【シャンパーニュ: 23】ビルカール サルモン、スタンダードなブリュットレゼルヴとニコラ フランソワ ビルカールを比較する。

こんにちは、HKOです。
本日は昨日アンリジローと比較した、ビルカールサルモンのスタンダードNVとキュヴェ ニコラ フランソワ ビルカールをレポートします。

ビルカール サルモンは1818年にニコラ フランソワ ビルカールとエリザベス サルモンによって設立されたメゾン。
ワインの葡萄は10haの自社畑(ピノノワールのみ)、30haの35の自社以外の畑、140haの契約農家の畑から産出されています。(ピノノワール、シャルドネはモンターニュ ド ランス地区とコート ド ブラン地区、ピノムニエはヴァレ ド ラ マルヌ地区から作られています。)
自社畑から作られるピノ ノワールはマレイユ シュール アイ村と特級のアンボネイ村産で収量は40~45ha/L程度。ノンヴィンテージのリザーブワイン比率は40%。
キュヴェ ニコラ フランソワ ビルカールは良年のみ生産され、シャルドネはコート ド ブラン地区、ピノ ノワールはモンターニュ ド ランス地区の特級畑100%(を使用。
醸造はブルゴーニュのバリック樽で行い、コールド スタビライゼーション方式を採用、作られたワインは白亜質の天然セラーで12度の温度で寝かせられています。ヴィンテージは10年間、ノンヴィンテージは3年程度瓶内熟成を経て出荷されます。

では、いってみましょう。

生産者: ビルカール サルモン
銘柄: ビルカール サルモン ブリュット レゼルヴ NV
品種: ピノムニエ50%、シャルドネ30%、ピノノワール20%

8000円
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
スタンダードキュヴェにして非常にレベルが高い。
芳香性は高く、第一印象はピノ ムニエに起因するレモンやライムなどの柑橘系のフレッシュな果実味が感じられます。ほのかに蜜を想起させる甘露さ、そしてしっかりしたボディを感じさせます。
フレッシュな印象の中にミネラル感とナッツの風味が溶け込み、ハーブなどの要素も感じられます。
酸味は中程度てすが青いリンゴを想起させる若々しい旨味が感じられます。ピノ程の厚みは無くブランドブランの様な繊細さはなく、中庸なボディ。王道的なシャンパーニュではないかと思う。


生産者: ビルカール サルモン
銘柄: キュヴェ ニコラ フランソワ ビルカール ブリュット 2002
品種: ピノノワール65%、 シャルドネ35%

12000円、WA94pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸、豊かな泡立ち。
グランキュヴェ同様、極めて甘露で優美なシャンパーニュ。品の良い柔らかなミネラルがある。洋梨や赤リンゴの様な核種系の蜜の様な豊かな果実味。アーモンドやバニラ、白い花の要素など。甘露な印象から徐々にアプリコットなどの熟した果実の旨味が現れてくる。
口に含むと分厚い旨味とシャープな酸味が感じられる。柑橘系とハチミツの様な清涼感のある余韻を残す。ギュッと引き締まった凝縮感とシャープな酸、優美な香りを両立した優れたシャンパーニュ。


ビルカールサルモンはスタンダードキュヴェもいいんですよね。
スタンダードのブリュット レゼルヴ NVは50%のピノ ムニエがアッセンブラージュされています。他のキュヴェはほぼピノノワールとシャルドネで構成されていて、ムニエが入っているのはこのブリュットレゼルヴ、ドゥミセック(50%)、ブリュット ロゼ(10%)のみとなります。(ブラン ド ブラン、エリザベス、ニコラ フランソワ、グランキュヴェ、クロ サン ティレールには含まれていません)
その為、かなりピノムニエに起因する味わいが前面に出ている印象です。
ニコラ フランソワが甘美な果実味と蜜の様な風味が主体であるのに対して、柑橘系のフレッシュな果実味が主体になっています。
酸は力強いですが、シャルドネの様なシャープさはあまりなくて、もうすこし太い印象。
ミネラルや樽も感じられますが、ニコラ フランソワと比べると、かなり控えめ。
全体的に熟成感とミネラル、果実味を前に押し出した上位キュヴェに対して、若々しさとフレッシュさが前に出た形になっています。
ちなみにこのノンヴィンテージ、リザーブワインが40%程度、という話でしたが、その割にはリザーブワインの熟成した感じが無い様な気が。
ひょっとしたら、ここ2,3年のリザーブワインを中心にアッセンブラージュしてるのかもしれません。フレッシュな雰囲気を出すにはその方が適切だと思います。
クリュッグやアンリ ジローみたいにノンヴィンテージにして酸化熟成っぽさを出すものもありますが、そこは酒蔵の方向性ですよねえ。
少なくともビルカール サルモンはこれらの酒蔵とは別の哲学を持っていることが分かります。そして、それはニコラフランソワやグランキュヴェに至るまで一貫しています。

この方向性が好きな人にとっては最上のシャンパーニュと言えると思います。

ビルカール サルモン ブリュット レゼルヴ NV

ビルカール サルモン ブリュット レゼルヴ NV
価格:6,100円(税5%込、送料別)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR