Aux Bacchanales Ginza(オー バカナル 銀座:銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

こんにちは、HKOです。

本当は行きたかった ロジェ エギュスキオールとブール ノワゼットに入れず、銀座を彷徨っている所、そうだと、はたと銀座のオーバカナルに行ったことがない事を思い出しまして、ちょっと歩いてみました。


外見はパリの街の一角にあるようなカフェの様な佇まい。中に入ると席数も多く、かなり賑やか。
ウェイターさんの接客もかなりカジュアルな感じ。

なかなかいいじゃないですねー。



パンはオリーブオイルもバターも無く、冷たいです。まあしかし、価格を考えると贅沢は言えません。

パンをかじっていると、直ぐにメインが出てきました。


◼︎サーモンのポワレ(★★★)

ワンプレートだからかもしれませんが、結構ボリューム感ありますね。
鮭は一般的な切り身サイズですが、マッシュポテトとインゲンの量がかなりあります。

マッシュポテトはクリーミーで滑らか。乳成分が強く塩味は穏やかに感じられる。

メインのサーモンは皮を先に食べてしまった...
多分これ身と一緒に食べるのが正解っぽい。

皮はマヨネーズの風味と塩味が強かった。鮭の身の食感は柔らかく脂がよく乗っている。少しトリュフとニンニクを感じるオイル。
ワンプレートで十分お腹いっぱいになる。



ワンプレートで1300円也。


レストランのアラカルトと考えると、メイン並がこの値段は結構お得です。美味しいし...
味付けとしては俺のフレンチくらいなんですが、たまにクイックに軽く食べたい時はなかなかいいんじゃないでしょうか。
席数が多く待たされる事が少ないのもいいですね。

コストと楽チンさとそこそこの味、うまーい具合にバランスが取れていて、とても使いやすいと思います!
いやー、美味しかった、満足です。



住所: 東京都中央区銀座6−3−2 ギャラリーセンタービル1F
店名: Aux Bacchanales Ginza(オーバカナル 銀座)
電話番号: 03 3569 0202
営業時間:
[日~木・祝]
ブランジェリー:9:00~21:00
カフェ:9:00~23:00(L.O.22:00)
「金・土」
ブランジェリー:9:00~21:00
カフェ:9:00~23:30(L.O.22:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR