【ブルゴーニュ: 89】ジョルジュ ルーミエ 2012 水平テイスティング

こんにちは、HKOです。
本日はジョルジュ ルーミエの2012年ヴィンテージです。本ブログでは2010、2011年と取り上げていますので、そちらも是非ご覧下さいませ。

もともと希少なドメーヌですが、2011、2012年の収穫量減で(真っ当な値段で)入手する事は益々不可能になってきた様な気がします。

いつまで続けられるかわかりませんが、可能な限り書いていきたいと思います。


【データ】
ジョルジュルーミエは恐らくブルゴーニュで最も人気がある生産者のうちの一人で、そもそもの生産量が少ない&市場で瞬間蒸発してしまうため滅多に見かけない、見かけてもプレミアがついてべらぼうな金額で取引されている生産者です。化学薬品、化学肥料、除草剤は使用せず、グリーンハーヴェストによる収量制限を行います。
選果台で選別を行ったのちに除梗します。除梗比率はは年によって変わりますが、平準的な年で75%、暑い年で50%程度。発酵槽は2009年より100%ステンレスタンクを使用し、6日程度の低温浸漬を行った後発酵を行う。新樽比率は村名25%、一級40%、特級50%と比較的少ない使用率で16ヶ月熟成の後、無清張、無濾過で瓶詰めされます。
村名シャンボールは村名区画と一級区画のブレンド、ボンヌマールはテール ブランシュ、テール ルージュを等しくアッサンブラージュしたものとなります。


【テイスティングコメント】
生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: シャンボール ミュジニー 2012

約14000円、WA88-90pt(2010)
外観は赤みの強いルビー、粘性は中庸。
2011年の硬質なタッチではなく、腰砕けになるようなしなやかさと柔らかさを感じる。
ブリオッシュや紅茶、ミルクなどの豊かなMLF要素。そして熟したイチゴやダークチェリーの甘露な果実味。スミレやなめし革、瑞々しい木材の風味、リコリス、ハチミツやクローヴの風味が感じられる。オレンジ。
突出して瑞々しさがありながら、ブリオッシュや紅茶の様な肉感的な柔らかさと優美なイチゴの風味が感じられる。
酸やタンニンは穏やかで、舌の上で転がり広がっていく、優美な味わい。華やかさと熟したイチゴの余韻が残る。


生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: ボンヌ マール グランクリュ 2012

約70000円、WA95-97pt(2010)
外観は濃いルビー、粘性は中庸。
全く開いておらず、様々な要素を内包している。
抽出は力強く、樽もしっかりと効いている。
コーヒーや炭焼きの様なトースティーなアロマ、ブリオッシュ。スミレの華やかな風味。やや果皮の厚いダークチェリー、ブルーベリーの果実味。抽出と樽のつ奥底に膨大な果実味が潜んでいることがよく分かる。
濡れた土、ほのかな燻製肉やメイプルシロップの様な風味も感じられる。ミルクティー、クローヴ、溶剤など。時間が経つと徐々にミルクの風味や果実味が際立ってくる。
タンニンや酸はしっかりと包含しているものの、滑らかでシルキーな味わい。スミレやダークチェリーと木材、ローストの風味が感じられる。
2010年ほど樽の要素は突出しておらず、硬いながらも、しなやかで柔らかさを残すボンヌマール。


【所感】
結論から言うと2012年のジョルジュ ルーミエはとても良いです。2010年の様な完璧なバランスに近いですが、瑞々しさやエキス感を出していた2010年と比べると幾分か近代的な造りになっていると感じました。
過剰な抽出が前に出てしまった2011年に比べると、果実の熟度もさることながら、目立ってMLFが強く効いており、しなやかさと凝縮感がしっかりと感じられました。抽出はやや控えめ。あるいは同程度かもしれませんが、あまり強く表出はしていなかったと思います。
ボンヌマールに関してもどちらかというと2010年に近い印象です。2011年のボンヌマールは堅牢さが目立った村名や一級群と比べると、やや近づきやすさがありましたが(ロースト香が穏やかで、果実味もちゃんと表出していました)、この2012年は完全に樽と抽出が前に出ており、堅牢さが際立っています。恐ろしく硬い。
今年のフーリエのグリオットシャンベルタン並。
勿論時間が経てば、その純粋で膨大な果実味は表出するのですが、それでも全ての要素が開き切っているとは、到底思えないですよねえ。ただ全く開く気配のなかった2010年よりは幾分か優しい印象です。
頑なだけど、時間をちゃんと待てば美味しくなるボンヌマールだと思います。
その村名は最初から美味しいので、なかなかいいと思います。
今回は価格高騰の折、村名とボンヌマールしか飲めておりません。好きな生産者なのですが、大変辛いところです...

しかし高くなりましたね...ルーミエ。
2010年と比べて倍かよ...やべえ...やべえよ....




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR