【ブルゴーニュ: 113】フィリップ シャルロパン パリゾ 特級水平テイスティング 2012 Part.1

こんにちは、HKOです。
本日はフィリップ シャルロパン パリゾのグランクリュテイスティングです。
2回に渡って合計5種類をレポートしていきたいと思います。今回はモレ サン ドニのクロ サン ドニ、シャンボールミュジニーのボンヌ マールの2種類です。


【データ】
フィリップ シャルロパン パリゾは1976年に設立されたドメーヌ。ブルゴーニュでもアンリジャイエの弟子という枕詞と共に非常に注目されている生産者です。といってもアンリジャイエのワインを飲んだことがないので、今ひとつイメージが湧かないのですが。
全体で樹齢の高い樹を中心に、栽培はリュットレゾネで行われています。収穫をした葡萄は100%除梗され、約1週間の低温浸漬を経てアルコール発酵がなされます。新樽比率は殆どが50~70%で、特級で100%。無濾過、無清澄で瓶詰めされます。フラッグシップはシャンベルタン、ボンヌマール、マジ シャンベルタン、エシェゾー、クロ ヴージョ、クロ サン ドニ。
今回のシャルム シャンベルタンはマゾワイエールとの混醸、マジシャンベルタンはリュショットに隣接する区画、シャンベルタンはラトゥール一族から委託されている畑、ボンヌマールは石灰土壌のテール ブランシュの中にある0.12ha区画のみを使用、クロ サン ドニは0.17haの区画を使用。



【テイスティングコメント】
生産者: フィリップ シャルロパン パリゾ
銘柄: クロ サン ドニ グランクリュ 2012

約27000円、WA92-94pt(2010)
外観は赤みの強いルビー、粘性は中庸。
華やかさより、瑞々しい丸い果実味がよく出ている。
ミルクティーや、甘くシルキーなブラックベリーやダークチェリーリキュールのアロマが主体的に感じられる。土やバタートーストの香り、ほのかな血の香りやスミレのアロマが入り混じる。ハーブティー、クローヴやアーモンドなどの要素が感じられる。
少しアルコール感があるものの、香りの方向性としてはボンヌマールに近い。
やや酸が経つが、タンニンは柔らか。塩味とほのかなスミレの要素、茎、ハーブの余韻が残る。塩味を伴う旨味が非常に素晴らしい。
豊かな丸い果実味と樽香、凝縮度が高めのクロ サン ドニ。


生産者: フィリップ シャルロパン パリゾ
銘柄: ボンヌ マール グランクリュ 2012

約27000円、WA90-92pt(2010)
外観は赤みの強いルビー、粘性は中庸。
この中ではミネラル感が比較的強めに出ている。エキス感のある熟したブルーべリーやイチゴの果実味とグリニッシュで濡れた葉や土の香り、雨上がりの木の香りが前面に出ている。徐々にミルクティーや血のアロマも現れる。 樽香の方向はバタートースト的。ほのかにスミレの要素と、ラベンダー、ユーカリなど清涼感のあるアロマを纏う。クローヴなどの要素も。
香りのタッチも鮮明ではなく、柔らかく穏やか、密度を競うワインではない。
酸やタンニンは非常に滑らかで軽妙、血の香りや青い葉、果皮の要素がしっかりと余韻に乗ってくる。収斂性は低いので、非常に滑らかに感じられる。
羽の様に柔らかく、ミネラリーでグリニッシ。エキス感のある甘いまろやかさを感じさせるボンヌマール。


【所感】
やっぱりシャルロパンはいい。とにかく全体的に過剰がない。抽出、樽香、果実味のバランスがどのキュヴェも決して飛び抜けていない。しかもそのグランクリュの特徴はちゃんと掴んでいる。
シャンベルタンなら堅牢、マジシャンベルタンなら堅牢かつ華やかな、シャルムは華やかさを備えながら親しみやすく、ボンヌマール テール ブランシュはミネラリー、クロ サン ドニは冷涼でありながら、しっかりとした果実味が主張している。
そして、そのすべてに共通して瑞々しいエキス感と鉄にも似た煌びやかな芳香を放っている。
そう、どこかヴォーヌロマネを感じさせる味わいがベースにあるんですよね。それは、おそらく生産者の個性によるものだと思いますが、その中で存分にテロワールの表現を行っている感じ。
そうそう、こんな感じがいいんだよ!

では、まずクロ サン ドニから。
このワインは5本の中では最もシルキーで、リキュールを思わせる様な輪郭のはっきりとした果実味を感じることができます。もちろん共通の鉄やエキス感は帯びています。樽香は焦げ香というより、マロラクティック発酵と結合したミルクティーやバタートースト的です。
ボディはボンヌマールをやや重くした印象ですが、極端な厚みがあるわけではないです。どちらかというとシャンボール的なものを意識してるんでしょうかね。故に堅牢さというより、遥かに柔らかさが際立ちます。
特徴の触れ方としてはモレっぽいですが、他の生産者のクロ サン ドニなんかと比べると、かなり軽量級だも思います。

ボンヌマールは更に軽量級です。
テールブランシュの特徴であるミネラルがハッキリと出ていていますが、作りとしては凝縮感や鮮明さより奥行きや広がりを重視している様に感じます。
その為肉厚なボンヌマールというより、ヴージョ寄りのクリュの特徴、例えばゾードワやレザムルーズ的な繊細なシャンボールミュジニーを思わせます。
この中ではグリニッシュで、エキス感のある赤系果実と濡れた土や葉の香り、樽香はバタートーストやミルクティー的です。スミレやラベンダー、ユーカリなどのアロマがあります。 繊細で柔和な表情のあるボンヌマールです。

この2本を飲んで改めて思うのが、やはりベースはヴォーヌロマネスタイルの生産者だと思いますね。
そもそも繊細とは言わないまでも、熟した果実のエキス感のあるスタイルをベースにした生産者なので、クロ サン ドニでも艶やかなたっぷりとしたピノノワールになっていないのが面白い。これはこれでいいんですけどね。
次はシャルロパンの別の側面を感じさせる、ジュヴレシャンベルタンの特級畑3本です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR