星遊山(セイユウザン:汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
最近はちょっと忙しく、もっぱらランチは近場が多いです。で、近場ばかり選んでると段々行く所が少なくなっていくという...ううーむ、なかなか難しいもんですね。

今回から数回は年末に訪れた近場を幾つか書いていきます。

たまーに焼肉的な気分になる時があります。
例えば何か良い事が会った時、あるいは肉でストレスを解消したい時。
感情の振れ幅が大きい時には和牛の甘味が振り切れそうな針の良いクッションになってくれます。

そんな気分に行き慣れた汐留シティセンターの高層階行きエレベーターに乗り41Fまで。




今回は星遊山です。



◼︎料理長極上厳選御前(12月30日まで)

・のりと胡椒のスープ
ニンニクの風味が漂う甘いドレッシングがかかったサラダ。

・ユッケ(★★★)

柔らかく、噛み締める溢れるあまーい脂と生卵の最高のマッチング。これでご飯2杯いける。



肉がきました。



次々と焼いていきます。



積極的に口に運んでいきます。



焼きます。



Burn & Eat!


・25日熟成牛タン(★★)
タンなのに凄い柔らかく、焼くとトロトロになる。タン独特のクセが無く、メチャクチャ旨味を包含してる。


・国産上ハラミ(★★)
コリコリとした歯ごたえ。甘い脂身、旨味が混じる。レモンが最高。


・米沢牛赤身(★★★)
赤身ながら甘い脂がたっぷりで柔らか。甘みが少し穀物っぽい。絶品。


・近江牛カルビ(★★)
噛み締めると溶ける様に柔らかいのに、箸で掴んだ位では全く肉が崩れない。結構塊感がある。凝縮した脂身の旨味、甘味。


・松坂牛カルビ(★★)
甘みはあまりないが、お肉の引き締まった肉っぽさを感じる。カルビなのに赤みっぽいパワフル感がある。




はあ、やっぱり焼肉最高。
そりゃカルビや赤身ですけども肉を食ってる喜びは普遍ですねえ。
ご飯とスープはおかわり自由ですが、そんなに量が多いわけでは無いので、大部分の人はお代わりまでたどり着かないのではないかと。

お肉は最高に美味いです。
価格的にはランチなので良心的。
もう既にこのキャンペーン自体は終わってしまっているのですが、代わりをきっとやってると思いますので、是非行ってみてはいかがでしょうか。




住所: 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター41F
店名: 星遊山(セイユウザン)
電話番号: 050-5798-1733
営業時間:
月~金
ディナー 17:30~23:30
(L.O.22:30)

土・日・祝
17:30~23:00
(L.O.22:00)

月~日
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:00)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR