【ロワール: 11】ソーミュール最上の生産者、クロ ルジャール2010水平テイスティング Part.1

こんにちは、HKOです。
本日はロワール最上の生産者のひとりであるクロ ルジャールの水平テイスティングです。
そもそも貴重な上、水平する機会も限りなく低いので、かなり勉強になりました。
そして、かなりキュヴェごとに違いがあるという部分もしっかりと見えてきましたね。

まず第一回はシュナンブランのブレゼと、スタンダードなル クロからいきます。


【データ】
クロ ルジャールは1664年に設立された世界最高峰のカベルネフランを作り出すソーミュールシャンピニーの生産者。現在はシャルリー フコー、ナディ フコーが指揮を取っています。
樹齢は40年~45年。栽培はビオディナミで行われており、収量は春の芽掻きや冬場の摘芽により最大限にまで抑えられています。(なんと30hl/ha。低収量主流のローヌに劣らない低収量!)、そして収穫は手摘みのみ。
最もベーシックなソーミュール シャンピニー「ル クロ」は平均収量は40hl/ha、樹齢30年~40年の複数区画のブドウから生産されます。自然酵母にてステンレス及びセメント槽にて発酵、熟成はポワイユーで使用した2年樽にて約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰め。
単一区画「レ ポワイユー」は南向き斜面の上部に位置し、風通しが良く温暖な気候となっています。平均収量は35hl/haで、樹齢40年~45年。
選果された葡萄は100%除梗、選果台で更に選果を行います。発酵は主にステンレスタンク、もしくはセメント槽で行われ、自然酵母で発酵。30日程度の長いマセラシオンの後、新樽とシャトーラトゥール使用の1年樽で36ヶ月の熟成が行われます。
そして単一区画「ル ブール」はクロ ルジャールのフラッグシップにあたります。
平均収量は20hl/ha。樹齢75年~80年、自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。発酵で使用した樽をそのまま用い約2年5ヶ月熟成。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。
最後はシュナンブラン100%の白ワインである「ブレゼ」。
畑は南向きの斜面に広がり、日照に優れ石灰質が強く通気性の優れた粘土に火打ち石が混ざる土壌。
収穫量は40hl/haで、樹齢40~50年のシュナン ブランを使用。自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。熟成は発酵で使用した樽をそのまま用い約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。


【テイスティングコメント】
生産者: クロ ルジャール
銘柄: ソーミュール ブレゼ 2010

外観はストローイエロー、粘性は低い。
石のようなオイリーなミネラルと共に、よく熟した蜜のような綺麗な果実味や焼き栗の様な風味、そして少し磯の様な印象が感じられる。高密度の洋梨やリンゴのような果実味、ローストナッツ、白い花や蜂蜜のような風味が感じられる。やはりリッチさを感じさせるシュナンブランだが、2008年と比べると酸もしっかりと感じられる。
ギュッと引き締まった酸味と共にレモンやリンゴのような余韻、いつぞやのブレゼと比べるとボティにまでしっかりとエネルギーが行き渡っている。


生産者: クロ ルジャール
銘柄: ソーミュール シャンピニー ル クロ 2010

外観は澄んだ淡いガーネット、粘性は中庸。
カベルネフランらしいピーマンの様なグリニッシュさと共に熟した黒系果実の果実味が感じられる。
ピーマンの様な青い風味と共に、熟したブラックベリーやダークチェリーの様な果実味(過熟と言う訳ではなく冷涼な雰囲気を漂わせた、平準的なボルドーを思わせる適度な熟度)が感じられる。
そしてアスパラガスや甘草、ユーカリ、濡れた土や樹皮、燻製肉の様な風味や、ほのかに炭焼きの風味も感じられる。
綺麗に酸が際立っていて、タンニンはしなやか。
タンニンではなく、酸がしっかりとした骨格を形成しており、冷涼なエレガンスを感じさせる。
液体の密度も詰まっており、ダークチェリーやピーマンの様な余韻をハッキリと感じられる。


【所感】
今までクロ ルジャールはブレゼとポワイユーしか飲んでなかったので、かなり発見がありました。
まずブレゼですが、2008年を少し前に飲んだ感じでは、非常にリッチなのにも関わらず、液体にボディが伴っておらず、少しスカスカした中抜け感があったのですが、2010年に関してはそんな感じではなかったですね。
そもそも熟成してないので、そんなにリッチな香りはまだ出ていないのですが、そうなる片鱗はありつつ、酸がしっかりと引き締まっていて、骨格がしっかりと感じられます。オイリーなミネラル感とローストナッツ、生き生きとした洋梨やリンゴのような果実味があります。
改めて思うのがシュナンブランはオールマイティな品種だなぁと。変に個性的な香りがある訳ではなく、ある意味シャルドネなんかに近くて、土壌や醸造をそのまま映し出す様な感じというか。
だから、ブレゼもとてもシャルドネにタイプは近いなと感じました。これといった特徴がない、っていうのが近い。
面白いですね。
ちなみに個人的にはこれだけ酸が漲っているのであれば、あと2年で中抜けする様な事はなさそうだとは思います。
単なる予測ですが...。

次にスタンダードなカベルネフラン、ソーミュール シャンピニー。
かなり良く出来ていて、高級感の溢れるカベルネフランの香りが楽しめます。ただポワイユーと比べると明らかに、収量的な問題なのかもしれませんが、青さを感じます。
しっかりと熟した果実味があり、決して青さだけではないものの、やはりポワイユーやブールと比べると全体に占める青さの割合は比較的多い様に感じました。樽香もあり、複雑さもあります。
サンテミリオンの様なカベルネフランの比率が多いワインと比べると、かなり近しい部分はあるのですが、はっきりと違う部分があります。「酸」です。
サンテミリオンのワインは酸も十分にありますが、やはり感覚的にはタンニンの方が優勢なワインが多い様に感じられます。外観もより濃く、タンニンと酸で骨格を形成している印象があります。
ただ、ソーミュール シャンピニーは明らかに酸が優勢。
タンニンは然程気にならない程度です。ロワールらしい冷涼なエレガンスがあり、カベルネフラン的な構成要素をピノノワールの様なボディに適する様に再構成した様な感じでしょうか。
ズッシリとしたグリセリン感も、厚いタンニンも、過熟した果実味もないので、かなり繊細な作りですが、過不足がないんですよね。いいワインです。
改めてロワールのカベルネフランの作り方の模範的な一つのモデルケースを認識した様な気がします。

次回はポワイユー、そして貴重なフラッグシップであるブールをレポートします。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR