China Blue(チャイナブルー/汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
またもやコンラッドです。チャイナブルーです。

評判が良かったモダンチャイニーズなので、前からちょっと行ってみたかったのです。
シェフはシンガポールで活躍したアルバート ツェ氏。

静謐なコンラッドの1Fエントランスを抜け、28Fロビーへ。そのまま直進。


ドドーン!
すごい重厚でゴージャス。

チャイナブルーです。


廊下長っ。



長い廊下を抜けると、これまたゴージャスで洗練されたフロアが現れる。ほぼ窓際席に隣接する席か、一段高くなったソファー席。



まずはお茶から注文。


◼︎白茶 月光美人 ミディ 2013年中秋節摘み

香りはダージリンみたい。


◼︎アミューズ: 燻製卵(★)

半熟。オリエンタルスパイスと燻した様なスモーク香がいい。一口とアミューズだけど、もう少し欲しい所。おにぎりにしたい...


◼︎点心: 料理長オススメ点心2種(★★★)

小海老と蟹のプリプリ感、筍のサクサク感が楽しい点心。蟹と海老のギュッと詰まった旨味と甘みがすごい。海老の頭の鷹の爪のふりかけがちょい辛香ばしくクリティカルマッチングです。
鶏肉の肉感とキノコの食感が美味い点心。生姜とニンニクにオリーブオイルを合わせたスパイシーなソースとのマッチがすごくいい。この2つだけで結構な食べ応えがある。


◼︎シンガポール風スペアリブの土鍋スープ&細麺の和えそば(★★★★)



うおおお、これは滋味深い!滋味深いぞ!
すごい薬膳食べてる感じがする。優しいお出汁。
良く煮込まれたスペアリブ、マッシュルーム、朝鮮人参、昆布、油揚げで取られたであろう、滋味深く旨味の塊が如き白湯。それにクコの実、わけぎなどの薬味が散らされている。
朝鮮人参は流石に残したけど、油揚げは薬膳&牛骨エキスをしっかりと吸っているし、マッシュルームも非常に面白かった。
そして別皿に供されたシンガポール風チリソース、溜まり醤油。
これに旨味を出したスペアリブを浸して食べると、スペアリブが柔らかいまま蘇った!
シンガポール風チリソースはフルーティーかつ強い辛味があって、溜まり醤油は濃厚で少し甘みを感じる醤油。いずれもスペアリブにとてもよく合った。


そしてここに麺をドボンすると、優しい出汁とクセのある牛骨ラーメンが出来上がる。これがまた絶品なのである。細麺のモチモチ感もハンドメイドっぽくてとても良い。


◼︎料理長のオススメデザート(★)

・パッションフルーツのジュース
パッションフルーツの甘さと酸味。
・オーギョーチー
愛玉子という植物のゼリーらしい。
個人的にはふつうのゼリーの様に感じたので、特段驚きはなかった。
・ふわふわの白い砂糖に砕いたピーナッツを閉じ込めた砂糖菓子。
唇に含んだ瞬間に崩れる砂糖の衣。フワフワ。食感が楽しい。


ちなみに森覚さん、また居ました。
ひょっとしたら昼からフロア全体を見ているのかな、そうだとしたらすごいなあ...

今回は土鍋スープが最高でした。
寒いし風邪長引いてるし、すごく体に染み入る味わい。ただ滋味深いだけではなくて牛骨のエキスが染み出していてしっかりとしたコクがある。こういうものが美味しく感じるなんて、10年前は思わんかっただろうなぁ。

非常に楽しませていただきました。


◼︎頼んだぶどうジュース
生産者: ドメーヌ アントワーヌ アレナ
銘柄: ミュスカ デ カップ コルス 2012
品種: ミュスカ100%

フランスのコルシカ島で取れたミュスカを使ったフォーティファイドぶどうジュース。
味わいはアロマティック品種の様な爽やかなマスカット、シトラスなどの果実味、残糖分はぶどうジュースなので非常に高く、ねっとりとしている。糖度が高い。樽などの風味は無くクリーンでぶどうそのものの味わい。
フォーティファイドの為、わずかに分離したアレっぽい風味が前に出ているものの、清涼感との致命的な乖離は無いと思う。




住所: 東京都港区東新橋1-9-1 コンラッド汐留28F
店名: China Blue(チャイナブルー)
電話番号: 03-6388-8000
営業時間:

11:30 ~ 14:00(月~金)
11:30 ~ 16:00(土・日・祝)

17:30 ~ 21:00
※ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR