯やフォレストフロア、燻製肉、グローヴのニュアンスがしっかりと感じ取れる。
梅しばの様な凝縮した酸味と旨味、鉛筆の芯、濡れた木材の様な複雑なニュアンスを感じることが出来る。タンニンも未だイキイキとしているが、トゲトゲしさはあまり感じられない。
とても優美な熟成ピノノワール。


さて、ついこないだ比較的新しいヴィンテージ(2007)を頂きましたが、順当に熟成を経ている様ですね。
2007年の特徴を見ると、熟した黒系果実と燻製や鉄っぽさ、ミネラルを感じられる味わい。これらの要素は熟成を経てミネラル・酸味が果実味が結びつき梅しば、ドライイチジクなどの旨味を包含した果実味に、シナモンなどのロースト香はフォレストフロアの濡れた風味に。
順当な変化だなあとは思うのですが、この変化まで10年そこらではなくて、20年程度かけてるというのが凄いですね。ピノノワールとしてはかなり長熟かと。
ただ他の90年代中盤のカレラを飲んだ時にもっと年をとっていた様な気もするので、ヴィンテージもしくはヴィンヤード差もあるのかもしれませんね。
ああ、でも平準的といえば平準的ですね、カリフォルニアのヴィンテージは...。
93カレラ、とても綺麗に熟成していて美味しゅうございました。参考に07ヴィンテージのレポートを貼っておきます。

生産者: カレラ ワイナリー
銘柄: ミルズ ヴィンヤード ピノノワール 2007

約8000円、WA95pt
初日はやや硬質でドライ。冷淡な印象だったが、二日目にはやっと笑顔を見せてくれた。
外観は濃いルビー、粘性は高い。
幾分かのミネラル感とデーツやドライプルーンの様な甘露で濃厚な果実味、シナモンやシロップ、燻製肉などのニュアンスが主体となり、グローヴなどのハーブ、茎、乾いた土、スミレのアロマオイルなど風味が強く出ている。初日は幾分かドライで硬質な印象があったが二日目には綺麗に打ち解けてきて。やや鉄分っぽさも。
凝縮度がとても高くリッチなピノノワール。後味にやや苦味を感じるが気になるほどではない。
3日目。更に甘く、シロップやシナモンの香りが強くなった。

[1993] Calera Jensen[1993] カレラ・ジェンセン

[1993] Calera Jensen[1993] カレラ・ジェンセン
価格:40,950円(税込、送料別)


ワインCalera Mills 2007

ワインCalera Mills 2007
価格:5,775円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR