Les Rosiers-Eguzkilore(レ ロジェ エギュスキロール: 銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

HKOです。
ランチで銀座の三越にあるロジェ エギュスキロールに来ました。

27歳にして女性初の最優秀職人国家認定を受けたアンドレ ロジェ女史(LOUIS XV出身)のレストランの内のひとつで、本店はピアリッツのレ ロジェですが、日本のエギュスキロールも2012年にはミシュランガイドで*1を獲得しています。アンドレロジェ女史以外にもサンパウの長谷川氏、ザ ガーデンの早川氏が腕を振るっています。


デパートの上層階という事で、基本的には来る人を拒まないカジュアルな店構え。

客層はほぼ100%女性で、男性は私だけでした。
まあ、あまりそういうのは気にいたしません。



しかしお手拭きがハーブのすごくいい匂いがする...


時間も無いので、すぐに注文。
ムニュ ロジェかムニュ エギュスキロールか悩みましたが、スペシャリテが食べられないのは辛いのでエギュスキロールを注文。
アミューズ+前菜+肉 or 魚料理+グラニテ+デザート+プティフールという6皿の構成です。


◼︎アミューズ(★★)


レンズ豆のクレープ、レンズ豆のペーストがカリカリ食感のチーズっぽいクレープの中日本の隠れている。春巻の様な感じ。
サワークリームを挟んだ蕎麦粉のマドレーヌ。サワークリームが濃厚な味わいで酸味の爽やかさもある。蕎麦の風味もとてもいい。
トマトとラズベリーのゼリー。ゼリーの中にラズベリーソースのエッセンスが入っていて、外のゼリー部分を噛み切ると口の中に一気に溢れかえり、ラズベリーの風味が混じっていく。官能的な食感。


◼︎パン(★)

小麦の風味を強く感じるパン。少し有塩でふっくらモチモチしている。美味しい。


◼︎アントレ(★★★)
「聖護院蕪のヴルーテ 天使の海老とそのジュのクスクス」

蕪のクリーミーなソース、香ばしいクスクス、生の蕪で蕪のクリームを包み込みジュを添えたもの、ニューカレドニア産の天使の海老で構成。
蕪の柱は非常に素晴らしく生クリームを思わせる濃厚な蕪の風味と生の蕪のザクザクした食感とジュのマッチングが素晴らしい。これにソースを添えるとさらに濃厚で複雑に。
ニューカレドニアの天使の海老はプリプリで塩味を感じる、蕪のソースと共に味わうと塩味を少し緩和し、クリームの濃厚な風味が付加される。クスクスはそれらに香ばしさを与えている。
クスクスの上に細切れの生の蕪が載っているが、これは少し苦味を感じた。


◼︎ポワソン(★★★★)
「チョリゾを纏ったスズキの魚のロースト イカとココ豆のラグー」

黒いソースは塩味の効いたイカスミ、オレンジ色のソースはスパイシーなパプリカソース。スズキの下に散りばめられているココ豆はクリーミーで滑らかな風合い。
スズキは非常に肉感的で強い肉質だが、決して硬くはない。エキス感を身の間に残しながら綺麗に火が通っている。ナイフを入れると出汁が溢れ出る。
上部にカリカリ食感のスパイシーなチョリゾペースト。辛さは殆どなくスパイスの風味のみ帯びている。スズキ自体にはほのかに塩が振ってある程度という認識。ギュムギュムした肉感的なスズキの風味と、チョリソーのスパイシーさとカリカリ食感が調和している。素晴らしい...


◼︎グラニテ(★)
「アプリコットのスムージー」

昔駄菓子屋であんず棒を思い起こさせるようなスムージー。ノスタルジー。


◼︎デゼール(★★★)
「イチゴとフロマージュブランのオモニエール 白ワインと赤いベリーの温かいソース」

クレープ生地に包まれたフロマージュブラン。そこに赤いベリーの暖かいソース。凍ったフロマージュブランが急速に柔らかくなっていく。イチゴやブルーベリーなどの酸味と甘みを感じるソースと、濃厚なチーズケーキが如きフロマージュブランが見事に調和。暖かいソースがフロマージュブランの甘さを際立たせ、冷たいフロマージュブランがソースの風味を引き締める。カシューナッツの香ばしい風味と食感も良い。
全体の調和が取れた素晴らしい一皿。


◼︎プティフール

クッキーとお餅みたいなもの。ダージリンと共に。



どれも美味しかったですが、魚料理が最高に良かったですね..スズキのあのムチムチ具合は明日にも食べたいくらいで。チョリゾのスパイシーな風味も違和感なくスズキに溶け込んでいて、本当に最高でした...!
全体的にポーションの量もしっかりとあるので、機会があれば、是非また行きたい!と思います。

ただ最後に一つ。
ホームページの情報が古い。
ホームページだとムニュ ロジェも前菜、メインを選べる記載があって、じゃあ「聖護院蕪のブルート」と「チョリゾを纏った本日の魚」を注文しようと思ったら、メニュー固定に変わってた。(確かアミューズ、スープ、メインだったかな)
確かに料理は素晴らしいんだけど、色々な意味で色々納得してしまうのでした。



住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16 銀座三越 銀座三越12F
店名: Les Rosiers-Eguzkilore(レ ロジェ エギュスキロール)
電話番号: 03-3561-7020
営業時間:
月~日
ランチ 11:00~16:00
(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00
(L.O.21:00)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR