Oregon Bar & Grill(オレゴンバー アンド グリル/汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。

今日はここです。


はい。オレゴンバー&グリルです。
前回の反省を踏まえまして複数皿を避けて、3皿にまで抑える形で選びました。

場所は少し歩いたシティセンタービルの42Fにあります。以前訪問したフィッシュバンクの上ですね。
そもそもあれが全ての元凶の様な気がします。

今回のオレゴンバー&グリルはチャコールグリル(炭火焼き)で有名なお店らしく、前々から少し気になっておりました。ステーキだけではなくシーフードもやってるみたいです。
ワインブログなんで、やはりワインリストが気になりますが、まあお昼なんで。
オレゴンワインが多いらしいので、今度ちょっと見てみたいですね。セリーヌとかドメーヌ ドルーアンとかはラインナップしてるんでしょうね、いいなあ。

ちなみにランチは幾つかパターンがあり、全てにサラダとデザートのビュッフェがつきます。
超お得ですね!
・パスタ or トルティーヤ 1300円
・ハンバーガー or シーフードプロシェット or チキン or ポーク 1600円
・ステーキ 2100円
・スペシャリテ 3100円~
詳細はぐるなびやホットペッパーを見てください。

今回注文したのはイベリコ豚の炭火焼きです。

◼︎サラダバー&パン ※ビュッフェ (-)


でもフラポがお腹に溜まるので、確実にお腹に一杯にできるのがいい。
サラダも野菜不足には助かる。


◼︎メイン: イベリコ豚の炭火焼き(★★)

イベリコ豚のチャコールグリル。
ハーブ(ローズマリー?)とハニーマスタードの酸味の強いソース。
肉質はとても柔らかくてプリプリ。炭火のほのかな苦味。
どっしりとした豚肉の脂に清涼感のあるソースがとても合う。シンプルでプリミティブな味わい。当然美味い。


◼︎デザート ※ビュッフェ (-)

ムースや牛乳の味がしっかりするプリンなど。既にお腹いっぱいであんまし覚えてない。


今回はとりあえずスペシャリテを食べたかったので3100円のやや高めのメニューにしましたが、多分これ1000~1500円の安めのメニューがすごくお得感ありますね。
人それぞれの見方に寄るのですが、3100円にになってくると、ちょっと渋るなあというのが本音の所。別の料理ならまた印象が変わるかもしれないです。
ただ当然ながらイベリコ豚も最高だし、ソースも美味いです!
ミスジとかめっちゃ美味そうだし。


ここらのランチでは最高に美味いので、また行きたいです。


住所: 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティーセンタービル42F
店名: Oregon Bar & Grill(オレゴンバー アンド グリル)
電話番号: 03-6215-8585
営業時間:
月~日
11:00~23:00
ランチ 11:00~15:30(L.O.14:15)
ディナー 17:00~22:00(L.O.22:00)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR