風花 鮨(かざはな:汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

鮨は好きですが、どうしても夜の価格を見ると尻込みしてしまいます。
というのも私の感覚では、鮨はシンプル故に職人ごとの差を推し量るのに非常に高い経験値が必要となると考えています。その差が分かりにくい中で夜の1万から、というのは中々敷居が高く、それならば食材の調和とプレゼンテーションを主とするフレンチやイタリアンの方が分かりやすく、技術差が明確なだけに価格的な価値を見出しやすい。
従ってフレンチやイタリアン、割烹の方に目が向いてしまうのです。



今回はそんな中で、比較的安価な価格帯でランチを提供しているコンラッドの「風花」に行ってきました。


風花は鮨カウンター、鉄板焼きカウンター、割烹の3種類に分かれており、今回は鮨にしています。


まずは純米吟醸一杯。クリアな風味の純米吟醸です。


◼︎先付け: 鱈の白子と酢の物(★★★)

日本酒をチビリチビリ飲んでいると、合わせるように先付けが供出。鱈の白子。
超クリーミー。プチプチとした外皮からクリームチーズの様な濃厚さが溢れ出る。ほのかに磯の香りを感があるのがいい。臭みはあまりなく、適度。


◼︎握り:6種類
鮨6巻は次々と供出されていきます。
既に醤油はされており、次々と口に含んでは至福の瞬間を味わっていきます。
かなりのスピード感で握られていきます。
もう少しゆっくりでもいいんだけど...

・スミイカ(★★★)

かなり厚みのあるスミイカでザクザクモッチリとした食感。濃厚でねっとりとした味わい。シャリは赤酢。

・ヒメダイ(★★★)

ブリブリとした新鮮な食感でタイの品のある風味を強く感じる。

・ヒラメ昆布締め (★★★)

ザクザクブリブリとした肉感的なヒラメ。
ほのかに口の中に広がる昆布の風味。複雑な味わい。

・コハダ(★★★)

酢で〆られたコハダ、酸味と光物の風味が適度にマッチングしている。臭みが無い。

・キハダマグロ(★★★)

柔らかくふわふわとしたマグロの赤身、ほのかな鉄を感じさせる風味がある。自然な赤身の風味。

・長崎県産穴子(★★★★)

コンロでその場で網焼き。握った後山椒とタレで味付け。
ふわふわで焼いた香ばしい香りが強く感じられる。ふわふわとろとろ。素晴らしい。味わいにパワーがある訳ではなく、繊細さを感じる。



◼︎巻物:梅しそ(★)

次に巻物。その場で巻いていきます。この時点で日本酒が無くなったが、お茶で通していきます。
この巻物は海苔の香ばしさと梅と紫蘇の上品な風味。
人工的な感じが全くしない。よく使った梅干しを使っていて、ペースト的な安っぽさが無い。



◼︎季節のお丼 いくら丼と味噌汁(★★★)


最後に握り終了宣言の後にお丼。
了承するも、やはりどこか物足りなさが残る。
そうだよなあ、6巻だもんなぁ、少ないよなあ。
美味しいからもっと頼みたいのだけど、あくまでランチですのでこんなものにしておきます。

お丼と味噌汁が同時に運ばれてきます。

味噌汁は油揚げに厚みがあってジューシー。
赤酢のすし飯の上に容赦なく乗せられたいくら、キュウリとワサビ。上品で変な塩辛さがない。天然っぽいナチュラルな魚卵の風味。美味しい。


◼︎フルーツ盛り合わせと煎茶(-)

最後にフルーツと煎茶で締め。


全体的に少しボリュームが少なめなので、若い男性ならプラス幾分かを出して一つ上のランチを頼んだ方がよろしいかと思います。コストパフォーマンスはそんなに高くないですが、一品一品がよく出来ているので、満足度は高いと思います。(個人的には価格的にもお隣ビルの美寿思の方が良いと思いましたが)
そもそも寿司のパレットがあまり無いので、なんとも言えませんが、美味しいと思いました。
景観の良い窓側に背を向けるとは少し残念ですね。
近場なので、機会があればまた行ってみたいです。

住所: 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング28F
店名: 風花(かざはな)
電話番号: 050 5571 0875
営業時間:
昼 11:30 ~ 14:00
夜 17:30 ~ 21:00
ランチ営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR