Le Beurre Noisette Tokyo(ル ブール ノワゼット 東京: 銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちは、HKOです。
以前から気になっていたお店に行ってきました。





銀座三越の中に入っている「レ ブール ノワゼット トウキョウ」。

もともとパリ15区にネオビストロというビストロ的でありながらガストロノミーな味わいを楽しめるお店として誕生しました。本店のシェフはトゥール ダルジャン、ホテル リッツ、ルドワイヤンで修行したティエリーブランキ。銀座店はボーセジュール、プリンスホテル パークタワーを経験した梶原忠氏。

一応ビストロ的な括りではあるものの、「ビーツとスモークサーモンのレムラード」の見目麗しいガストロノミックな外観や「フランス産鴨胸肉のロティ 腿肉とフォアグラのパイ包み焼き」の趣向を凝らしたメニューにとても惹かれました。
しかもランチで食べられるときたら、もう行くしかない。

11:00位に店舗に連絡して直前の席確保。11:40に速攻で外出し銀座三越まで。

ロジェ エギュスキロールのお隣ですが、ビストロ然としながらもフレンドリーな雰囲気がとてもいい。適度に賑やかで、店員さんにも気取った所がない。

壁に書かれたフランス語のワインリストも現地のビストロに似ていて、なかなかグッとくるものがあります。ただユーロ=100円という記載はダサいが...円でいいじゃん。
ワインはグランヴァンは無しで、低価格で味わいに定評のあるものを揃えていてとても好感が持てました。


さて、時間もないので早速注文です。
Menu DéjeunerのEntrées+Plats。
そして勿論「ビーツとスモークサーモンのレムラード」の「フランス産鴨胸肉のロティ 腿肉とフォアグラのパイ包み焼き」だ....と思ったがあれ?ない?

季節ものなんだろうか...?
何となく腑に落ちない部分があるが、大人しくメニューにある2品を注文。


すぐにアミューズが来た。


◼︎自家製オリーブパン(★)

アミューズ、パンかよ!!
えっ、パンじゃなくてコレアミューズなの?
フカフカして柔らかく、暖かい。口に含むとオリーブの風味と塩味が少し強いパン。
供されたオリーブオイルに浸すと濃厚な味わいが加わる。フワフワしててとても美味しい....悔しいが....。
しかし、ここのオリーブオイルが凄く美味しい。アロマティックで青い風味がとても感じられる。イイ...


◼︎ズワイガニと冬野菜のレムラート 生姜のコンフィの香り(★★★)

少しピリ辛のザクザク歯ごたえの玉ねぎ、白菜、キャベツ、薩摩芋。その中に刺激的な生姜の風味。上にはレムラートソースで和えられたズワイガニの濃厚な旨味とクリーミーさ。ソースはバルサミコ。
時折感じる薩摩芋の甘みと生姜のスパイシーな味わい、そこに旨味のあるズワイガニのほぐし身とキャビアの塩味が味わいをさらに濃厚なものとしている。
そして全体的に味が濃いのでバルサミコソースの甘さと酸がいい感じで複雑さを纏ってくれる。
全体的に味わいが強いが、調和はとれている。美味しい。


◼︎イベリコ豚のロティ キャベツのエチュベ ジュニエーブルの香り(★★★★)

低温ロティしたイベリコ豚にジュニエーブルバターのエスプーマ、ジュ ド ヴォーを添えている。付け合わせはキャベツ、ブロッコリー、蕪、ジャガイモ。
甘みのあるガリガリ食感の蕪。甘さ控えめなホクホクのジャガイモ。付け合わせの野菜、ジュ ド ヴォーの旨みを吸った甘く旨味に満ちたキャベツと人参。
お肉は柔らかくブリブリ。パサパサ感は全くなく、非常に肉感的な味わい。旨味がしっかりと閉じ込められており、ロティした焦げ香とほのかな塩の香が感じられる。香草のアロマとほのかな塩味を帯びたジュニエーブルバター。ジュ ド ヴォーも野菜のスープと合わさって良質なコンソメの様な風味に。美味い。


以上3皿。
お腹は一杯になったし、一皿一皿大変美味しかったんですけれども、やはり皿数が少ないと何処か物足りなさを感じますね。といってもこのボリュームで前菜2、メイン2来られたら今度は食べきれなさそうですけど。
という所でいうと、この量がピッタリでしたね。

ポーションの量を減らして皿数を増やすと助かりますが、まあ流石に無茶ですかね。
ワインの価格がなかなかいい値段するので、厳密に言うとビストロ=大衆食堂的な使い方は少ししにくいかもしれません。ただお料理はとてもガストロノミックな匂いを感じさせるもので、美味しいです。

しっかりとしたレストランとして捉えれば、とてもコストパフォーマンスの良いお店だと思います。

住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16 銀座三越 銀座三越12F
店名: Le Beurre Noisette Tokyo(ル ブール ノワゼット 東京)
電話番号: 03 6228 6913
営業時間:
全日/11:00~15:00(LO)、17:00~22:00(LO)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR