【日本酒:6】純米大吟醸2本、久保田と綿屋

こんにちは、HKOです。
焼酎の次は日本酒でございます。
今回は純米大吟醸2本、久保田 碧寿と綿屋 黒澤米 山田錦です。

ワインブログとは一体なんだったのか...
そもそも最近あんまりワイン飲めてない...ううむ。


【テイスティングコメント】
生産者: 朝日酒造
銘柄: 久保田 碧寿 山廃 純米大吟醸
品種:新潟産五百万石
精米歩合:35%
アルコール度数:16%
約2500円

澄んだ透明色で粘性は高い。
清涼感がありクセの無い均整の取れた純米大吟醸。華やかでフルーティー。
米の旨味を維持しつつ、桜餅や水飴の様なフルーツの香り、カッテージチーズ、メロン、洋梨、白桃などの甘い香りが漂う。キンモクセイ、青竹の様な風味。
口当たりも柔らかく、羽の様に軽いボディ。
熟した梨を想起させるフルーティーな口当たりが口内に広がる。


生産者: 金の井酒造
銘柄: 綿屋 純米大吟醸 黒澤米 山田錦
品種:宮城県産山田錦100%(黒澤米)
精米歩合:45%
アルコール度数:16%
2000円

外観はやや黄色を帯びた透明色で粘性は高い。
清涼感がありフルーティー、優美で華麗な風味が感じられる。水飴や葛、メロン、洋梨のフルーティーな香り。アカシアの花や、クレソン、月桂樹の青い風味、ショートブレッドなどの要素が感じられる。
ボディがしっかりとあり、それでいて軽やかにも感じられる。柔らかに水飴と葛の余韻を残す。


【所感】
共に純米大吟醸らしく、雑味のない透明感のあるフルーティーな吟醸香が主軸となっています。いわゆる米糠の様な香りはなく、研ぎ澄まされたタッチの味わいでした。
そんな中で綿屋と久保田の違いはどの様なものがあるのか、というと、綿屋の方が圧倒的にボディが暑く重みがあります。
吟醸香と共に米の甘み、旨みがたっぷりと含んでいます。粘度も何処と無く高い様な印象を受けますね。香りは華やかなのにボディは強い。やや風味の強い日本食とも良く合いそうです。
久保田はその点華やかさに特化していると思います。綿屋ほどボディは重くなく羽の様な軽やかさがある。香りから受ける印象と同じで滑らかな味わいだと思います。
香りもより純度が高く水飴やメロンの様な熟したフルーツのアロマが感じられます。
どちらも優れた大吟醸だと思いますが、ちょっと方向性が違いますね。


綿屋 純米大吟醸山田錦黒澤米 1.8L

綿屋 純米大吟醸山田錦黒澤米 1.8L
価格:5,400円(税込、送料別)


みちま
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR