コントラフォン4種テイスティング(1erはなし。)

こんにちは。
コントラフォンの廉価銘柄含む4品目テイスティングしてみました。

まず良いか悪いかは全く別の問題で、ゼリティエールとドメーヌドの間に大きな違いがあるという事。
ゼリティエールにおいてはシンプルで非常にわかりやすい味わいを表現しているのに対して、ドメーヌドコントラフォンは複雑さや豊満さを旨としている所だ。
故に作りも全く異なりパブリックイメージでいうコントラフォンとゼリティエールは飲むべきシーンも合わせる料理も大きく異なる。
以上を踏まえた上でテイスティングコメントに移ります。


生産者:ゼリティエール コントラフォン
銘柄:マコン ウシジィ レ マランジュ2010
品種:シャルドネ

約3000円。
色調は透明に近いイエロー。粘性は低い。
キャンディの様な青りんご、レモンを想起させる溌剌とした明るい果実味、そしてハチミツのフレーバーが主軸となる。非常に清涼感に特化した造りでミネラル感はシャブリに、テクスチャはアスティに近いと感じた。ナッツの樽香、フレッシュハーブのニュアンスも。
絶妙なバランス感。酸味も香りに併せて非常に溌剌としているが、その中でも品格を感じさせるのはコントラフォンの技か。
シンプルだが好感の持てる造り。


生産者:ゼリティエール コントラフォン
銘柄:ヴィレ クレッセ2010
品種:シャルドネ

価格は約4000円
溌剌とした明るい造りのウシジィと比較すると、ややムルソーの様なクリーミーさがあるマコンで丁度ムルソーとの中間を行く味わい。
ウシジィ同様、清涼感のある造りで青りんご、グレープフルーツの果実味がメインとなる。わずかにシャンピニオン、ハチミツ、ムスク、フレッシュハーブ、白檀の香りが品良く立ち上る。
ミネラル感もしっかり感じられる。
酸は溌剌としており、概ねウシジィと近いが、シンプルだった構成がより、ムルソーに近く複雑味を増した印象。
余韻は短い。果実味に寄った味わいでこちらもシンプル。


生産者:ドメーヌ ド コントラフォン
銘柄:ムルソー 2009
品種:シャルドネ

価格は約16000円、パーカーポイント88点
そしてゼリティエが果実味重視の溌剌とした造りに対して、やはり一線を画す村名ムルソー。
やはりこのワインは本当に素晴らしい。
ミネラルを伴ったバニラ、シャンピニオン、ナッツをメインに、アプリコットやパイナップルの果実香が大きく広がる。全体的にスモーキーで、果実味よりも複雑な要素を一塊として表現している印象。
灯油やバタースコッチ、フレッシュハーブのニュアンスも感じる。
ゼリティエールの溌剌とした酸味はより落ち着き、ボリューム感とリッチさが表現されている。
村名ながら強烈な個性を放つワイン。


生産者:ドメーヌ ド コントラフォン
銘柄:ムルソー クロ ド ラ バール 2009
品種:シャルドネ

価格は19000円、パーカーポイント88-90点
村名格指定の畑名入りワイン。コントラフォンのモノポール。
ブレンド品の村名と比較してより個性が際立つ造り。全体的な香りの輪郭がはっきりしている事と芳香のエネルギーがこちらの方が強靭。特にラフォンのエレガンスであるシャンピニオンの芳香がよりはっきりと現れている。
全体的な構成としては村名の延長上であるもののシャンピニオンに加え、灯油、バニラやナッツの樽香、フレッシュハーブ、白い花、ムスクなどの様々なニュアンスが一塊とならず明確に現れてくる。パイナップルやアプリコットの果実味は香りの一要素として取り込まれている感覚。
こちらも十分なミネラリーだが全体的な印象ときてはクリーミーでリッチ、そしてスモーキー。
こちらは酸味も強靭で、香りのボリューム感に負けず屋台骨が非常にしっかりしている。
余韻は凄まじく長い。


しかし何れも素晴らしかったが、特にクロ ド ラ バールのバランス感だ。
これだけ強烈な芳香と個性を持ちつつ香りだけにならず、香りに負けない酸とボリューム感を持たせたのは流石のコントラフォンと言わざるを得ない。

これだからブルゴーニュはやめられんぜ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR