【ワイン以外】ヴァル ド ランスのシードル2種を利く

こんにちは、HKOです。
今日はワインではなくシードルです。
ご存知の通りシードルはフランス ブルターニュ地方、ノルマンディー地方の伝統的なリンゴ酒で、よくガレットと一緒に供されます。
私もパリに行った時にガレットと一緒に楽しみましたが、なかなか複雑なコクがあって美味しいと感じました。

今回は一般的に酒屋で手に入りやすいシードルであるセリエ アソシエ社のスタンダードとビオを飲み比べてみました。
両方ともブルターニュ産のりんご100%、単一年で仕込みをしています。製造方法はワインとほぼ変わらず、収穫、圧搾、搾汁、澱引き、発酵、瓶詰めの工程を経ています。


生産者: セリエ アソシエ
銘柄: シードル ヴァル ド ランス クリュ ブルトンアルコール度数:5%

外観はベーシックなクリュ ブルトンの方が色が濃い。外観は濁ったメイプル色。
濃厚なリンゴ、シナモン、西洋杉。西洋杉は樽の香りかな?濡れた木の風味。
やや軽めの泡が感じられる。ビオより泡が柔らかい。熟したリンゴの余韻が残る。

生産者: セリエ アソシエ
銘柄:シードル ヴァル ド ランス オーガニック
アルコール度数:4%

オーガニックの方が幾分か淡い色調で外観は濁った琥珀色。
より瑞々しいリンゴ、シナモン、シロップ
クセは強いが、甘みは強いと思う。スパイシー。瑞々しい味わい。
やや軽めのきめ細かい泡が感じられる。


よりスタンダードの方が樽の風味が感じられます。対してビオの方は樽は穏やかでありながら、スパイシーできめ細かい味わいが感じられます。
発酵に起因する要素だと思いますが、シナモンの風味がなかなかいいですね。
ワインの様に洗練された味わいとは決して言い難いのですけれども、より牧歌的で自然な味わいが感じられます。
伝統的な製法を守っているからでしょうね。アルコール度数が低くブリュットといえど甘みも感じられるので、誰しもが飲んで美味しいといえる味わいではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR