【シャンパーニュ:11】熟成エドシック、ドライモノポール レゼルヴ フォー イングランド 1966。


※レスポールはやはりサンバーストよりゴールドトップ。

こんにちは、HKOです。
本日はシャンパーニュ古酒です。
エドシック ゴールドトップの1966ヴィンテージとなります。

1785年にフロレンス ルイ エドシックが創業したパイパーエドシック。現在はレジス カミュが指揮を取っています。
...実はそれ以外、あまり情報はありません。殆どがパイパーエドシックがいかに「セレブでクールなシャンパーニュ」かを切々と説いている文章ばかりです。いらねーんだよそんなん。
まあ、そういったテクニカルデータはもはや不要と、そんな感じなんでしょうね。映画やファッションブランドとのコラボレーションを行ったプロダクトもありますが、フラッグシップはやはりレアヴィンテージ。ドサージュはだいたい12g/Lくらいだそうです。
今回のドライモノポール ゴールドトップ リザーブ フォー イングランドは1966年FIFAワールドカップ英国大会で優勝したイングランドの優勝記念ボトル。記念とかは本当にどうでもいいのですが、長期熟成を経た優れたシャンパーニュ、というのが重要です。
これが誠素晴らしかったです。

銘柄: ハイパー エドシック
生産者 エドシック ゴールド トップ ドライ モノポール 1966

約130000円
外観は濃いめの黄金色、粘性は低い。
さすがに熟成はかなり進んでおり、非常に複雑な風味を放っている。ドライシェリーや塩ナッツなどの熟成のニュアンス。熟したリンゴ、柚子や濃厚な核種系の蜜などの甘露さと旨みがしっかりと調和している。そしてキノコ、バニラ、リコリスなどのドライハーブなと。熟成ピークのクリスピーな風味はないが極めて旨味と複雑さが際立ったシャンパーニュ。
熟成シャンパーニュならではの酸味と塩味が非常に強いが、併せて旨味と果実味がはっきりと残っている。柑橘系のフルーツを想起させる。とてもジューシー。
47年熟成とは思えないエネルギーを包含したシャンパーニュである。

ここまでの熟成シャンパーニュは実は初体験。かなり楽しみにしておりました。
まさに期待に十分に答える凄まじい体力を持ったワインだと思いました。
ゴールドトップ自体は比較的スタンダードなラインのシャンパーニュだと思いますが、50年近くの熟成を経ているとは思えないほどエネルギーに満ちたシャンパーニュでした。

シャンパーニュ(と白ワイン)の熟成カーブとしては、各々の要素、例えば樽とか果実に起因する甘さや花の香りが個別に存在しているのが第一段階、樽香が果実味に溶け込んでクレームブリュレなどの香りになっているのが第二段階、果実味と樽香が減衰して酸化のニュアンスと旨味が中心となった第三段階がある認識でいます。ちなみに樽と果実味が溶け込む前に果実味が減衰した場合、第二段階が飛ばされて第三段階に至るケースもあります。
今回のレゼルヴ フォー イングランドは明らかに第三段階のもので酸化のニュアンスが支配的となっています。果実味は十分にありますから、綺麗に第二段階を経て熟成をしたのではないかと想定されます。
酸化のニュアンスが支配的でありながら塩ナッツや赤リンゴと様な極めて厚いボディを持った古酒に成長しており、当時フラッグシップ級の味わいを持っていた事が容易に想像できます。クリスピーさはもう無いですが極めて複雑な構成を持ったワインとなっています。
余談ですが、海底に沈んでいたエドシックのグーアメリカン1907が10年ほど前に引き上げられましたが、塩の味がするというコメントを見かけました。
海水がコルクを通じて入っている状態では状態としては正常ではありませんが、恐らく塩のニュアンスは酸化熟成に起因するものなのではないかな、という風に思っています。

平準的なキュヴェでありながら、ここまでのクオリティがあるのはちょっと驚きですね。
40年-50年級のトップクラスのシャンパーニュも飲んでみたいですねー。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR