【シャンパーニュ:58】マキシム ブランとリノーブルのスタンダードシャンパーニュ

こんにちは、HKOです。
本日は小規模NM、RMのシャンパーニュです。
価格帯は5000円と安価なクラスのものになります。
※ワインとしては決して安価とは言い難いですが...

【データ】
A.R ルノーブルは1920年にアルザス出身のワイン商 アルマン ラファエル グレイザー氏がシャンパーニュに居を移し設立した小規模メゾン。現在はアントワーヌ氏とアンヌ氏の4代目がメゾンの指揮を取っています。数多くのグランクリュを所有しています。
基本的には収穫は手摘み、瓶熟中、王冠を使わず、コルクを使用し、飲み頃に達するまでリリースしない。
今回のキュヴェ アンタンスは、ルノーブルのスタンダードライン。 特級シュイィのシャルドネ40%、一級ピソイユのピノ・ノワール30%、買いブドウのピノ ムニエ30%で構成されており、すべての葡萄は手摘み、すみやかにプレスし、スティルワインをしっかり造り込む。毎年10~15%の割合でリザーブワインをブレンド。瓶内二次発酵は40ヶ月(規定は15ヶ月)。それからデゴルジュマン。ドサージュは5g/L。2009年産葡萄をメインに使用。

マキシム ブランはトリニーに拠点を置く 家族経営のメゾン。現当主は4代目のマキシム ブラン。作付面積はランスから10kmほどのティエリー山塊の中心、トリニーに12ha保有している。
土壌への取り組みから出荷までを一貫して行い、剪定からブドウの摘み取り、圧搾から第1発酵、澱抜きとラベル張りまでの工程を、全て自社で行っています。
今回のブリュット カルト ブランシュは、上質なトリニーで取れたピノ ムニエをベースとして造られるシャンパーニュです。その年のキュヴェと40%ものリザーブワインで構成。


【テイスティングコメント】
生産者: マキシム ブラン
銘柄: ブリュット カルト ブランシュ NV
品種: ピノムニエ90%、ピノノワール10%

約5000円
外観は淡いイエローで、粘性は中庸、泡は溌剌と立ち上っている。
ミネラル感とフレッシュな果実味が際立つシャンパーニュ。石灰のようなミネラル感があり、そこからフレッシュな花梨やシトラスの様な果実味、アーモンドの香りが感じられる。フレッシュハーブ、エシレバターの様な風味が感じられる。上白糖の様な香りが漂う。
泡は溌剌としており、旨味がよく出ており、ハチミツや石灰、フレッシュハーブの様な余韻が感じられる。
ピュアだが黒ブドウの旨味がしっかりと現れている。


生産者: A.R リノーブル
銘柄: ブリュット アンテンス NV
品種: シャルドネ40%(シュイィ)、ピノノワール30%(ブージィー)、ピノムニエ30%

約5000円、WA88pt
外観は淡いイエローで粘性は中庸、泡は穏やかに立ち上っている。
やや樽の要素はあるものの、基本的にはクリーンな造りのシャンパーニュ。マロラクティック発酵的な要素は控えめで乾いた木材やナッツ、そしてシトラスやライムを思わせる柑橘系の果実味、そしてイースト的な要素、蜜蝋や白い花の香りも感じられる。柑橘系の香りとナッツの香りが主体的ではあるものの、蜜の香りが豊かで、決してシャープすぎない。
酸はややシャープ気味だがボディがふくよかで、さほど舌に残る様な引き締まった感じは無い。柑橘やナッツの余韻が残る。


【所感】
まず共通して手堅く出来ているシャンパーニュだと思います。フレッシュですし、シャンパーニュらしさもしっかりとあります。(勿論この価格帯なので突出したものは一切ありません、ただ極端な欠点も無いです。)
まず、マキシムブランから。
結構しっかりとミネラル感が感じられる作りをしています。と、共に黒葡萄的な旨味と酸の太さがあり、ムニエらしいふくよかな果実味、酵母のニュアンスが感じられます。リザーブワインの比率を考えると、かなり若々しくフレッシュに感じられますが、多分そう作っているんでしょうね。黒葡萄の特徴がしっかりと感じられるシャンパーニュです。

次にA.Rリノーブル。
こちらも手堅い作りのフレッシュなシャンパーニュです。
全体的にシャルドネの特徴を強く感じさせる繊細さとシャープさがあり、マロラクティック発酵的なまろやかさはあまり感じませんでした。果実味も柑橘系の冷涼さを感じさせるもので、蜜の様な甘みをほのかに感じさせる香りがあります。ではクリーンかというと、その中に酵母や樽っぽいニュアンスがあって、ちよっと複雑さもあると思います。本当に樽を使っているのかは定かではありませんが、木材のニュアンスは感じました。酵母かな?どっちだろう。

そんな感じでございます。
お気に入りのジャックラセーニュやシャルトーニュ タイエがあればそっち選びますが、なければ十分に選択肢には入る2本ではあると思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR