【アルゼンチン:2】ボデガ ノートンのフラッグシップ スパークリング ロゼ。

こんにちは、HKOです。
本日はアルゼンチンの有名ワイナリー、ボテガ ノートンのスパークリングのフラッグシップ、コセチャ エスペシアル。そのロゼです。


【データ】
ボデガ ノートンはスワロフスキー社がメンドーサ地区に保有する最先端の設備を誇るワイナリー。チーフワインメーカーは1992年に就任したワインエンスージアスト誌でワインメーカー オブ ザ イヤーにも選ばれたホルヘ リッチテッリ氏。就任以後、土着品種であるマルベックに注力し高品質なワインを作っています。
気候は標高が高い為、激しい昼夜の気温差があります。畑はメンドーサに5つのエリアの保有し、樹齢は30~80年。
栽培はオーガニック。灌漑にはアンデスの雪解け水を使用しています。
今回のコセチャ エスペシアル ロゼは厳選されたピノノワールとシャルドネを使用したキュヴェ。



【テイスティングコメント】
生産者: ボデガ ノートン
銘柄: ブリュット ロゼ コセチャ エスペシャル NV

2800円
外観は赤みの強いロゼ、粘性は中庸で、泡は穏やかに立ち上っている。
非常に果実味が豊かでピノノワールというより、グルナッシュノワールを使用した南仏あるいは新世界のロゼワインの様な風合いを感じさせる。シャンパーニュ的ではなく、果実の熟度は極めて高い。
熟したイチゴやクランベリーなどの赤系果実の果実味と甘草などのドライハーブ、スミレの様な華やかな香り。それにナッツの様な風味も絡み合う。
酸は穏やかで、しっかりしたボディがある。旨味と果実味が多分に含まれており、ハーブやアプリコットの様な余韻を残している。



【所感】
なんかあんまり売ってないんですね、これ。
銀座の三越で売ってたのでデイリー使いで買ってきたのですが、ネットだと、そんなに見かけない...。
2000円台としてはなかなか美味しいスパークリングです。テイスティングコメントにも書きましたが、ピノノワールというより、南仏のグルナッシュノワールを使ったロゼの様な熟度の高い果実味のあるスパークリングだと思います。
凄くキャッチーでわかりやすいワイン。
変に樽香とかもないので、非常にクリアで瑞々しい果実味が楽しめます。
複雑さでデイリーラインの域を出る事は無いのですが、誰にでも喜ばれるスパークリングになっていると思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR