素晴らしきボルドー2009、ソシアンドマレ2009

こんばんわ。
ボルドーの2009はかなりいいですね。
そんなに種類を飲んだわけではないですが、押し並べて品質が高い様に感じます。
現状は当然の事ながら閉じていますが、開いた時を考えるとなかなかウキウキしてきます。
今日のボルドーは、AOCオーメドックでも格付け級(もしくはそれ以上)の品質を持つソシアンド マレ。
ポンテカネと並んで好きなシャトーです。では2009はどうか。


生産者、銘柄: シャトー ソシアンド マレ 2009
品種:カベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフラン、プティヴェルト

想像以上にソシアンドマレにとっては良い年になったみたいだ。
色調は黒に近い深いガーネット、透明感は無いか。粘性は中庸。
素晴らしい果実味に満ち溢れた私の好きなボルドーのタイプで、インキーで力強い、やや青臭さがある香り。
インキーなカシス、フレッシュなブラックベリー、甘草、ブリオッシュの重厚で華美な香りが中心を占める。その脇を占める煙草やスミレ、ハーブ、西洋杉の清涼感のある香りが複雑さを醸し出す。カカオの香りも。
ボルドーの若いヴィンテージにしては柔らかいタンニンと優しい酸味。軽やかにすら感じるが、その実ボディと骨格はしっかりしておりオーメドックながらかなりの品質である事がよくわかる。素晴らしいね、さすが、ソシアンドマレ。


いや、良かったです、ソシアンドマレ。いい加減3級位には昇格していいんじゃないの?と思う品質。
クレールミロンよりはやや柔らかめなのはアッセンブラージュによるものかな。例年通り非常に素晴らしい造りでした。お見事。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR