シャルロパン、ブルゴーニュブラン2009

こんにちは。
こちらはシャルロパンのブルゴーニュブランです。
ブルゴーニュでたまに見かけるアンリジャイエの弟子のうちの一人で、リュットレゾネを実践する割と人気のある生産者です。
今回は彼のブルゴーニュブランを頂きます。リーズナブルなラインですが、ボーヌの村名ワインに匹敵する十分すぎるほど素晴らしい造りでした。

生産者: フィリップ シャルロパン パリゾ
銘柄: ブルゴーニュブラン 2009

ACブルゴーニュ。約3000円
色調は淡いレモンイエロー、粘性は低い。
ピュリニーモンラッシェのスタイルに近い。白い花の香りとミネラルが際立つ造り。それを追う様にパイナップルや洋梨の果実香と、バニラ、バターやヘーゼルナッツの風味、蜂蜜の香り。
ボディに厚みがある。ヨーグルトなど。
酸は柔らかで穏やか。樽香の厚みとバランスが取れている。
ブルゴーニュブランとしてはボーヌの村名格と近い香り。酸味も心地よく、素姓の良さが伺える。


シャルロパンはジュヴレシャンベルタンの村名のみ飲んだことがありますが、そちらもかなり力強い酒質でかなり印象に残る造りでした。
さすがです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【シャルロパン、ブルゴーニュブラン2009】

こんにちは。こちらはシャルロパンのブルゴーニュブランです。ブルゴーニュでたまに見かけるアンリジャイエの弟子のうちの一人で、リュットレゾネを実践する割と人気のある生産者で...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR