比類なき妖艶さ、ドメーヌバシュレ GC1er レ コルヴォー

こんばんわ。
ブルゴーニュにおいて、感動できる生産者のワインは意外な所に転がっていたりします。
数多の生産者がひしめく中で、星の粒程のクリュしか持たない生産者が、実は驚くくらいのフィネスをもっていたりするのもブルゴーニュの面白さ。
まさにドメーヌバシュレのワインがそれに当たる。
ブルゴーニュも結構飲みましたが、久々に驚くくらいの感動を与えてくれるワインに出会えたような気がします。本当、ワインって最高だ。


生産者: ドメーヌ バシュレ
銘柄: ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ レ コルヴォー ヴィエイユヴィーニュ 2006

いきなりゾクゾクする感覚。
これはすごい!石灰や香水を零したような、あまりにも強烈な芳香。とてつもなくエレガント、でも骨格はジュヴレでパワフル。すげえよ!これすげえ!
色調は透明感のある濃いルビー、粘性は中庸。
まず驚くのが、ムスク、ゼラニウムや薔薇のオイルを使った香水や火打石のような強烈なミネラルが鋭く立ち上がる。そこでまず度肝を抜かれる。ローズウッドのアロマオイルのニュアンスも。
そこから少しづつ果皮の厚いブルーベリーやダークチェリーの果実味、パチュリーの大地香、なめし革、ナツメグ、八角のオリエンタルなスパイスが非常に鮮明に感じられる。若干の熟成香も複雑味を与えている。
アタックはやや強くタンニンの収斂性は高い。酸味も強いので、総合的に言えばややバランスは悪いものの、香りの強烈さを知るだけでも感動できる。素晴らしく官能的。マイナーな生産者だけどもすごくいい。


まさにもっと評価されてもいいドメーヌ。まああまり評価されると今のルーミエ、グロフィエ、ルソーみたいになっちゃって嫌なんだけど。
ともかくすごくいい。ジュヴレシャンベルタンでありながらヴォーヌロマネの様な妖艶さを漂わせるマジシャンベルタンに隣接する、卓抜したプルミエクリュ。
や、多分テロワール的にはクレピヨやフォントニーの近場なんでそこまでの力はないかもしれない。
そうだとしたら、ドメーヌバシュレが表現する個性か。すごいな。
値段は16000円と張るが、30000円以上のグランクリュと十分張り合えるワイン。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【比類なき妖艶さ、ドメーヌバシュレ GC1er レ コルヴォー】

こんばんわ。ブルゴーニュにおいて、感動できる生産者のワインは意外な所に転がっていたりします。数多の生産者がひしめく中で、星の粒程のクリュしか持たない生産者が、実は驚くく...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR