本当に美味い3000円以下のワイン13本

こんばんわ。
ワインが好きすぎてややマニアックな方向に傾倒してしまって、微妙に暴走してしまっている感があるので、ちょっと方向修正。
たまにNAVERまとめとかでオススメ安ワイン見ていていいなぁと思っていたのでちょっとやってみました。
超個人的で主観的なオススメなんで、程々に参考にしていただければと!
ではいってみましょう。


■評価基準
1: 手に入りやすさ
★ ほぼネットショップ、実店舗はまれ
★★ 百貨店や専門店で購入可能
★★★ 上記に加えデパ地下、たまにスーパーでも購入可能
★★★★ スーパーで購入可能
★★★★★ 大手スーパーで満遍なく購入可能

2: 果実味
フルーティーさ、甘さにて判定。複雑さは減点。

3: 高級感
複雑さ、骨格の強固さで判定。
大まかに高級ワインと比較。

4: 飲みやすさ
渋み(タンニン)、酸にて判定。



【軽やかだけど旨味しっかりの赤】
生産者: コノスル
銘柄: コンバージョンピノノワール
X014070H_N.jpg
産地: チリ
価格:1500円
手に入りやすさ: ★★★★★
果実味: ★★★★★
高級感: ★★☆☆☆
飲みやすさ: ★★★★★
リゼルバでも20バレルでもなく、コノスルを買うならこれだ!
フルーティー&エキゾチック!コンバージョンピノノワール。
ラズベリーやチェリーの瑞々しさとピノノワールらしい土っぽいニュアンスが楽しめる一本。焼き鳥ならタレでも塩でも全然いける。1500円。ボトルシールの代わりに蝋で蓋がされているので、開ける時にコツが必要。


生産者: ルイ ジャド
銘柄: ブルゴーニュ ピノノワール クーヴァン デ ジャコバン
wineuki_0102091002281.jpg
産地: 仏ブルゴーニュ
価格: 2500円
手に入りやすさ: ★★★★☆
果実味: ★★☆☆☆
高級感: ★★★★★
飲みやすさ: ★★★☆☆
驚きの高品質。一流ドメーヌ元詰にも劣らないブルゴーニュの格安スーパーピノノワール。
思わず語り出したくなるような複雑さ、赤い果実や松の木、なめし革の香りが楽しめる良きブルゴーニュ。


生産者: ミシェルグロ
銘柄: ブルゴーニュ ピノノワール
L1641306.jpg
産地: 仏ブルゴーニュ
価格: 2700円
手に入りやすさ: ★☆☆☆☆
果実味: ★★★★☆
高級感: ★★★★★+
飲みやすさ: ★★★☆☆
溢れ出るフィネス(気品)!単一所有畑 クロ デ レアを包するヴォーヌロマネの巨匠ミシェルグロのピノノワール。花の香りやなめし革の典型的なブルゴーニュの官能を2700円で味わえる幸せ。
レストランなどで是非どうぞ。


生産者:アズダセレクション(西友)
銘柄: シラーズ
img56534560.jpg
産地: 仏ラングドックルーション
価格: 700円
手に入りやすさ: ★★★★★
果実味: ★★★★☆
高級感: ★☆☆☆☆
飲みやすさ: ★★★☆☆
とにかく安い、西友なら何処でも買える、そこそこ美味い。割と最高じゃね?
果実味豊かで胡椒の複雑な香りが楽しめる、イイカンジのシラーズ。鳥胸肉の香草焼きなどに。
なんとる超お買い得価格のフルボトル700円。


【重厚で果実味たっぷりの赤】
生産者 銘柄: シャトーボーモン
X084420H_L.jpg
価格: 2500円
産地: 仏ボルドー
手に入りやすさ: ★★★★☆
果実味: ★★★☆☆
高級感: ★★★★★
飲みやすさ: ★★☆☆☆
手っ取り早くボルドーの優美さを軽やかなタッチで楽しめる一本。
ややボルドーにしては薄めながらもカシスやブラックベリー、杉の香りがしっかり感じられる入門書的一本。2500円。牛肉料理などに。焼肉もいいかも。


生産者: ケンダルジャクソン
銘柄: ヴィントナーズリザーブ カベルネソーヴィニヨン
wineuki_1600001000178.jpg
産地: 米カリフォルニア
価格: 2000円
手に入りやすさ: ★★★★☆
果実味: ★★★★☆
高級感: ★★★★☆
飲みやすさ: ★★★★☆
ちょっとだけボルドーの一級品を感じることが出来る高コストパフォーマンスワイン。ボーモンに比べると、やや重めながら果実の味わいが甘やかで、カベルネの美味さを感じられる一本。2000円は安すぎる!


銘柄: イクシール アルティテュード レッド

産地: レバノン
価格: 2500円
手に入りやすさ: ★★☆☆☆
果実味: ★★★★★
高級感: ★★★☆☆
飲みやすさ: ★★★☆☆
カルロスゴーンプロデュース、キャンディの様な分厚さの特濃系超高品質ワイン。
値段はやや高めだけど、この凝縮した果実味で2500円はかなりお安い。
香りのインパクトの強さも特筆モノ!



【爽やかで清涼感のある白】
生産者: ヒューゲル
銘柄: ゲヴェルツトラミネール

産地: 仏アルザス
価格: 1500円
手に入りやすさ: ★★★☆☆
果実味: ★★★★★
高級感: ★★☆☆☆
飲みやすさ: ★★★★★
乙女キラーパート1。
アルザスといえばヒューゲル!ヒューゲルといえはリースリング...だけど、お値打ちで美味いのはこのゲヴェルツトラミネール。清涼感のあるライチやリンゴを感じられる品種の個性が楽しめる一本


生産者: タイユヴァン
銘柄: アントゥル ドゥ メール
0171032123B0.jpg
産地: 仏ボルドー
価格: 2000円
手に入りやすさ: ★★☆☆☆
果実味: ★★★★☆
高級感: ★★★☆☆
飲みやすさ: ★★★★★
乙女キラーパート2。
ボルドーのソーヴィニヨンブラン主体の爽やかで軽やかな白。
はっきりした柑橘系(日本のみかんとかレモン)と蜂蜜のフレッシュな香り。
アルコール度数は大体12度くらいとやや低め。
爽やかなグレープフルーツジュースを飲むが如き爽快感!


生産者: ガンチア
銘柄: アスティ スプマンテ
asthi750.jpg
産地: 伊アスティ県
価格: 1000円
手に入りやすさ: ★★★★★
果実味: ★★★★★
高級感: ★☆☆☆☆
飲みやすさ: ★★★★★
乙女キラー3。
女の子はみんな大好き(多分)!溌剌とした青リンゴの果実味と心地よい酸、グラスに注いだ時のドラマチックな泡が魅力的。
ただし残念な所は、アルコール度数が約7%と低い所だ。
...色々な意味でね!



【豊満でボリューム感のあるリッチな白】
生産者: クラレンス ディロン
銘柄: クレランドル ブラン
antbeeshop_w-0101059623a9.jpg
産地: 仏ボルドー
価格: 2500円
手に入りやすさ: ★★★☆☆
果実味: ★★★★☆
高級感: ★★★★★
飲みやすさ: ★★★★☆
セミヨン主体。
オレンジやレモンの柑橘系のニュアンスと桃の香り。ローストナッツの香り。
特に桃の香りが際立っていて、非常に豊満でボリューミーな出来。
爽やかながらボルドーの白の神髄を感じられる高級感のあふれる白ワイン。


生産者: ワンツリー
銘柄: ワンツリー シャルドネ
4a2367bbc8fdd.jpg
産地: ニュージーランド
価格: 1900円
手に入りやすさ: ★★★☆☆
果実味: ★★★☆☆
高級感: ★★★★☆
飲みやすさ: ★★★☆☆
ぶ厚めの新世界系シャルドネならこれだ!
豊満なバター香とパイナップルの様なフルーティーさがたまらない、ちなみにボトルもシャレオツ。脂の乗った塩ベースの魚料理やジャガバターなどとどうぞ。


生産者: フェブレイ
銘柄: メルキュレイ

産地: 仏ブルゴーニュ
価格: 3000円
手に入りやすさ: ★☆☆☆☆
果実味: ★★★☆☆
高級感: ★★★★★+
飲みやすさ: ★★★☆☆
超高品質ブルゴーニュ村名付き(メルキュレイ村)シャルドネがこの価格...震えが止まらない。
それこそ最低でも5000円以上はするであろうムルソーやシャサーニュモンラッシェにも匹敵する高級派指向に超オススメのワイン。俺も買えるなら5本くらい買いたい!


※乙女キラーは未検証の為、効果には個人差があります。
※すべて個人の主観で決めているので美味しくなくても補償はしません。謝りません。
※ワインはアルコール度数が高いので節度を守って楽しみましょう
※ヴィンテージにより値段がちょっと違います。
※ノークレームノーリターンでお願いします。

ご飯(※not rice)と一緒に是非楽しんでみて下さい!レッツエンジョイ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【本当に美味い3000円以下のワイン13本】

こんばんわ。ワインが好きすぎてややマニアックな方向に傾倒してしまって、微妙に暴走してしまっている感があるので、ちょっと方向修正。たまにNAVERまとめとかでオススメ安ワイン見

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいね!今年もやってくださいな...

No title

こんにちわ!承知いたしました!
いろいろとネタは仕込んでるんで、溜まるまで少々お待ちください!
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR