丸五(マルゴ: 秋葉原)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。

HKOです。
本日は娘を連れて知人がお勧めをしていた秋葉原の丸五に行ってきました。
本来ならば夏場列が出来て並ぶような所に1歳9ヶ月の愛しい娘を連れていくのはあり得ませんが、運良く当日はこの夏の中でもかなり涼しく曇天。よし、これなら行けると思い立ち、秋葉原まで来たわけです。



流石に老舗的な風格があるお店です。

事前に娘がお腹すいた時のためのお弁当と、おもちゃを持ってきてたので、30分程度の待ち時間は特に問題無く待つことが出来ました。特に大人しすぎたり、煩すぎたり、そういった事はなく。

ベビーカーをお店に預け2階席に。

待ち時間はラッキョウが美味しかったらしく、延々と食べてました。私は特ヒレカツ定食、それと娘用にご飯を注文。


◾︎特ヒレカツ定食(★★★★)



一口目から素晴らしさが分かる!
衣が驚くほどパリパリでクリスピー、ヒレ肉は適度に柔らかで継ぎ目のない滑らかさがある。引っ掛かりや筋は無く、驚くほどシルキー。
満遍なく均一に火が通っていて、衣に包まれる形で、そのエキスを閉じ込めている。溢れる豚肉のエキスと充実した旨味が堪らない。衣の裏にほのかな塩気。肉の旨味が引き立っている。
上質な天婦羅を食べているような感じ。
ソースはシェリー的な酸化的な要素がある深い味わいのもの。ただ相乗的な効果を生み出すわけではなく、そのまま食べた方が圧倒的に美味に思えた。
味噌汁は赤味噌。ご飯は水分多めです。


娘には2切れ程度分けたのですが、最近ご飯ばっかりでオカズをあまり食べない...諦めてご飯とラッキョウだけ与える事に。
えーこんなに美味しいのに...

個人的にはやっぱりかつぜんに軍配は上がりますが、このクラスでこのお値段は魅力的。
30分くらいなら全然並べます。本当はビールの一杯くらい引っ掛けたいところですが、ここは普通にお茶でやり過ごしました。
いや、美味しかったです。

住所: 〒101−0021 東京都千代田区外神田1-8-14
店名: 丸五(マルゴ)
電話番号: 03 3255 6595
営業時間:
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~21:00(L.O.20:00)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR