驚異のパストゥグラン、ユドロバイエ パストゥグラン2010

こんばんわ。
ブルゴーニュパストゥグランやオルディネールはACブルゴーニュと比較すると、どうしても下位に見られますが(事実その通りですし)、その分良きワインに当たった時の喜びは大きいです。
ユドロバイエはシャンボールミュジニーにおいて非常に評価の高い生産者。一級畑をフラッグシップとして村名、地域名がメインとなりますが、パストゥグランも作っています。
ACブルやオルディネール、パストゥグランはパーセル、村を超えてアッセンブラージュするので、自ずと生産者の個性や葡萄の質が前に出ます。
今回はそのパストゥグランを通して、ユドロバイエのスタイルを掴んでみたいと思います。


生産者: ドメーヌ ユドロ バイエ
銘柄: ブルゴーニュ パストゥグラン 2010
品種: ガメイ、ピノノワール

透明感のあるやや紫を帯びた赤みの強いルビー、粘性は中庸。
約7割がガメイ、3割がピノノワールという事もあり、ガメイの個性が若干前に出ている形。ストロベリーやクランベリーなどの赤い果実、フルーツケーキ、なめし革の香りが中心。スミレや甘草のニュアンスも。
価格帯の割に驚くくらい香りに集中力があり、しっかりした旨味がある。
さすがにこれだけガメイの品種特性が出ているのだからピノノワールと誤ることは無いが、口に含んだ時の綺麗な酸と凝縮した旨味は良質なピノノワールを想起させる。
残念ながら複雑さは無いが、それはご愛嬌。2500円としては十二分に楽しめるコストパフォーマンスの高いパストゥグラン。造りとしてはポンソやグロフィエに近い。


と、こんなところです。
非常にレベルの高い造りでした。
目の細かい強め酸と果実を噛んだ様な集中力の高い果実味は、複雑性や凝縮感を欠くものの、ポンソやグロフィエに通じるものがあるのかなあ、と。
メオカミュゼやグリヴォの濃密感も近いが、ややここら辺はもっと個性的かも。

俄然興味が出てきました。
シャンボールもきっと素晴らしい出来なんでしょうね。ここにピノの複雑味とテロワールの個性が入り込んできたときにどれだけ変貌するのか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【驚異のパストゥグラン、ユドロバイエ パストゥグラン2010】

こんばんわ。ブルゴーニュパストゥグランやオルディネールはACブルゴーニュと比較すると、どうしても下位に見られますが(事実その通りですし)、その分良きワインに当たった時の喜び

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR