ガヤ、シト モレスコから見るアッセンブラージュの妙

こんばんわ。
いや、いいワインに当たりました。
バルバレスコの名手、ガヤの自由なアッセンブラージュもの、シト モレスコ。
約5000円という価格帯においてボルドーの高品質ワインに匹敵する出来である。パッと香りを嗅いだ感じだとカベルネ中心でメルロー、そして僅かにサンジョベーゼ入ってるのかなと思ったが、なんとネッビオーロ、メルロー、カベルネがほぼ同比率でのアッセンブラージュ。なるほど、シラーズっぽかったのはネッビオーロに起因する味わいか。しかしバランスがいい。
ボルドーの重厚な雰囲気にネッビオーロが見事に華やかさを与えている。

生産者: ガヤ
銘柄: シト モレスコ 2009

濃い赤みの強いガーネット、粘性は強い。香りから既にカベルネ、メルローの特徴が出ている。アフターの華やかさはネッビオーロか。後味にやや苦味が残る。
芸術的なアッセンブラージュ。香りは一瞬ボルドーと間違えるのだが、サンジョベーゼの軽やかさ、華やかさ、酸味か効いてくる。ストロベリージャムの様なスイートさ。
基本的には果皮の厚いカシス、ブルーベリーに、ダークチェリーの酸味が加わる。芍薬や西洋杉、ちょっとしたタバコの様なスモーキーさ、ローズヒップ、甘草のニュアンス。
全体的にはすごくボルドーしている。ローストした樽やカシス甘やかさが確かにある...がそこに心地よい酸味が加わる。ネッビオーロがかなりいい味を出している。
ボルドーを基準にして考えると酸味はやや強いが、タンニンも穏やかでバランスは良い。さすがのガヤだ。ロープライスでも手を抜いている様子は全くない。

これはいいワインです。
ボルドーを感じさせる出来ながら、ネッビオーロで個性をちゃんと描き出している。
飲んでいてハッピーになれる素晴らしいワインだ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ガヤ、シト モレスコから見るアッセンブラージュの妙】

こんばんわ。いや、いいワインに当たりました。バルバレスコの名手、ガヤの自由なアッセンブラージュもの、シト モレスコ。約5000円という価格帯においてボルドーの高品質ワインに匹

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR