成冨(ナリトミ:築地)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。

いきなりですが、HKOの昼飯の大半は社食の蕎麦だったりします。
安いですし、移動も少ないので、とても楽なんですけど、たまにすげえ美味い蕎麦食いたいぞ...!となる時が結構あります。

という訳で、会社からわざわざ15分程度歩いて築地(銀座?)の成冨に行ってきました。


もちろん美味い蕎麦を探しに..!



なかなかシブい、いい佇まいです。


暖簾をくぐると厳つそうな店主に一瞬怯む。
これこれ。これいいよね...!
早速時季ものの鴨を注文してみます。

ネギを刻んで...鴨を切って...つけだれに馴染ませて火を入れて...麺を茹でて....って長ー!
蕎麦だからババッと出てくるものかと思ったよー!

勿論普通の料理に比べたら早いものの、一杯の蕎麦にすごい時間かけてる...!すごい。



◼︎鴨せいろ(★★★)


透明度の低い濃いつけ汁に麩とネギ、そして肉厚の鴨。鴨は穀物系をローストした様な香りを帯びている。濃い鴨ダシ。出汁にもローストした香りが沁みてる
蕎麦は歯切れの良いコリコリした食感、あまり蕎麦臭さは無い。清廉さすら感じる雑味の無さ。
鴨も脂が乗っていて味が強い。旨味も潤沢な濃厚な鶏胸肉。つけ汁が濃いので、冷えても最後まで美味しく頂くことが出来る。



一杯の蕎麦としては満足感半端ないです。時季の鴨もプリプリで脂ノリノリだったし、何よりもそばの清涼感よ。

ちなみに大盛りで頼みましたが、デブには少し少ない量です。

こりゃあ、もしや酒を飲んだ後に高級な〆として食うのが最高なんじゃないだろうか。勿論そのままでも美味しいのですが、量的に。

今度機会があったら夜来てみよう。
夜蕎麦屋で一杯引っ掛けて帰るっての、やってみたいんだよね。


住所: 東京都中央区銀座8−18−6 二葉ビル1F
店名: 成冨(ナリトミ)
電話番号: 03-5565-0055
営業時間:
11:30~14:30(L.O.)
18:00~20:30(L.O.、土曜は昼のみ)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR