アルマンルソー4種テイスティング


こんにちわ。
非常に貴重な機会があり、アルマンルソーのワインをテイスティングする機会に恵まれました。なんたる幸運、なんたる豪華さ。1時間半ほど時間をかけてじっくりと味わわせて頂きました。
銘柄は特級シャルムシャンベルタンに始まり、一級ジュヴレシャンベルタン クロ サン ジャック、特級リュショットシャンベルタン クロ ド リュショット、特級シャンベルタンの4種類。
いづれも群を抜くブルゴーニュ。素晴らしい世界観を十二分に味わってきました。


生産者:アルマン ルソー
銘柄:シャルムシャンベルタン2009

価格は15200円、パーカーポイントは91-93点。
澄んだ透明度のあるルビー、粘性は高く、濃厚。強烈に凝縮した果実味とスパイスが華やかに広がる。4本の中では比較的落ち着いており、香りの構成もやや雑破でぼんやりしているものの、それでも十二分に複雑で緻密な構成。
とにかく万華鏡の様に変わる香りが印象的。
ファーストノートの凝縮感のあるダークチェリーやカシスの香りから、タバコ、バラ、なめし革、ムスクのしなやかで妖艶な香り、そして白檀、ナッツ、スターアニスなどのオリエンタルなスパイス。
焼き栗など甘い香りも感じられる。凄まじいエキス感。
爆発的で強くしなやかな骨格、そして甘やか、複雑。
香りの芳醇さを支えるしなやかな酸味と上品で柔らかいタンニンがある。エキス分が強いからタニックには感じられない。徐々にシャンピニオンの複雑な香り、ブリオッシュの樽香、甘草のニュアンスも。余韻は非常に長い。


生産者:アルマン ルソー
銘柄:ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ クロ サン ジャック2009

価格は25200円。パーカーポイントは91-94点。
澄んだ透明度のあるルビー、粘性は極めて高く、濃厚。ある種溌剌としたエキス感があったシャルムと比べると、エキス感を残しつつより重厚で複雑、宗教的で深遠な造り。香りは変わらず強烈なインパクトを放つ。
全体的な骨格を構成する、鮮明な薔薇、タバコ、ムスクやジビエよ野性的な香り、コリアンダー、スターアニスのオリエンタルなスパイス香。
そしてダークチェリーを想起させる酸味はより際立ち、紫スモモやブルーベリーなどの黒い果皮を感じさせるエキス感がある凝縮した果実香。
イメージとしては野性的な一本筋があって、そこから強靭で凝縮されたジャムの様な香りが漂う構成。
かなり静かで重厚で強靭な造り、酸味よりもむしろタンニンが強めだが、若さもあるだろうし、何よりこの香りとは相性が素晴らしく良い。素晴らしすぎて卒倒しそう。
一時間経っても原型は留めている。エキスが本当に強い。シナモンやスパイシーで甘やかな果実味が溢れる。徐々に大地香も漂う。4本の中では非常にバランス感覚が優れたワインで小ぶりなシャンベルタンといった風体。リュショット程華やかではないし、シャンベルタンほど重厚ではないものの、骨格の強さも余韻の長さも優秀な特級のそれ。ルソーの中では比較的お買い得なワイン。その分人気は非常に高いが。


生産者:アルマン ルソー
銘柄:リュショットシャンベルタン クロ ド リュショット2009(モノポール)

価格は22000円。パーカーポイントは90-93点
澄んだ透明感のあるルビー。粘性は高い。香水の様な香りが立ち込める。華の香りの奔流。重厚で荘厳なシャンベルタンやクロサンジャックとは異なる感覚。少しづつスパイスの香り切り替わってゆく。薔薇やスミレを想起させる華やかな香り、溶液。そして黒胡椒を思わせる香りが徐々に現れる。マスキングされた果実香は果皮の厚いダークチェリー、レッドカラントの瑞々しくもしなやかで妖艶な香り。大地香りも感じられる。なめし革、パストラミハム、クリームチーズのような香りも。あくまでジュヴレシャンベルタンでありつつ華美で優雅な造り。酸味やタンニンはやや際立つもののバランスは良く滑らか、余韻は長い。とにかく強靭というよりしなやかさに主軸をおいた様なワイン。4本の中ではシャルムの華やかさや優雅さを先鋭的にしたイメージ。香りは最も鮮明で強烈な芳香を放つ。


生産者:アルマン ルソー
銘柄:シャンベルタン2009

価格は35700円、パーカーポイント94-96点
澄んだ透明度のあるルビー、粘性は極めて高く、濃厚。クロサンジャックと比較すると方向性は同じなのだが重厚さが段違いに違う。
近づき易い甘い果実香はより削ぎ落とされ、さながらラターシュの様な謎めいた香りが横たわっている。こちらもラターシュ同様、香りの要素を表現しきる事ができない。
ヴィンテージ的にまだ硬く閉じている。
主軸は紫スモモ、果皮の厚いダークチェリーの濃厚なエキス感のある果実味。そして華やかな薔薇やタバコ、鉄釘やムスクの野生的な香り。スターアニスなどのオリエンタルスパイスが際立つ。そして徐々にそのスパイシーな面が際立ってくる。黒く重厚で重々しいが非常に上品。口に含むと強烈なタンニンのアタック。酸味も強い。
今飲むべきものではなかったのかもしれないが、それだけにまだ伸び代を残している事に驚愕する。
ややタンニンが強く現段階ではバランスが悪いが、これから屋台骨を支えるには必要なタンニンだと思う。1時間経ってエンジンがかかってきたみたい。チョコレートの樽香。胡椒、クローブが爆発する。
4本の中では最もスロースターターで、比類なき重厚さと荘厳さがある。
クロサンジャックの全てを内包した強固な酒質。
俗にいうパワフルさという表現はやや適切でない。深い。


総括すると華やかさと香りの芳醇さではリュショットが、そして重厚さではシャンベルタンが群を抜くパフォーマンスだった。シャルムはリュショット寄りで、クロ サン ジャックはシャンベルタン寄りか。
いずれも素晴らしく息を飲むほどの香りだったが、その中にあってこれだけの差異がある。ヴィンテージ、生産者は同じ。畑の本質的な違いと生産者の表現方法が大きくこれらの違いを生み出している要因か。
ジュヴレシャンベルタンにおけるワインの在り方として最も標準的として今後は考えるべきかもしれない。
野生的で重厚で果実味溢れる、小さな村の本領を見た気がした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR