【チリ:1】エラスリス 普及品カルネメールとフラッグシップ カベルネ ソーヴィニヨン

こんにちは、HKOです。
本日はチリの老舗ワイナリー、エラスリスのエントリーグレードとハイエンドの2本です。


【テイスティングコメント】
ヴィーニャ エラスリスはアコンカグア ヴァレーに拠点を置く1870年から135年以上続く名門ワイナリー。
創業者はドン マキシミアーノ エラスリス。
チリで唯一のコースタルレンジのアコンカグアヴァレーの大部分を所有しています。
フラッグシップはドン マキシミアーノ、そしてヴィニエド チャドウィック。
今回はエステート カルメネール、そしてドン マキシミアーノ ファウンダーズリザーブの2本
エステート カルメネールはアコンカグアのMAX Vエステートのフラットな土地から生まれるブドウを使用。
フレンチ&アメリカンオーク樽で8ヶ月間熟成する。カルメネール100%。
ドン マキシミアーノ ファウンダーズは急斜面の中腹付近に位置する最高の区画から作られるカベルネ。熟成には100%フレンチ&アメリカンオークの新樽で18ヶ月熟成。


【テイスティングコメント】
生産者: エラスリス
銘柄: エステート カルメネール 2013
品種:

約1500円
外観は黒に近いガーネット、粘性は高い。
乾いた土やタバコ、グリニッシュなピーマン、リコリス。レッドペッパー、果皮の厚いブラックベリーやカシスの香りが感じられる。華やかさが花の方向に向いているわけではなく、モロに果皮の香りが感じられる。土系の香りと燻製肉、ミルクティーなどの要素が感じられる。
果実は熟れているが、平面的で若干散漫な印象を受ける。タンニンはしっかりとあるが、滑らかで酸味も穏やか。マロラクティック発酵を経た様な滑らかなミルクティーや木材の香りが感じられる。


生産者: エラスリス
銘柄: ドン マキシミアーノ ファウンダーズ レゼルヴ 2012(抜栓1週間)
品種: カベルネソーヴィニヨン78%、カルメネール10%、プチヴェルド7%、シラー5%

約8700円、WA92pt
外観は黒に近いガーネット、粘性は高い。
これが抜栓一週間のワインか。驚くほど素晴らしいワイン。エレガントさすら帯びている。
旨味が十分に包含されたアプリコット、ブルーベリー、ブラックベリーのジャム。決して甘露さに寄せすぎず、瑞々しさと旨味を最良の形で演出している。
スミレやパストラミハム、ドライハーブ、徐々に甘いバニラの様な樽香が現れてくる。ミルクや西洋杉、ベニヤ板、ほのかに土の要素は感じるがカルネメール的な要素は感じない。リコリスや溶剤などの風味が感じられる。酸味が豊かだがタンニンは少し経過時間によって柔らかくなっているのかも。後味のわずかな苦みにタンニンの力強さの面影がある。バニラや熟したフルーツの余韻が感じられる。


【所感】
まずエステート カルメネールですが、まさにチリの王道的カルメネールといった感じで、土の香りと充実した果実味が感じられます。ただ濃厚かというとそんなに粘度はないので、突出しているかというと、そうではない感じです。若干果皮の香りが強いのが華やかな感じですね。価格よりはお得だと思いますが、そんなに突出したワインではないかな、と思います。

っていうのはきっとドン マキシミアーノが素晴らしすぎるから、そう思うに違いない。
抜栓1週間というイレギュラーな環境ですから、正しくそのポテンシャルが図れているかというと、そうではないと思いますので、それ前提で見ていただければと。

1週間後のドンマキシミアーノ、素晴らしいです。
ボティが柔らかくなっているのは感じますが、いわゆる酸化的なカベルネの香りはわずかにしか感じません。むしろ樽がかなり溶け込んでいて、絶妙な最初の飲み頃感を感じます。
ガッツリ系のチリカベではなく、落ち着いたデュガピィのシャルムシャンベルタンみたいなエレガンスをまとっています。旨味と果実味のバランスを取れた黒系果実のジャム、パストラミハムやバニラやミルクの芳香、ほのかに土を感じるが、基本的にエレガントな果皮と果実味の要素がメイン。タンニンもこなれていて、恐らく抜栓直後から全く別物になっているかもしれない。
コント リジェ ベレールのチリカベにも驚いたが、チリ生まれのエラスリスがこれだけエレガントで集中力の高いカベルネを作るというのが驚き。
これが綺麗に熟成したら...としたら恐ろしいですね、きっと。
エステートブランドもいいですが、比類なきコストパフォーマンスはどちらかというとこちらの方が高いかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR