とんかつ割烹 かつ善(とんかつかっぽう かつぜん: 銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちはHKOです。
急にとんかつが食べたいと思い立ち「はてさてラートにするか、あるいは近場でとんかつ和光があったかな」と思案していたのですが、そうだ、と、せっかくなんで話題のとんかつ屋にいってみようじゃないかと思い行ってきました。



既に只者ではない佇まいの外観。
おおよそとんかつをメインにしているとは考え難い店構え。

そういえは、ここスリオラも入ってるんですよね。
すごいな交詢ビル...地味に今半もあるし。



しぶい。



◾︎先付け「胡瓜、木耳、海ブドウ、若布、玉葱、蛸の酢の物」


旨味と酸味溢れる酢醤油と紫蘇の香りが漂う酢の物。歯ごたえの良い食材が並ぶ。これで日本酒一合いけそう。


◾︎漬物「山芋、人参、大根、キュウリの漬物」

少し洋梨の様なフルーティーさがある漬物。


◾︎九州産黒豚リブロースかつ(★★★★★+)


超絶とんかつ!
パン粉は仕入れたパンに下ごしらえを加えつつ2日寝かせ、網を使って人の手で細かくしたもの。ラードを使って揚げてるらしい。
味わいはリブロースを使いながら繊細さと力強さが同居している。
衣がメチャクチャ薄く目が細かい。サクッと軽やかな食感。油の重さは一切なく香ばしさと食感のみを演出していて、あくまで主役は絶妙の火入れがされた豚ロースと言わんばかりに肉の旨味か恐ろしいほど際立っている。
衣は肉の旨味をすべて封じ込める為の衣といった風合。そのスタイルは美かさの天婦羅にも似ている。
衣は一切強調せず、香ばしさと食感を付加するに留めている。
だから瑞々しく甘露な脂が、ジューシーで穀物の風味のある豚肉がダイレクトに感じられる。
とんかつらしからぬ品性があるような気がする。
最初は何も付けず、次にレモンを、甘いニンニクの味噌ダレ、黒酢の様な風味のあるトンカツソースと味わった。何もつけなければ脂身の強烈な甘みを、レモンは肉本来の旨味を強調し、ニンニクの味噌ダレは甘みが脂身と調和し、とんかつソースは脂身と肉の味わいと調和する。美味しかった。



YES!!!!!

付け合わせも侮れない。キャベツも驚く程瑞々しくシャクシャク。目が細かくシャーベットのような食感の未体験領域。

粒の立った無駄な水分の無いご飯も最高。ついお代わりしてしまった。



地味に味噌汁もとても美味しい。


決してコストパフォーマンスが良いとは言い難いですが、この未体験領域のとんかつを食べるという意味では決して高くはないと感じました。
お腹を満たす事やコストパフォーマンスを優先する場合はオススメできませんが、未体験を体験したい人にはオススメだと思います。


住所: 東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル 4F
店名: とんかつ割烹 かつ善
電話番号: 03-3289-8988
営業時間:
ランチ 火~金 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 火~金 17:00~22:30(L.O.21:30)
ランチ 土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 土・日・祝 17:00~21:30(L.O.20:00)
ランチ営業、日曜営業



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR