【日本酒: 8】好みの日本酒を新橋「野崎酒店」で。


こんにちは、HKOです。
久々の日本酒の記事です。

変わらずワインファンからの観点から書いていきます。ただ日本酒はそこまで詳しくないんで醸造に紐付いた味わいまで追えはしないのですが。
まあ、マイペースにやっていきたいと思います。

いつも日本酒を飲むときに訪れるのは大体「野崎酒店」。新橋駅烏森口から徒歩5分くらいの所にある居酒屋です。



ささみの刺身。



毎度おなじみ厚焼き玉子。



締めのお蕎麦。


ここで日本酒をちびちびやりながら、摘むのホント最高。肴は日本酒リスト。



生産者: 日の丸醸造
銘柄: まんさくの花 うまからまんさく ひやおろし
使用米:秋田県産秋の精
平均精米歩合:55%
アルコール度:16%

丁度飲んだのが秋口だったので時期ものとして。
冷涼感のある純米酒。舌触りは滑らかで、酸にシャープネスがある。
カッテージチーズやバターのアロマ、木材、栗や葛、アカシア、青竹の様な風味が主体的。
ボディは細いが芯がある。アタックはすべすべとしていて、細身ながら凝縮感がある。米の旨みが充実。


生産者: 竹の露酒造場
銘柄: 白露垂珠 大吟醸
使用米: 出羽燦々
精米歩合:40%
アルコール: 16-17%

雑味が無くクリアなタッチ。甘さやボディにダレた所がないシャープネスがある。甘味も十分に感じられる大吟醸。水飴やバターの風味。そしてシトラス、洋梨のアロマ。酸が際立っている。月桂樹、クレソンなどの要素がある。
全体的に出羽燦々らしくシャープ、凝縮感があり、際立ったクリアネスを感じる。酸味は穏やかだが冷たいタッチがあり引き締まっている。水飴の余韻がある。


生産者: 新政酒造
銘柄: 新政 No6 X-Type 純米大吟醸
使用米: 吟の精×美山錦
精米歩合: 30%(麹)35%(掛)

微発泡しており、口内に僅かに刺激を感じる。
極めて甘露でまろやかなカッテージチーズやクリーム、上新粉のニュアンス。重厚なスタイル。
メロン、パパイヤの果実味、グレープフルーツの様な際立った酸味、クレソンの様なアロマか感じられる。先述した通り酸味と共に微発泡しており、甘露ながら比較的爽やかな印象を受ける。豊かなボディがあるが、アルコール感が前に出ているような気も。ポムロール的。


生産者: 本田商店謹醸
銘柄: 龍力 雄町 特別純米 1999年醸造
使用米: 雄町
精米歩合: 65%

外観は黄金色。
味醂のような熟成の進んだ香り。カラメルや和紙、胡麻や干し椎茸の熟成香。蒸した餅米やヨーグルト、ダイコンなどの複雑な要素が感じられる。
酸味は柔らかく全体的に滑らかな舌触りで口内で味醂やカラメルの様な余韻を残していく。
熟成酒の良さがしっかりと感じられる。



箇条書きで。
1: やっぱり美山錦、山田錦はボディの酒米、出羽燦々はシャープネスの酒米という感じがする。
2: たまに桧や木材の香りのは発酵前工程の桶の香り?
では、付いているのと付いていないのには何の違いがあるのか?
3: たまに日本酒によってはマロラクティックファーメンテーションの様な香りが感じられるが、これは日本酒にわずかに含有するリンゴ酸が乳酸化したものか、それともそもそも乳酸を含有しているか。全く関係のない要素か。
4: ボディの強い弱いを構成する要素は何か。
残糖、酸の強弱など?磨きが少ない方が厚みがあるような気がする。大吟醸はどちらかというと凝縮感やクリアネスが目立つ。

個人的な嗜好でいうならば、間違いなく白露垂珠 大吟醸ですかしら。出羽燦々の清涼感のあるクリアな味わいはやっぱり好きだ。


今後試してみたいこと。
・同じ酒蔵、醸造条件(酒米、精米歩合、絞り)で使用酵母のみ異なるもの。
・同じ酒蔵、酵母、醸造条件(酒米、精米歩合)での、あらばしり、中汲み、責め。
・ほぼ同一条件での生酒、生貯蔵
・同一酒の通常、山廃、ひやおろし

ワイン飲み始めた時もそうなんだけど、明確に差分が知りたい。日本酒は醸造起因の条件多いから大変そうだなー。やるなら腹決めないと大変そうだ。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR