ニュイの素晴らしき銘酒(ミュジニー、レ ザムルーズ、レ クラ)


こんにちわ。
引き続きブルゴーニュです。
次はシャンボールミュジニーです。3種のうち2種は今まで飲んだ事のある銘柄でヴィンテージまで一緒なんですが、まぁ、あまり気にせず行きます。


生産者: メオ カミュゼ
銘柄: シャンボールミュジニー プルミエクリュ レ クラ 2009

メオカミュゼのレクラはヴォギュエのミュジニーの静けさと比較すると、より妖艶で華やか塊感がある造り。とてもキャッチー。
とはいえベースはやっぱりシャンボールミュジニーで、瑞々しく軽やか。
色調はやや赤色が濃いルビー、粘性は中庸。とろける様ないい香り。薔薇やスミレを凝縮したオイルの香りとダークチェリー、松の木、パストラミハムなどの強めの芳香を中心に、お香や下草、クローヴ、ローズヒップの香り。ブリオッシュのフィニッシュ。
肉感的なシャンボール。
赤色果実と血筋の凝縮旨味のアタック、酸味も強く、シャンボールでもモレ的な造り。但し、エレガントでそこは流石にシャンボールか、といったところ。


生産者: モワンヌ ユドロ
銘柄: シャンボール ミュジニー プルミエクリュ レ ザムルーズ 2000

モワンヌユドロのアムルーズは2000年というヴィンテージを考えると、やや熟成しすぎかな、と思ったが、全く持って心配は不要であった。
熟成香が華を添える形でシャンボールの素晴らしさが活きている。
やや赤色を残す橙、粘性は高い。
ドライフルーツやドライイチジクの果実味、ソースや落ち葉、腐葉土、ベーコンの熟成香を中心に、
甘草やクローヴ、ナツメグ、鉄釘のニュアンス。複雑なニュアンス。
酸味はまだ生き生きしており、タンニンが溶け出してやや甘やかになっている。ちょうど良い熟成。
出来れば近いヴィンテージが良かったが、これはこれで素晴らしいワインであることには間違いないね。


生産者: コント ジョルジュ ド ヴォギュエ
銘柄: ミュジニー ヴィエイユヴィーニュ 2008

硬い。流石に硬い。
ミュジニーの印象通り、豊かな果実味がありながら奥深い滋味に満ち溢れている。
色調は透明度の高いやや薄いルビー、粘性は低い。
瑞々しい下草や薔薇、スミレ、ラベンダーなどの様々な花の香りと大地香、レッドカラントやフランボワーズ、ダークチェリーの瑞々しい果実味が溢れ出す。徐々に白檀や松の木、燻製肉、鉄釘、焦げたゴム、八角、シャンピニオンの複雑なニュアンスが出はじめる。
凄まじいまでに明確な構成要素の主張。これでもかというくらいエレガント。
瑞々しく酸味豊かでシルキー、タンニンも穏やかで、ひたすら静けさ、複雑さの情景を描写する。
シャンボールだから、凝縮感は求めるべきものではないが、十二分に集中力のある味わい。余韻は非常に長い。
いや素晴らしい、流石。
もう少し時間を置けば更によくなったかも。


圧巻はヴォギュエのミュジニー。ボンヌマールにも度肝を抜かれたが、やや取っ付きにくいものの圧倒的な世界観と構成要素。
これこそヴォギュエ、完璧なまでの描写力!
ミュニエのミュジニーにも感動したけど、あっちはいきなりキャッチーでしなやかなのに対して、ヴォギュエは内包している要素が半端ない。
ポテンシャルが高すぎる。
ボンヌマールは幸いにも2000の開き切ったものを飲めたのですが、あのレベルをミュジニーで楽しめるとしたら...大変なことだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR