【ブルゴーニュ:100】エティエンヌ ソゼ 2012年水平テイスティング Part.2

こんにちは、HKOです。
本日はエティエンヌソゼ2日目。最後は特級モンラッシェの最新ヴィンテージです。


【データ】
エティエンヌソゼは約150年前から続く老舗ドメーヌ。品質はピュリニー、シャサーニュで5指に入る生産者で、約70年ほど前よりドメーヌ元詰めを始めています。2代目当主のジェラールは大学で醸造学を学び、ヴォルネイのプスドールに師事。その後ワインを生産し始めました。
相続によって大部分の土地を失った事もあり、大部分を買い葡萄を使用するネゴススタイルだが、基本的には購入先を変更する事はなく、ドメーヌと品質は変わらない。
アルコール発酵は木樽を使用し、やや高めの温度で行われる。バドナージュは1日1回。樽熟成は1級15ヶ月、特級18ヶ月。新樽比率は村名20%、1級30%、特級50%以下で熟成された後、瓶詰めされる。
フラッグシップは特級モンラッシェ、シュヴァリエモンラッシェ、バタールモンラッシェの特級畑です。


【テイスティングコメント】
生産者: エティエンヌ ソゼ
銘柄: モンラッシェ グランクリュ 2012

WA95pt(2009)
外観は淡いストローイエローで、粘性は中庸。
ガレンヌの様な硬質なミネラルとクリーンな果実味に凝縮した蜜の様な甘い果実味が感じられる。ガチガチに閉じていて、全く開いてこない。
現段階だとフレッシュでクリーン。ガレンヌにタイプとしては近い。ミネラルで全ての要素に蓋がされている。品のある白桃やライチの様な果実味と、白い花の蜜の様な甘さ、ヘーゼルナッツ、ムスクやフレッシュハーブの様な香りが感じられる。徐々にスパイシーさやナッツの様な芳香が現れて、甘露な蜜の要素も強くなってくる。
口に含んだ時の立体感はさすがにモンラッシェ。
黄桃やバター、マスカットの様な要素が立体的に、酸と甘み、ミネラルを伴って立ち上がってくる。
クリーンで美しいが、今ひとつ全貌が掴めなかったワイン。堅牢でも豊満でもない、どこかつかみどころのないモンラッシェだった。
追記、グラス提供1時間で急激に複雑味を保ちながら果実味が立ち上がってくる。クリアさがらありながら凝縮した果実味。


【所感】
先日は村名畑と一級群をテイスティングしました。
今回は最上位というべき特級モンラッシェとなりますが...

これガッチガチで全く開かんわ。

最上のワインの2012年を飲もうと思った時に、厳しいミネラル感や酸にやられるのは、まあいつものことです。2012年を飲んで「若いねー」なんて年号見りゃわかんだろ的な感想を言うつもりも全く無いです。
しかし...硬い!

大抵この手のグランクリュは硬くて全く開いていなくても、含有する要素は変わらないので、そこから差し引きしたり足したりしていけば、大抵はその姿が類推できるのですが、このモンラッシェはそんなレベルではなく、ミネラル感と酸で要素がわからない状態になっています。(例えば粘性や酸の舌触りでポテンシャルが見えます)
仮にたとえそんな感じでも数分、遅くても1時間もすればその鱗片くらいは見れるものですが、全くそういった親切さはありません。というか、本当にこれ、モンラッシェなのか、と思うくらいにはわからない。
なので以降はあくまで現段階の状態でのみ語ります。
先述した通り、堅牢で硬いワインです。
一番近いのはガレンヌでしょうか。
ガレンヌをより果実味に寄らせて、立体感と凝縮感を表現した様な感じ。シャンカネの様に外に開いていくタイプではなく、内に篭って凝縮している。硬いミネラル感は他のキュヴェ同様、新樽比率が高い割にはクリーンなタッチだと思います。
ガッツリしたパワフル感はなく繊細で、各々の要素に立体感が感じられる味わいです。
どこまでポテンシャルが高いのか、いまひとつ実感しずらいスタイルと感じました。難解なワインです。

ちなみにソゼのワインにおいて、毎度モンラッシェよりもシュヴァリエの方が評価の高いのは、ミネラル感を最大限活かせる生産者で、「いわゆるモンラッシェ」的な作りは苦手なのかもしれません。(熟成したモンラッシェはそれこそ最上でしたが)
よって若い内は並々ならぬミネラル感に満ち溢れたシュヴァリエの方が評価が高いのはなんとなく納得できます。モンラッシェはミネラル感でいうとシュヴァリエほどでは無いですから。
ただやはり「わからない」というのが印象です。
ここからどこまで花開くのか、終着点としては1994と捉えておけばいいのでしょうが、そこまでの過程が予想つかない。
1994年ほどではないにせよ、いつ頃から1994的な側面が前に出てくるのか...

さすがはルーロと共に難しい生産者とされているだけあります。よもやポテンシャルすら読ませないとは...


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR