【ローヌ: 19】想定外のトラディショナル、タルデュー ローランのエルミタージュ、コンドリュー

こんにちは、HKOです。
本日はローヌのタルデュー ローランのエルミタージュとコンドリューです。
本当はシャトーヌフも含めたかったですが...取り急ぎ。所感で言うと両方とも凄く良かったです。


【データ】
タルデュー ローランは1994年にファーストヴィンテージをリリースした新進気鋭のローヌのネゴシアン。
ミッシェル タルデュー氏が単独経営しています。
ポートフォリオはローヌ全域12のアペラシオン。
購入するワインは樹齢50年~100年のブドウのものを厳選。赤ワインはアルコール発酵後すぐのワインを、白ワインは搾汁後すぐの果醪を買い付け、自社の専用樽やステンレスタンクで熟成を行います。エレヴァージュ中は亜硫酸を添加せず、無濾過で瓶詰め。
今回の2012年エルミタージュは、ル メアル、ピエメルの畑に植わる、樹齢60年のシラーを使用。全房発酵の後、アリエ、トロンセのフレンチオークの新樽で熟成。2013年のコンドリューは、シャンソン、コトー ド シェリーの畑に植わる、樹齢45年のヴィオニエ。アリエ、トロンセのフレンチオーク新樽と1年使用済みの樽で熟成。


【テイスティングコメント】
生産者: タルデュー ローラン
銘柄: コンドリュー 2013

8400円、WA94pt(2009)
外観はやや濃いめのイエローで粘性は高い。
極めてアロマティックで果実味に満ちた温暖的な香りを感じさせるコンドリュー。
バナナやパッションフルーツ、マンゴーの瑞々しくも濃厚な果実味と共に、バターやバニラのまろやかで濃密な風味が絡み付いている。少しニューワールド的にも感じられる熟度というか、重みがある。杏仁豆腐や白い花、シナモンや蜂蜜の様な香りが感じられる。
濃密なクリームの様な風味に溌剌としたトロピカルフルーツか絡む様なイメージ。
どっしりとしたボディに綺麗な酸が絡みつく。粘性が高い。バナナやマンゴーを思わせる余韻。重いからか、後味の苦味もそう気にならない。素晴らしい。


生産者: タルデュー ローラン
銘柄: エルミタージュ 2012

12000円、WA91-93pt(2009)
外観は赤みの強い澄んだガーネット、粘性は中庸。
ローヌの古典的エルミタージュで、モダンな果実味盛り盛りのシラーではない様だ。シラーの果皮がもたらす色気がムンムンする。
鉄やなめし革の様なギラギラとした華やかな香りに、まろやかさを齎すバターの要素、鉄観音やラベンダーの様なアロマ、ブラックペッパー。果皮のアロマが強いブラックベリーやミルティーユの果実味、リコリスやオリエンタルスパイス、麦藁や燻製や焦げた木の様な樽香が感じられる。
酸味は豊かでタンニンもしっかりと感じられる。野性的ななめし革や華やかなスミレ、そしてシラーの黒胡椒の特徴的な香りがはっきりとわかる。
想像以上にトラディショナルなシラー。


【所感】
面白い生産者です。ローヌを強く感じさせるエルミタージュとローヌをさほど感じさせないコンドリュー、ちょっと方向性がバラついている様な気がします。
トラディショナルなのかモダンなのかはっきりしろよ!と言いたくなります。

...ただしかし美味い!残念ながらどちらもとても美味い!

まずコンドリューはヴィオニエ独特のアロマティックな香りと共にトロピカルフルーツやマロラクティック発酵のニュアンスがしっかりと感じられます。
この熟した果実感と甘酸っぱいアロマ、こってりとしたバターや杏仁豆腐のニュアンスはどこかニューワールド感を感じさせます。ただバランス的にニューワールドの典型よりは品がある様に思えます。
具体的に言うとあくまで果実味主体でマロラクティック発酵のニュアンスが前面に出すぎていない点ですかね。バタークリームというより、トロピカルフルーツと杏仁豆腐という感じ。ドライでシャープではないですが、酸も綺麗だし、ほぼ申し分ない作り。苦味もさほど出ていないしいい作りをしていると思います。
価格的に結構お得だと思います。

エルミタージュは真逆のローヌの典型です。とはいえエルミタージュみたいに野性的な訳ではなく、もっとエレガントですけどね。近いのはルネ ロスタンのコート ロティ。スパイシーで果実味もしっかりとあって、色気がムンムン。抽出によるエキス感重視で、鉄やなめし皮のアロマが比較的強く感じられます。そこに樽の麦藁や鉄観音、華やかなラベンダー、充実した黒系果実の風味があります。酸とタンニンも豊かで、いわゆる重いシラーとは一線を画すものです。
熟度だけに頼らない、かなり技巧的なシラーに仕上がっていると思います。とにかく色気がすごい。
ルネロスタンのランドンヌ、コート ブロンドには劣るが、十分すぎるほどトラディショナルシラーの美味さというか官能を感じることができます。

タルデューローラン、いいですね。
ただ他のヌフとか飲んだら全然キャラクターが違かったりして...そんなビビリもあります。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR