【ジュラ・ラングドック: 1】低価格かつ高品質、生産者に頭が上がらないラングドック3本



こんにちは、HKOです。
本日はラングドックルーションの話題の生産者のワイン3本です。
ラングドック最高峰の生産者マス ジュリアン、そしてバデ クレマンの作るレ ジャメルのシャルドネとピノノワール。
残念ながらうち一本(ジャメルのピノノワール)はあまり状態としては芳しくなかったんですが、一応メモ程度に書いてあります。
少なくとも思っていたタイプのピノノワールではない事ははっきりしていたので。

マス ジュリアンは1985年に設立されたオリヴィエ ジュリアン氏率いるラングドック地方モンペリエに拠点を置くのドメーヌ。ラングドック最高の生産者のうちの一人とも言われています。
畑の保有面積は15ha。収量は極めて低く30hl/ha。栽培はビオディナミの手法を一部取り入れ、収穫は手摘みで行われます。
醸造はラングドックの伝統的な手法で醸造が行われます。フラッグシップはテラス ド ラルザック。

レ ジャメルはメルヴィン マスターとローラン ドロネーがラングドックでネゴシアンスタイルで作るヴァン ド ペイ ブランド。
ピノノワールの年間生産量は3000本、収量は50hl/ha。
平均樹齢10年のピノノワールの若木から機械収穫する。開口式のステンレスタンクにて10数日間マセラシオン、約8日間の発酵を実施。ステンレスタンク75%オーク新樽25%にて平均9ヶ月間熟成する。
シャルドネは年間生産量は3000本、収量は60hl/ha。平均樹齢20年のシャルドネから機械収穫。約3週間のステンレスタンクにてアルコール発酵、ステンレスタンク65%、オーク新樽35%にて、マロラクティック発酵を行いながら平均9ヶ月間行われる。

ではいってみましょう!


生産者: レ ジャメル
銘柄: シャルドネ 2011

1500円
外観はやや濃いめのイエローで、粘性は高め。
しっかりと熟したシャルドネ。製法こそ異なるもののシャトーアンデリーナに近い果実味の味わいが感じられる。少なくともコートドールのシャルドネではない。
第一印象はリコリスなどのハーブ、白い花、バターやヘーゼルナッツの要素、そしてメロン、洋梨やトロピカルフルーツの果実味がある。ほのかにバニラや核種系の蜜の様な甘露さが感じられる。
マロラクティック発酵や樽が強烈にきいている訳でも、果実味爆弾という訳でも、かといってシャープすぎるわけでもない、いい意味でフランスらしい抑制の効いたシャルドネ。とはいえスタイルは新世界に近い様子。
酸味は繊細で柔らかく、切り立った様な部分はなく、メロンや洋梨、バターの充実したアフターが広がる。


生産者: レ ジャメル
銘柄: ピノノワール 2011

1500円
状態が悪かったのか、抜栓直後からかなり酸化していた。
ドライフルーツの様な果実味が感じられ、ピノノワールというよりスペインのグルナッシュやシラーの様なタイプのワインだと感じた。ピノノワールの繊細さは感じられなかった。


生産者 マス ジュリアン
銘柄: コトー デュ ラングドック テラス ド ラルザック 2009
品種: カリニャン、ムールヴェードル中心。グルナッシュとシラーが少々。

3800円、WA95pt(2008)
外観は濃い目のガーネットで粘性は高い。
第一印象は濃厚で豊かな果実味と僅かなスパイシーさを感じる。
熟したブラックベリーやプルーンの果実味。黒胡椒やナツメグ、スミレの風味、ややトースト、西洋杉、チョコレートのニュアンス。
果実味が豊かでどっしりとした味わいを想定するが、実際は酸が豊かで広域に伸びていく様な味わいがある。
酸味は比較的豊かで、タンニンは程よい滑らかさがある。ブラックベリーやプルーンの果皮の風味が残る。


まずはあまり状態のあまりよろしくなかったジャメルのピノノワール。
基本的には過度に酸化したニュアンスがあり(合成樹脂コルクなのですが...)ちょっとしっかりとテイスティングはできていないのですが、いわゆる官能的なピノノワールではない事は確かなようです。
ニュージーランドやオーストラリア、ブルゴーニュの様な冷涼なタイプではないし、カリフォルニアやチリともまた違った果実味があって、まあ、極端な話、いかにも南仏からスペインあたりにありそうなグルナッシュっぽい味わいのワインだと感じました。
状態の良いものであっても、多分ここは変わらんのじゃないかな、と思います。
対して、シャルドネはとても良くできていると思います。
こちらもニューワールド的な感じではあるのですが、良い意味で抑制された品のあるシャルドネだと思います。
十分に果実味があり、それでいてハーブや白い花、そして樽やマロラクティック発酵とまろやかなニュアンスがはっきりと感じられます。しかしカリフォルニアのシャルドネの様に完全にマロラクティック発酵を経て酸やハーブ香を失っている訳ではなく、またシャープすぎる訳でもない、とても均整のとれたバランスの良いシャルドネではないかと。
タイプはカリフォルニアシャルドネに近いのですが、どこかこの均整の取れた体躯はコートドールのシャルドネに通じるものがあると思います。味としては全然違うんですけどね。お得なシャルドネだと思います。

次、マスジュリアン。
まず驚きなのが、ワインアドヴォケイトのポイント。ポイント至上主義ではないのですが、流石に3000円代で90点台中盤は殆ど無く、かなり気になっていましたを92点くらいまではありますが、95点は正気の沙汰ではありませんからね...
実際飲んでみた感想としては、確かに点数なりだな、と感じました。
スペインのモナストレル的な味わいなのですが、特筆すべきは生き生きとした酸とスパイシーさ。大抵のこの手のワインは非常に甘露でタニック、引き締まった酸はないのですが、酸がしっかりと存在することで、濃厚さの中にはっきりとした芯が感じられます。
樽のニュアンスもあり、リッチな造りのワインだと感じました。
基本的にはスペインやオーストラリアなどのGSMが好きな人にオススメのワインではあるのですが、それだけに留まらない味わいがあります。

以上、ラングドックの3本でした。
1本ダメだったのは残念でした...うーん。
ただどれも価格帯を考えると大変お得。この中でも比較的お高めのマス ジュリアンでもこの価格ですからね...手には入りにくい様ですが...


※嫁のアクアパッツァと共に。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR