Bills(ビルズ オダイバ: お台場)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

こんにちは、HKOです。
家具を買いにお台場まで行ってきました。
カウチソファーを買いに行ったのですが、前回の展示会と比べて1万円くらい値上がりしていたので「なんで?」と問いかけた所、「原油価格の高騰でギリギリの価格だったんですが、11月で価格改定しました」だって。

面白味の無い回答ですが、少しお値段は安くしてもらったので、まあ文句は言えません。
うーん、生きづらい世の中ですね...


昔から気になるやたらと尖った波動砲を打ちそうな豊洲のツインタワー。


少しお台場を散歩しながら晩御飯の算段を立てていたのですが、そういえばお台場ってBillsあった事を思い出した。

前回の俺のフレンチ同様、あまり「話題の」と枕詞が付くお店には行きたくないのですが、少しだけ興味があるのも、まあ事実です。
こう、興味ないないと意識してるあたり、既にもうミーハーですよね。はいはい。



という訳で世界一の朝食を出すと評判のBILLSで晩飯を頂きます。



ムーディーながら落ち着く雰囲気の店内。すごく好み。いい空気感です。



まずはワインを頂きます。
何気に非常にセンスの良いワインリスト。
いかにも某マスターオブワインがセレクトしてそうなラインナップです。
グラスワインが複数種類あって、125mlで950~1300円という価格なのもいい。
ビルカールサルモンのエクストラブリュットなんて小売価格+2000円くらいだし。


モーニングがやたらと取りただされますが、地味にワインバーとしても極めて秀逸。



生産者: ビルカールサルモン
銘柄: エクストラ ブリュット NV

さすがビルカールサルモン、安定した味わい。
酸は際立っていますが、香りは果実味豊かで丸みがあります。


◼︎TENPURA シュリンプ レッドアイマヨネーズ(★★)

天ぷらというよりフリッターに近いような。
やたらと山盛りのパクチーがきになります。
海老はプリプリ、衣はサクサク。レッドアイマヨネーズで。外れの無い一品。


生産者: ポップキルシュ
銘柄: ステインブルック ピノノワール 2010

外観はすこし濁りのある明るいルビー、粘性は低い。
イチゴやダークチェリーなどの果実味。オレンジ、カツオだし、スパイシーなホールパンチ由来の味わい。凝集感があり、どこかプリューレロック的な面影。


◼︎パルメザンチキンシュニッツェル クリームポテト フェンネルスロー(★★)

大きめの鶏肉のフライが2つ。桂剥きの大根みたいなフェンネルの根っこ。マッシュポテト。
なかなかボリュームがある一皿。やっぱりとりあえずパクチーです。
見た目通りの味だと思います。美味しいです。


料理は美味しいとは思いますが、お値段もそこそこしますから、コストパフォーマンスはあまり良くないかもしれません。
ただやっぱり凄いと思うのはグラスワインですね。
逆にこっちは値段も安いし、美味しいワインを取り揃えていると思います。
近くにあったら一番安いおつまみを頼んで、入り浸るかもしれないw
眺めも雰囲気もいいし、とてもワインバーとして質が高いと思います。
一人で行くのは少し気が引けますけどね、何せ眺めも雰囲気もいいので、カップルばっか。

子供の機嫌が悪くなったので、少し早めに退散しましたが、また機会があれば行きたいですね。
アクセスの良い所にないのが残念です。台場とか赤れんが倉庫なんて早々いかないですよねえ。


ちなみに妻は話題のリコッタパンケーキを注文してました。なんか生焼けみたいであまり僕の好みには合いませんでした。人によると思います。


住所: 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール 3F
店名: Bills お台場(ビルズ おだいば)
電話番号: 03-3599-2100
営業時間:
月~金 / 9:00 – 23:00(L.O. food 22:00, drink 22:30)

土日祝休日 / 8:00 – 23:00(L.O. food 22:00, drink 22:30)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR