Toybox(トイボックス:三ノ輪)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

こんにちは、HKOです。
こと外食に関しては、フレンチをメインにしつつも、潰れる直前のスーパーが100円商品を扱う様な手広さを見せるこのブログですが、今日はラーメンです。
ただラーメンブログではないので、あくまでひとりぼっちのテイスティング勉強会ならではの視点で取り扱っていこうと思います。



今日はトイボックスです。
ミシュランガイドが2015年からラーメン屋を取り扱っていますが、その掲載店になります。

「おいおい、またミシュランガイドかよ、自分の舌で美味いものくらい探せよ」と思われる方が多数いらっしゃるかと思いますが、何分自分の舌が全然定まってないので、その視点を定める為に有効活用させてもらっています。
一般的に美味しいと言われるお店→その中で自分の美味しいと思うお店→それこそがHKO的に最高の店、っていう感じですね。財布にも人生にも限りがあるので出来るだけ効率的に探していきたいと思っているので。

で今回のトイボックスなんですが、個人的には今まで食べた醤油ベースのラーメンでは最も美味しいと感じました。
まあ好みなのですが、これが本当にもうジャストミートというか。


◾︎温玉 チャーシュー 醤油ラーメン(★★★★)

昔懐かしい醤油ベースだが鶏油の深みとコクがありモダンな雰囲気が漂う。スープは鶏ガラとリンゴ、昆布の風味。低温調理のスパイスの効いた鶏チャーシュー、鶏油の風味を感じる脂の豚チャーシュー。
とても品があり、スープとチャーシューの相互補完で味の統制がとれている。
麺はプツプツとしたしっとりとした食感のもの。魚介系のコクがある味玉も素晴らしい。


ラーメン屋に使う表現ではないのかもしれませんが、フレンチに通じるような緻密な食材同士の相互作用が強く働いている一皿です。
例えば焼豚の鶏油を使ったコンフィは同じく鶏油を使ったスープを強く惹きつけるし、プレーンな低温真空調理の鶏チャーシューは鶏油のコクとスープの塩味で完全性を得ています。それが味玉に至るまで、スープの中に含まれるいずれかの要素と強く引き付け合い、完成していきます。
だから具材同士が拒絶し合う事なく、あるいはいずれかが際立ちすぎるわけでもなく、ごく自然に調和を成しています。
それでいて繊細さとラーメンらしい力強い味わいがあり、物足りなさもありません。

いわゆるラーメンの雑さとは無縁のものです。
また行きたいものです。


住所: 東京都荒川区東日暮里1-1-3
店名: TOYBOX(トイボックス)
電話番号: 03 6458 3664
営業時間:
[平日・土曜]
11:00~15:00
18:00~21:00
(材料切れにより早仕舞いの場合があります)
[日曜・祝日]
11:00~15:00
ランチ営業




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、鶏油系お好きなのですね。それならば銀座やアキバにある麦とオリーヴとか・・・・・・
と、思ったら既に来訪されててなるほどでした!

私もこのタイプのラーメンはアイバンラーメンなども含めとてもすきなので、もしかするとワイン好きに好きな傾向や嗜好性があるのかもしれませんネ(オイルの問題かしら?

Re: No title

どうも毎度です。
んー、なんといいますか、私的にはまだ好みがちゃんと定まっていません。鶏油系は美味しいとは思いますが、別に豚骨や鳥野菜系、醤油、味噌、塩も好みから外れるかというとそうでもないという。
これはラーメンに限った事ではないのですが、現在模索中で、色々食べてみて「ここは美味いぞ」というのの比率が一番多いのがきっと好みなんだろうなあ、と。
トイボックスで気に入ったのは個々の食材が主張しまくってるタイプじゃなくて、各々の要素が絡み合って調和している部分が絶妙なんですよねー。
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR