美寿思(ミスジ:汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちは、HKOです。
カレッタ汐留にある美寿思にランチに行ってきました。

専ら回転寿司でサッと食べて出て行くスタイルのHKOとしては、ゆっくりとカウンターに座って寿司を食べる機会は極めて稀です。

あと、どうしても少ない貫数でそれなりの額行ってしまうので、コストパフォーマンスが悪いんで使いにくいんですよね。それなら同額の趣向を凝らしたコース料理を食べたい気持ちになります。

そんな中で、この寿司屋の決め手になったのは、おおよそ寿司屋のセンスとは思えないネーミングのランチがあるからです。

その名もパワーランチ。
いかにもボリューミーな感じです。



今回は美寿思です。



デザイア オブ 寿司が高まってきます。



もう爆発しそうです。




◼︎パワーランチ(★★★)
・中トロ(赤酢)、かんぱち(白酢)


・赤身(赤酢)、アジ(白酢)


・サーモン(白酢)、ほたて(白酢)


・甘エビ(白酢)、赤貝(白酢)


・えび(赤酢)、いか(白酢)


・穴子(赤酢)、たまご(赤酢)



・うに(赤酢)、ねぎとろ(赤酢)、いくら(赤酢)



ボリューミーかと思いきや、腹にしっくりくる15巻。
築地が近いからか、どのネタも新鮮で結構ブリンブリンな食感。
特にカンパチとアジとサーモンと中トロ、ホタテが最高だった...あとウニね。



見てください、この美味そうなニーウー


カンパチとアジはその食感に驚いたし、サーモンと中トロは過剰に油っぽくなくて抑制された甘みがあった。ウニは全然臭みが無い。ホタテのサクッとした食感とトロトロの甘さも非常によろしい!
また風味の強い赤酢とプレーンな白酢をネタごとに使い分けているのがいいですね。
淡白なエビに赤酢、穴子や赤身の様に味が強いネタにも赤酢、かたやホタテや甘エビ、イカに白酢を使ったり多種多様に使い分けていました。

これで確かに1700円くらいだったかと。
お吸い物や先付もついているので、かなりお得かも。
パワーランチは数量限定の様なのでお早めがよろしいかと思います。



住所: 〒105-7046 東京都港区東新橋1-8-1 カレッタ汐留46F
店名: 江戸前寿司 美寿思(みすじ)
電話番号: 050-5788-3966
営業時間:
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:30(L.O.22:00)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR