Bon Chemin(ボンシュマン:祐天寺)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちは、HKOです。
先日は学芸大学にあるボンシュマンに行ってきました。オーナーシェフはフランスの星付きレストランでも修行した花澤龍氏で、2015年のミシュランガイドでも*1を獲得しています。



住宅街の中に突然現れるガストロノミックなフレンチレストラン。重厚ではないが、小綺麗で品がある。



外観同様、内装も清潔感があります。



シャンパーニュはシャルトーニュ タイエのキュヴェ サンタンヌ。ミッシェル トロワグロでもハウスシャンパーニュとして供されていましたから、とても注目度が高い新鋭のRMという事がよくわかります。実際とても料理に合わせやすくフレッシュな魅力のあるシャンパーニュで汎用性が高い上に適度な厚みと酸があり品質も高いです。


早速アミューズが供されます。


◼︎アミューズ「オニオングラタンスープ」(★)

チーズで蓋をしたオニオングラタンスープ。カリカリのチーズを崩すと香ばしい焦がした玉ねぎに辿り着く。玉ねぎの甘みが際立ちレーズンの様なフルーティーさを少し感じる。庶民的な料理だが洗練されている。美味い。


◼︎豚肉のリエットとパン

とても滑らかな豚肉のリエット。美味い。


◼︎アントレ「三陸産牡蠣のムニエル」(★★★★)

コンガリとムニエルされた三陸産牡蠣、その下に牡蠣のオイルや出汁を染み込ませ玉ねぎのパンケーキ。
プリプリの中ぶりの牡蠣でバジルや(バルサミコっぽい)酸味を帯びた味わいが素晴らしい。焦がした玉ねぎとニンニクのサクサク感を感じる。そんな牡蠣と共にフワフワしてクリーミーなジャガイモのバンケーキを一緒に食べると味わいがより膨らむ。牡蠣がエキスを取り戻していく。基本的に濃いめの味付けでインパクトがあり、旨味の厚い層を感じる。


◼︎ヴィアンドゥ「佐賀伊万里牛ランプ肉のステーキ」(★★★★)

佐賀産の伊万里牛のランプ肉を使ったステーキ。肉汁を使ったソースを添えて。付け合わせはさといも、たまねぎ、蕪の素焼き、ジャガイモのグラタン。
素焼きされた素朴な野菜類はパワフルな肉の箸休めとしてピッタリ。ただ玉ねぎは少し辛い状態。ジャガイモのグラタンは非常に牛乳的でクリーミー、チーズの風味が強い。
肉は和牛だがランプ肉の為、力強い赤身の野生的な風味。外側は塩とホールペッパー、わずかなガーリックで強めにローストされカリカリの状態。赤身の肉の旨みが素晴らしく、ややレア状態の中から溢れ出る肉汁は上質な牛肉の風味がしっかりと感じる事が出来る。
滑らかな口当たりで、絶妙な焼き加減だと思う。
側面にわずかに残る油部分が非常香ばしい。ボリューム感もあり、肉ファンにはたまらん一品だと思う。


◼︎デゼール「暖かいチョコレートケーキ」(★)

一見拍子抜けな感じだが、外装を破るとトロッとしたチョコレートが!
カリカリの外装と柔らかく暖かいチョコレート、冷たいバニラアイスのミックスがいい。驚きは少ないが、シンプルで非常に食感が楽しく濃厚な味わい。


見た通りクリエイティブさやプレゼンテーションを前に押し出したタイプではなく、全体的にトラディショナルなフレンチです。ただ一皿一皿とても良くできているというか、付け合せ含めて一皿を構成していて、不要な要素は排されている様に思えます。その分シンプルなんですが、いわゆる核の部分、たとえば肉料理ならば火入れであるとか、今回の牡蠣ならばムニエルの風味や牡蠣の食感であるとか、そういったものが特段に際立って感じました。
また一皿あたりのポーションに結構なボリュームがあり、かなりお腹一杯になるので満足感があります。
価格もグランメゾンと比べると良心的で、とてもお得感がある様に感じました。

他のメニューも今度頂いてみたいです。


住所: 東京都 目黒区 五本木2-40-5 beat101
店名: Bon Chemin(ボンシュマン)
電話番号: 03 3791 3900
営業時間:
11:30~14:00 18:00~21:30
ランチ営業、日曜営業


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR