Ar's Italian Cuisine(エアーズ イタリアン キュイジーヌ: 汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


HKOです。
会社の近くに新しくイタリアンレストランができていたのを思い出して休日に寄ってみました。


汐留シティセンター41Fにあります。
Akira Watanabeという方がプロデュースしたレストランとの事で、野菜に力を入れてるみたいです。
料理長は小林智仁氏。




流石に眺めはいいですが、ここら辺に勤めてると特段驚きの無い景色になってきますね...

軽い2000円台のコースとグラスの白を注文。
グラスの白はシチリアのシャルドネです。


生産者: フェウーディ デル ピジョット
銘柄: カロリーナ マレンゴ シャルドネ 2011

ふくよかでボリューム感のあるシャルドネ。
ミネラル感がありながら、はっきりした樽香と完全なMLF を行っており、かなりニューワールドに近い作りをしている。石の様なミネラル感、クリームバターや洋梨や黄桃のコンポート、カシューナッツ、焼き芋の様なニュアンス。
酸は柔らかく、タッチは滑らかだが、違和感を感じない厚みがある。とろみがあり、口の中で洋梨やミネラル、クリームの様な風味が感じられる。


うーん、かなりクオリティの高いシャルドネですね。
ニューワールド的なリッチな感じです。


◾︎プティサラダ


サラダは別添えの岩塩とオリーブオイル、ビネガーでいただく感じ。瑞々しくフレッシュなサラダです。
ドレッシングがないから野菜の味をしっかりと感じられる。野菜に苦味がないのがいいですね。


◾︎パン

人参のフォカッチャとほうれん草のパン。
どちらも人参やほうれん草の味がしっかりと感じられる。こちらもオリーブオイルで。


◾︎お野菜のアンティパストプレート(★)


徳島の薩摩芋、種子島の安納芋、シェリービネガーでマリネした椎茸、他蕪、栗のコンポート、ロマネスコ、根セロリ、とろろ芋、インゲン、人参、牛蒡など沢山の種類の野菜を異なる調理法で。ソースはプレーンなバジルオイル、酸味のあるビーツのソース、あと蕪の下にはクリーミーなソースが隠れています。
基本的には素材を活かした調理法で、フレッシュなものから火を通したものまで様々。
こちらも野菜の味をしっかり感じられる。見た目も華やかでいい。


◾︎真鯛のポワレ 芦田さんの春菊、ほうれん草 バルサミコソース(★★)


たっぷりの春菊とほうれん草、かぼちゃのチップスにパルメザンチーズ、バルサミコソースを添えたサラダの上に真鯛のポワレ。別添えで岩塩、バルサミコソース、黒胡椒。
春菊の独特の風味が、パルメザン、バルサミコソースとなんとも言えない調和を見せる。
真鯛のポワレはふっくらと火入れされていて、皮はパリパリ。ジュワッとだし汁が溢れるタイプではないが良く旨味が乗っている。基本的には最低限真鯛に塩は振ってあるが、こちらもバルサミコの甘い風味とスパイシーな胡椒、岩塩とよく合う。


◾︎食後のコーヒーとお茶


お団子みたいなのはドーナッツ、クレープっぽい生地にベリーのゼリー。
コーヒーは時間が無く残したが、結構美味しかったと思う。


以上、2000円台のコースとしてはなかなかリッチな皿だったと思います。
ただ野菜ばかりなので、お腹はすぐ空いちゃいますね。それが売りなので、元も子もないんですけど。
お腹いっぱい食べたいのであれば、オレゴンバーの方がいいかもしんないです。
美味しいんですけどね。

住所: 〒105-7108 東京都港区東新橋1丁目5−2汐留 シティ センター 41 階
店名: Ar's Italian Cuisine(エアーズ イタリアン キュイジーヌ)
電話番号: 03 5537 6431
営業時間:
月~金
11:30~15:30(L.O.14:30)、
17:30~23:30(L.O.22:30)
土日祝
11:30~15:30(L.O.14:30)、
17:00~23:30(L.O.22:30)
定休日/不定休
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR