【コラム】消費税増税の今だからこそ生きる、本当に美味い3000円以下のお買い得ワイン10本(2013年度版)


グランヴァンの増税による値上がりで有り金全部溶かす人の顔


どうもこんにちは、HKOでございます。
毎年恒例の3000円以下で本当に美味いワイン特集でございます。
とはいえ、2012年度版をやったのは2012年5月ですから足掛け2年ですね...大変お待たせ致しまして、申し訳ない...!
例のごとく、2012年5月から2013年12月までで最も安旨なワインを個人的主観で決めております。

評価基準は以下の通り。


■評価基準
1: 手に入りやすさ
★ ほぼネットショップ、実店舗は稀
★★ 百貨店や専門店で購入可能
★★★ 上記に加えデパ地下、たまにスーパーでも購入可能
★★★★ スーパーで購入可能
★★★★★ 大手スーパーで満遍なく購入可能

2: 果実味
フルーティーさ、甘さにて判定。

3: 高級感
複雑さ、骨格の強固さで判定。
大まかに高級ワインと比較。

4: 飲みやすさ
渋み(タンニン)、酸にて判定。

5:おすすめ度
超個人的な好みで星をつけています。

表記内にヴィンテージは記載していません。
基本的に最新ヴィンテージを選ぶと間違いないと思います。今なら2010~でしょうか。
では行ってみましょう!


◼︎シャンパーニュ並みの泡
生産者: ヴェッツォーリ
銘柄: フランチャコルタ ブリュット センツァ アンナータ NV

産地: イタリア ロンバルディア地方
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(酒販店で)
2: 果実味 ★★★☆☆
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★★★
素晴らしいブラン ド ブラン。香ばしくクリスピー。ナッツ、バター、ブリオッシュが香るスパークリング。ライチやリンゴなどの果実味。かなり高級感がある。俺ならヴーヴクリコのイエローラベルやモエ エ シャンドンより、間違いなくこっちを選ぶ。3000円代とは思えない。


◼︎爽やか系白
生産者: アラン ブリュモン
銘柄: ブリュモン ブラン

産地: フランス ガスコーニュ地方
価格帯:1000円前後
1: 手に入りやすさ ★★★★★(コンビニで売ってます)
2: 果実味 ★★★★☆
3: 高級感 ★★★☆☆
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★★☆
これがコンビニで買えるのは大変助かります...!
青リンゴやライチの様なすっきりとした味わいと、充実した酸が感じられる豊かなボディを両立させるガスコーニュの素晴らしい白ワイン。白身魚のフライなどに良く合いそうです。


生産者: シャトーメルシャン
銘柄: 勝沼甲州 シュールリー

産地: 日本 山梨
価格帯:1600円前後
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(大手百貨店、デパ地下でほぼ購入可能、成城石井でも)
2: 果実味 ★★★★☆
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★★★
国産でこの価格、この品質は大手ワイナリーならでは。ほのかに感じるマロラクティック発酵の要素と、充実した果実味は大手ならでは。爽やかでシャープな味わいが特徴の甲州。焼き魚や繊細な日本料理にピッタリ。


◼︎こってり豊満な白
生産者: オー ボン クリマ
銘柄: シャルドネ 2009

産地: アメリカ カリフォルニア州
価格帯: 3000円前後
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(大手百貨店、デパ地下でほぼ購入可能)
2: 果実味 ★★★★★
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★★☆☆
5: おすすめ度 ★★★☆☆
どっしりとした味わいのワインです。
ナッツやバターの濃厚な要素とともに甘いライチや洋梨の風味が感じられる、高品質シャルドネ。クリームソースを使った白身魚の料理などに。


■エレガント系赤
生産者: モンテヴェルティネ
銘柄: ピアン デル チャンポロ

産地:イタリア トスカーナ地方
価格帯: 3000円前後
1: 手に入りやすさ ★★☆☆☆(大手百貨店、エノテカでほぼ購入可能)
2: 果実味 ★★★☆☆
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★★☆
この価格帯にして凝縮した旨味と綺麗な酸味を感じられるなんて!イタリアのサンジョベーゼファンはもちろんブルゴーニュファンも必ず楽しめる一本。ダークチェリーやクランベリーのギュッと引き締まったタンニンとエキス感のある味わい。鴨などの味の濃い鳥肉など。


生産者:プランタジェネット
銘柄: オムラ ピノノワール

産地: オーストラリア
価格帯: 1800円前後
1: 手に入りやすさ ★★★★☆(たまにスーパーでも買える)
2: 果実味 ★★★★☆
3: 高級感 ★★★★☆
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★☆☆
豊かな果実味が感じられるピノノワール。
ただカリフォルニアほどリッチではなく、ブルゴーニュほど繊細でない、丁度中間を取ったようなピノ。引き締まったブルーベリーやダークチェリーの要素があり、程よくロースト香も感じられる。コックオーヴァンなどに。


生産者: ルイ シュニュ
銘柄: サヴィニー レ ボーヌ VV

産地: フランス ブルゴーニュ地方
価格帯: 3000円前後
1: 手に入りやすさ ★★☆☆☆(一部専門店かネットが妥当)
2: 果実味 ★★★★☆
3: 高級感 ★★★★★+
4: 飲みやすさ ★★★★☆
5: おすすめ度 ★★★★★+
価格帯ギリギリですが、これはオススメしたかった。ブルゴーニュ最高峰の薄旨ワイン。
流行りの色が濃いピノでも新樽がガッツリ効いたピノでもなくて、ひたすらみずみずしいイチゴやクランベリーのエキス感が感じられるワイン。しなやかで優美。ブルゴーニュとはかくあるべし、と思わざるを得ないワインです。こういうワインがもっと増えるといいなあ。染み入る様な癒し系ピノノワール。淡白なササミを使った出汁の効いた料理に。


生産者:J ローアー
銘柄:ファイブ オーク カベルネソーヴィニヨン

産地: アメリカ
価格帯: 1600円前後
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(それなりに購入可能)
2: 果実味 ★★★★★
3: 高級感 ★★★★☆
4: 飲みやすさ ★★★☆☆
5: おすすめ度 ★★★★☆
良質なボルドーワインに近いタッチを持つカベルネソーヴィニヨン。新世界としては濃い果実味は控えめで全体的に品良くまとまっている。カシスやブラックベリーのアロマと豊かな樽香が楽しめるお買い得なカリフォルニアワインです。牛肉のロティなどに。


◼︎どっしり重厚系赤
生産者:ボデガス ブレカ
銘柄: ブレカ

産地: スペイン
価格帯: 2600円前後
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(それなりに購入可能)
2: 果実味 ★★★★★
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★★☆☆
5: おすすめ度 ★★★★★
まさかこの品質が2000円台で飲めるとは!
全てが申し分ない超お買い得ワイン。例えるならば1万円台のオーストラリアの最上のグルナッシュにも匹敵する。
濃厚で甘露、そして香り高い。高級グルナッシュを2000円で体感できる、素晴らしいスペインワイン。極めて濃厚なスタイルです。
バーベキューなどに。


生産者:ゴーツ デュ ローム ワイン カンパニー
銘柄:ゴート ロティ

産地: 南アフリカ
価格帯: 1500円前後
1: 手に入りやすさ ★★★☆☆(それなりに購入可能)
2: 果実味 ★★★★★
3: 高級感 ★★★★★
4: 飲みやすさ ★★☆☆☆
5: おすすめ度 ★★★★★
ラベルはパロディでも味わいは本物のローヌ顔負けの品質。例えるならば南仏系のシラー。黒胡椒やでカシス、ブラックベリーの豊かな果実味があります。この価格帯ではほぼ無双状態のワインだと思う。ジビエにマッチ。


はい、以上でございます。
なかなか、このエントリーの要望は多かったのですが、吟味するのに時間がかかり、ここまで引っ張ってしまいました。申し訳ない...。
ちなみに消費税増税が...と書き出しましたが、30万で1万円だから普段高いワインを飲んでる人には関係ないですかね。メンゴメンゴ!えっ、私ですか?こっちは普段の生活費を切り詰めてんだコノヤロウ!

はい。
今回特にHKOがオススメするのは何と言ってもブレカと、ルイ シュニュのサヴィニーVV、そしてヴェッツォーリのサテンでしょう。
ブレカはオーストラリアの最上のグルナッシュを感じさせますし、ルイ シュニュはエキス系ブルゴーニュを最も体現している味わい、ヴェッツォーリのフランチャコルタ サテンはシャンパーニュのブラン ド ブランに比肩する味わいではないかと。
逆に白は日常的に接点の多い和食に合いそうなタイプを選出しています。

今回取り扱ったワインはその中でも特に(赤と泡は)グランヴァンを思わせる様な味わいのものを中心に扱いました。勿論単純に価格なりの味わいで美味しい、と思えるものも結構あったんですが、今回選定する上で一番悩ましかったのはそこです。
味わいがグランヴァンに近いから相対的にお買い得に感じるワインを選ぶべきか、絶対的にだれにでも好まれる味わいのワインを選ぶべきなのか。どれを選べば良いのかと。
結果として今回選んだのはほぼ前者が中心になっています。
というのも、自分で言うのも何なんですが、それなりのクラスのワインをそれなりの数飲み込んできて、見ていただいている方もいわゆるグランヴァンに慣れているのに、普通になんとなく美味しいものを選んだのではつまらないじゃないですか。
なので、ここは「ひとりぼっち達のテイスティング勉強会」なりの「安くてグランヴァンに匹敵するようなワイン」を選定しました。
ワインが好きな人が見ても、きっと美味しいと思えるようなものです。
例えば今回選んだブレカはヌーンワイナリーのエクリプスにも匹敵すると思いますし、ゴートロティは本家コートロティに比肩すると思います。勿論緻密に考えると差異はあるのですが、普通にすぐ開けて飲む分には、インパクトとしてはさほど変わらないんじゃないかと。

これを機に少しでもグランヴァンの素晴らしさの鱗片でも感じて頂けたらなら幸いです。引き込まれますよ!











関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初投稿で恐縮です

HKO様

いつも楽しく見させて頂いております。
ただただ素晴らしいワインのご紹介で感激しております。

初投稿で恐縮なのですが少し気になったことがございましたので
ご指摘させて頂きます。

最初の「ヴェッツォーリ フランチャコルタ ブリュット サテン NV」なのですが

写真から見るにこちらは「ヴェッツォーリ フランチャコルタ ブリュット センツァ アンナータ NV」ではないでしょうか?

サテンの方はラベル、キャップシール等がシルバー色だった気がしたのですが・・

その時々によって違う等ございましたら当方の指摘は的を外しておりますのでご容赦下さい。

今後も楽しみに拝見させて頂きます。

追伸:ルイ シュニュ早速買わせて頂きました(笑)前から気になってはいたのですが買うまでには至らず背中を押してもらえたようで有難かったです。
飲むのが今から楽しみです。

No title

こんにちは、HKOです。
コメントありがとうございます。

>写真から見るにこちらは「ヴェッツォーリ フランチャコルタ ブリュット センツァ アンナータ NV」ではないでしょうか?
只今確認しました。まさにご指摘の通りでございます。
確かにサテンの方はシルバーのラベルにシルバーのキャップシールでした。
一瞬「えっ!じゃあブランドブランじゃないとか!?はずかしい!」と思いましたが、とりあえずシャルドネ単一で安心してます(笑
値段的にもまさにこれですね。

ルイシュニュは本当に素晴らしい生産者だと思います。
派手ではないのですが...すごくピノノワールらしいピノノワールを作っているな、と思いました。

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR