【はじめちゃん:2】泡&甘ワインで女子力の高いコースを食べよう

こんばんは、HKOです。
今回ははじめちゃんのシャンパーニュとお料理の記事です。
つうか、はじめちゃん料理上手すぎだろ...記事に載ってるフォアグラ(俺の時はオレンジだったけども)がメチャクチャ美味かった。

ではどうぞー。
-----------------------------
ども、はじめッス!

みなさんはフルコースを食べるときにどんなワインを飲みますか?
やっぱりグラスの泡からの赤白ですか?
あんまりお酒が強くない人はボトルで白、メインの肉だけグラスの赤ッスか?
通な人は全てヴィンテージシャンパーニュで食べる、なんてのも聞いたことがあるッス。

僕はもっとワインと料理はFREE!でも良いと思うんすよ。
先日友達が遊びに来たんすけど、彼女の好みに合わせてヴィンテージシャンパーニュとアイスワインでコースを作ってみました。
今日の記事では、その時のことを記そうと思うッス。

まず泡甘2本の紹介っす。


シャンパンはヴィンテージシャンパーニュは、デボルド・アミオ、ブリュット ミレジム プルミエ・クリュ キュヴェ・メロディ 1990。
ブラン・ド・ノワールっす。
グレープフルーツ、白い花、りんご、カリン、ナッツ、熟成香を中心とした華やかな香り。
味わいは甘さがやや強めで、ほわーんってなって長い長ーいフィニッシュ。
泡は軽く残っていて、でもグラスで25分ほど置いておくとなくなったっす。


アイスワインはシュロス・シェーンボーン醸造所、エアバッハ マルコブルン リースリング アウスレーゼ 1990。
ラインガウの2山5城の生産者の1人っす。お城行ってみたいっす。
食事会2日前に抜栓して準備。
ペトロール香はそこまで強くなく、トロピカルフルーツ、アプリコット、ダイダイ、蜂蜜のふにゅにゅ~って蕩ける複雑な香り。
適度な甘みと果実味、それを薄く包むような酸味。もちろん熟成による複雑味。
お・い・し・い~!


料理はこんなメニューで作って&買ってみました。
括弧内が合わせたワインッス。
前菜:テリーヌ3種(シャンパン)
メイン肉:フォアグラのソテーとりんごのコンポート、カルヴァドスソース(アイス)
メイン魚:ロブスターのボイル ホタテのクリームソース、ホタテのバターソテー(シャンパン)
パン:ゴントランシェリエのクイニーアマン(シャンパン)
http://gontran-cherrier.jp/
デザート1:ピエールエルメのミスグラグラ・サティーヌ(アイス)
http://www.pierreherme.co.jp/item/glagla/
デザート2:プレジールの作りたてモンブラン(シャンパン)
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13045491/
デザート3:白桃とドライフルーツ(両方)
焼菓子:シニフィアン・シニフィェのフィナンシェ
http://www.signifiantsignifie.com/
紅茶:マリアージュフレール VIOLETTA



フォアグラは初めて使ったっすけど、意外とお手軽にいけるっす。
カルヴァドスソースは白ワインビネガー・オリーブオイル・林檎酢を1/3づつ混ぜて、最後にカルヴァドスで香り付け。
これがお手軽な割には素敵な美味しさに!
アイスワインとの相性は最高で、ほおおおおおおおおおおおってなったっす。


ロブスターはお店で真っ二つに切って貰って、軽くボイル。
並列でクリームソースと、ホタテのバターソテーを料理して、お皿も温めて。
ロブスターの身の味の強さがクリームソースで包まれて、そこにシャンパン合わせると黄金色が見えたッス。
もちろん香ばしくソテーしたホタテも、素敵な相性で。

パンとデザートと焼き菓子は厳選に厳選を重ねたラインナップっす。
エルメもプレジールも美味しいし、もちろんワインとのマリアージュも金婚式挙げちゃいたくなる勢いっす。


スーツとドレスのガッチリフォーマルもいいけど、、たまには赤白じゃないワインで組み立てるコースもいかがっすか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR